FY+W, Design Studio

藤本・横山デザインスタジオ(関東学院大/人間共生学部/共生デザイン学科)+渡辺のノートです.

フェルメールと20世紀のフェルメール、またはモダンな感性

ここ何回か画家が出てきたので。

少し前のことになるけれど、急に実家に帰ることになって、ひとりで遅い夕食、駅で買ってきたお弁当を食べようとお湯を沸かしている時に、テレビをつけていたらフェルメール展の紹介をやっていた。で、途中で時々テレビを見に出かけた(と言って、大豪邸、というわけではもちろんありません。キッチンとダイニングのある場所からテレビが見えないというだけのこと)。

それで、ある画家のこと

もっとみる

ジョブスのようには、なかなかいかない

つい先日は思い切って(前回も書いたように、本当に意を決してという感じ。やれ天気が悪そう、やれ何やらと考え始めるとどうでもよくなってしまうのだ。困ったもの、反省しなくては)、上野の『クリムト』展に出かけてきた。

で、その前にランチから。今回は、銀座で(といっても中心からは、外れたところにある)お蕎麦を。

ビルの小さな階段を上ってお目当ての店に入ると、案内されたのは奥の白木のカウンター席。いちばん

もっとみる

「モリスの精神」、というほどでのこともないけれど

先日、なんのはずみだったか、普段使いのワイングラスを割ってしまった。で、どうしようと思った。

白ワインなら、手元にあるピルスナータイプのビアグラスがちょっとテイスティング用のワイングラスに似ているから、これですませるか。赤ワインなら、ちょっと大袈裟だけれどあんまり使わないでいた大ぶりのボルドー用のグラスにしようか。あるいはいっそ、誰かが書いていたようにデュラレックスのグラスでもいいか。

ま、飲

もっとみる

久しぶりに美術館をはしご、のはずが

朝早く起きた時に雨はもう、上がっていた。まだ雲が多いけれど、やがて晴れるだろう。

梅雨の晴れ間は貴重だ(といっても、これまでのところは案外、雨は少ないようだけれど)。で、決心した。今日こそ出かけよう、と。最近は、出かけるのがいっそう億劫になってきたのだ(ますます、怠け者になったみたいで、まずい)。

そうして出かけたのはよかったのだけれど、しばらくして地図は持ってきたかと心配になってバッグの中を

もっとみる

すっきり、のはずが

梅雨の晴れ間に、アパートの庭を眺めていて驚いた。

先日、手すりを超えそうになる程に育った庭の雑草がようやく刈り取られて、さっぱり、すっきりした。これで、気持ちよく暮らせる……。

はずだったのですが、しばらくするともう、あちらこちらに20〜30cmほどの葉っぱが見えるのだよ(まいったな)。雑草魂という言葉を聞いたことがあるけれど、やれやれと思うのと同時に、その生命力のたくましさに感じ入った次第。

もっとみる

ブラウニーからワイン

設計演習の中休みの時に、ある学生が「今度もお菓子を作るんです」と言う。
先週、廊下を歩いている時にいい匂いがしたので、なにかと思って覗いたら、ブラウニーを作っていたのでした。イベントのための予行演習ということらしい。ぼくらの学生の時ならば、チーズケーキというところだろうか(学校があった福岡には、近くに美味しいチーズケーキの店があった、ような気がする)。

演習の後でヨコヤマセンセイに、「ブラウニー

もっとみる