それでも今を生きてゆく【人生エッセイ】

10
ノート

田口ランディさんの言葉。

田口ランディさんのエッセイが、大好きでよく読んでいた。これは私が救われた、彼女の言葉のひ...

哀しくも幸せな言葉。

今までの人生の中で、一番哀しいことは何だったのだろうか?なぜか、ふと、そんなことを考えて...

生きること、死ぬこと。

今日も気持ちは、嫌になるほどマイナス思考。別にマイナス思考が、すべて悪いとは思わないけれ...

純粋なものと生きる証。

純粋なものに目を凝らしても、純粋なものは何も見えないから、誰にも何も気付かれずに、ただ、...

哀しみの海にもぐるたびに。

心が血を流せばいいのに。 そうすればこんな気持ちも、誰かがわかってくれるのに。 いつかの...

眠れぬ夜と雨の日には。

やさしい雨の日は、悲しいというわけでもないのに、心がしゅんと肩を落したようで、いつまでも...

近すぎて見えないもの。

信号待ちでぼんやりと、道ゆく人達を眺めてみる。春が近づいてきたせいか、みんなほんの少しだ...

妖精がいればいいのに。

心の中に、妖精がいればいいのに。 あのピーターパンに出てくるような、 元気でかわいい妖精が...

あきらめること。許すこと。

なんとなく、誰かのいやーな言葉に、なんとなく、私はいやーな気持ちになって、そして、そのい...

「根暗」という闇と光と。

人生と言うものは、哀しみで出来ていると私は思う。それでも人は、いつもそれが悪いことのよう...