教育実習

2回目の教育実習の話

教育実習に2回行っている。
1回目が中学校で、2回目が小学校だ。

1回目は付属中なので、かなりハードなスケジュールだった。
2回目は協力校、いわゆる普通の公立中学校なのでそれに比べると拍子抜けするほど楽だった。

授業計画を何度も書き直しさせられることもないし、放課後に針のむしろのような反省会をすることもなかった。

小学校に実習に行ったとき、わたしは4年生を担当した。
みんなとても懐いてくれて

もっとみる
ありがとうございます!
4

教育実習と「働く」に似た何か

「働くとは何だろう。」

 小学校に教育実習に来ている今、そんなことを考えた。

 実習生として毎朝8時頃に出勤し、子どもたちと一日を過ごす。休み時間は鬼ごっこやドッチボールで遊び、授業では指導教諭のサポートをする。子どもたちが帰った後は、教室の掃除や宿題の丸付けなど事務的な作業をして帰路につく。

 家に帰るときには身体中を程よい疲れが、そして「今日も一日生きたなぁ」という安堵が胸を埋め尽くす。

もっとみる
大変励みになります!ありがとうございました!
5

教育実習が終わりました。実習生のアンケートより。

8月30日からスタートした教育実習が終わりました。今年は10名。

早い学生で2週間、長い学生で1ヶ月。

以前にもブログ記事で書きましたが、今回来た学生たちが高校生だった時とは、学校の環境が大きく変わりました。

・古い校舎(教育実習生の高校生時代)→ 仮設校舎 → 完全リフォーム
・ICT機器は大型テレビ三台(教育実習生の高校生時代)
 → 全教室プロジェクター➕Apple TV・ iPad

もっとみる
Thank you
14

教育実習がブラックだった話

最近、教育現場がいろいろブラックだって話がありますね。部活動なんかは先生側も生徒側もしんどい思いをしたり。

今回は表題の通り「教育実習」をテーマにした話です。

教育実習というと、教育実習生とのなんらかの思い出がある方は多いのではないでしょうか。でも、実習生がどんな指導を職員室の先生から受けてきたかってよくわからない人が多いですよね。

部活や授業と違って、一部の学生しか体験しないこともあってそ

もっとみる

教育実習ルポ

5月末から6月にかけて、教育実習に行って来ました。
一言でまとめると、厳しさと楽しさと、感謝です。

まず教育実習に関わったくださった方々に感謝します。
担当させていただいたのは高校の理科、物理でした。
出身校で2週間、実習をさせていただきました。

先生方の職務は非常に責任が重く、心配りと体力を必要とするものでした。(先生方は負担が重くならないよう、心配してくださっていました。)高校生活は誰にも

もっとみる
ありがとうございます。よい一日を!
1

『波瀾万丈・スムーズ教育実習』

みずきさん、『教育実習』の記事で自分はスムーズにと書いたが、スムーズにも色々ある。

みずき、波瀾万丈・スムーズ教育実習

であった。

マイナー教科のため、授業数が少ない。

通常、高校3年生を教育実習生はつなかない。
なぜなら、受験などあるためわざわざピヨピヨな実習生に担当させたくない。

だが、みずきさんの母校は進学校ではない。
そして、高校3年生をメインに担当しないと実習数が少なすぎる。

もっとみる
ありがとうございます(о´∀`о)ニコニコ
2

『教育実習』

『教育実習セクシャルハラスメント』の記事を目にした。

これは男女、どちらでもあり得る実習生が受ける被害だ。

実はみずきさん、教員免許を持っている。
高校だが、なかなかのマイナー教科でよく

「なんでそれ?」と。

理由は教員免許を持っていた方が本職に就けるチャンスが広がったりするためだ。

最後のふたりとかにしぼられた際、少しでも多くの資格を持っている方が選ばれる可能性もあるだろうと。

で、

もっとみる
Muchas gracias!
3

タロットリーディング解説編:教育実習が過酷だから

こちらの記事のタロットリーディング、どのようにカードを読んで占い結果を書いたのかを解説してみます。

ゾンビタロットを使って占っています(ユーモアがあるのと、メチャクチャ読みやすいので)。タロットの読み解きに興味のある方はどうぞ。

カードの全体像

全体のカードはこういう感じです。下の3枚を引き、上の一枚はそのまとめカードです。

3枚のカードを見ると、ワンドが1枚、カップが2枚です。そしてカッ

もっとみる
なくしたものが見つかりますように〜!
7

教育実習が過酷だから、「弱音を吐ける相手」と「未来への希望」を探そう

匿名希望さんから占いご相談をいただきました。ご承諾の元、占い結果を記事にさせていただいております。

親からの勧めで、教員免許をとるため教育実習に行っています。
実際行ってみると現場は過酷で、改めて無理だと思いました。でもやめる勇気もなく、とても辛いです。
私は今何してんだろうと情けなくなります。
道を見誤ってしまったのでしょうか。
悪いことか、良いことなのか、それもわかりません

ゾンビタロット

もっとみる
あなたの人生が素晴らしいものになりますように〜!
4

NZの保育士が本当に使う英語【子どもが間違えやすい英語】

ニュージーランドで保育士をしている直樹です。今日も英語で保育を目指す方に現場で使う英語表現のレッスンをして生きましょう!今日は、子どもたちが間違えやすい文法や英語表現をまとめて紹介します。

ネイティブイングリッシュスピーカーであろうと、子どもたちはこの世に生まれてまだ数年ですので、英語を勉強している最中です。文法を間違えることもありますし知らない単語もたくさんあるので、

僕たち外国人でも、保育

もっとみる
ありがとうございます^^
2