yasudanoboru

能楽師(ワキ方下掛宝生流)。『イナンナの冥界下り』

天籟(てんらい)能の会 ワークショップ 川崎晶平さん(刀鍛冶)(1)

▼小鍛冶とは刀鍛冶のこと

安田:今回の天籟能の会では能『小鍛冶(こかじ)』を上演します。この能は、刀剣に関する能なので、刀鍛冶の川崎晶平さんをゲストとしてお招きしました(2018年6月14日@東江寺:広尾)。

川崎:刀鍛冶の川崎晶平でございます。よろしくお願いいたします。安田さんとこうやって対談させていただく機会を設けていただくのはこれで何回目かになるんですけれども、いつも打ち合わせがほとんど

もっとみる

「古事記から探る日本人の古層」第1回(2)対句で書かれる序文

今回は、『古事記』の序文は対句で書かれているというお話をします。「それがどうした」といいたくなるような話ですが(笑)、…ということは、これは中国の古典の文体を模した書き方だということです。修辞的な書き方です。まずはその美しさをご覧ください。

さて、ではいよいよこれから『古事記』を読んでいこうと思っていますが、その前に2つほど前提となるお話をしておきます。

●日本に神話はない
ひとつは、日本には

もっとみる

「神話する身体」~第1回(1)『古事記』を読み始めたきっかけ 画:中川学さん

「古事記から探る日本人の古層」という連続講座を隣町珈琲(品川区、荏原中延)で行っています。このnoteでは、そこでお話したことなどをまとめていこうと思っています。

時間の都合で講座ではお話できなかったことも加筆してありますし、話がずれすぎた部分はカットしたりもしていますので、講座とまったく同じではありません。

講座のテープ起こしを元にしていますので、講座っぽいのはどうぞご寛恕を。

ちなみに講

もっとみる

「憑依と肚と女神イナンナ」 概略版

来週の水曜日(6/20,2018)に田畑浩良さん(ロルファー)と「晴れたら空に豆まいて(代官山)」で対談イベントをします。

http://mameromantic.com/?p=58021

そのテーマが「憑依と肚(はら)について,空間に於ける位置関係のパフォーマンスに与える影響」です。

これを聞いた人から「え、なに、なに?意味わかんない」というご意見をいただいたのでブログを書きました(こちら

もっとみる

憑依と肚(はら)と女神イナンナ

6月20日(水:2018)ロルファー(ロルフィングの施術者)の田畑浩良さんと対談イベントをします。代官山の「晴れたら空に豆まいて」で。

詳しくはこちらをご覧ください。

「え、ロルファーって何?ロルフィングって何?」という方。申し訳ございませんが、今回はその話をしている余裕がないので、田畑さんのサイトをご覧くださ~い!

日本ロルフィング協会によれば、いま公認不ロルファーは129名いるということ

もっとみる

『イナンナの冥界下り』人形劇バージョンの紹介映像

『イナンナの冥界下り』人形劇バージョンの紹介映像を作りました。

『イナンナの冥界下り』は、シュメール(古代メソポタミア)の神話です。高井啓介先生から安田がシュメール語を学んだことがきかっけで、楔形文字で書かれた古代の神話を、シュメール語で上演しようと思い立ちました。

能をはじめとする日本の古典芸能を中心に出演者を集めたり、台本を作ったりしながら企画をしたのですが、アーツカウンシル東京から3年間

もっとみる