『羅生門』 教材研究

はじめに

これは私がほぼ寝ずに夏休みの2ヶ月間かけて作り上げた資料です。せっかくなので、教育実習に行かれる方や『羅生門』を深く読みたい方に活用いただければと思い、noteに作り直しました。
大学で提出した際には、文句なしに100点頂き「一生の宝」と評されています。このnote一つで十分に『羅生門』の教材研究が可能だと思います。word換算で120枚以上に相当する内容です。


内容(wordテキスト120枚相当)

【メイン】
◾️芥川と太宰
◽️観光地としての羅生門
◾️羅生門概要
◽️平安末期の概略
◾️平安末期〜鎌倉の仏教
◽️平安末期と経済状況
◾️平安末期と人々の不安
◽️平安末期における死体の意味
◾️明治維新とグローバル化の相違点

【付録】
◽️羅生門の本文(青空文庫より引用)
◾️授業展開例
◽️羅生門質問例100


この続きをみるには

この続き:28,056文字/画像4枚

『羅生門』 教材研究

erika_yvr

500円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

4

erika_yvr

【経歴】 ・小学生→RMT 、ブログ活動 ・中学生→転売、セドリ ・高校生→ハンドメイド販売、LINEクリエイター、長編小説 ・大学生→クラウドソーシング(リライト中心)、暗号通貨、懸賞論文(最大賞金92万円受賞)
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。