天川

ギリシャラブのボーカルをしています。 https://twitter.com/yuga_amakawa https://youtu.be/CISE-fD67lg

ぼくらって賢いね、気高いね、美しいね。

ああ、アイシャドウ落とさないとな、とおもいながら便座に座って、トイレットペーパーで目を拭いてしまったり、さんざ探して、なかった鍵が玄関扉の鍵穴にさしっぱなしだったりして、精神的にか肉体的にか、あるいはその両方かそれともまた別の得体の知れない領域であるか、いずれかわからないけれどともかく自分がまいっていることが感じられ、そのせいでいろいろ人に迷惑をかけてしまったり、逆に人からちょっとした迷惑を被った

もっとみる

「サッカー」の話

バレンタインデーが終わって二月を折り返した。二月はとってもいそがしい。二月はいつもいそがしい。自分たちのライブにはじまって、撮影をしたり、リハをしたり、ライブを観にいったり、新居の内見にいったりして、今は引っ越しの荷造りをしている。

 どれもとても楽しくて、今となってはあっという間に過ぎていったような気がする。今、少し疲れている。息が吸いにくいし、吐き気もする。

 誰にも褒められないで、何かを

もっとみる

『悪夢へようこそ!』とリリースツアーについて。

こんばんは!
 ご存じの方が多いとおもいますけれど、ついについに、アルバムのリリースが発表されました。

 今回もドレスコーズ志磨社長のイエスレコードから。
 前作のミニアルバム『(冬の)路上』は、メンバーが替わったり、そもそもリリースすること自体も危ぶまれるような厳しい状況の中で、(あえて)その時に録音してCDを出すことに意味を見出した作品でした。
 結果的に、出して良かった。二〇一八年、闇の中

もっとみる

1.19「ギリシャより愛をこめて Vol.4」について(セットリスト(仮)を公開します)

インフルエンザに罹って、五日も寝て過ごしたら、罹る前よりずっと元気になった。ずっと働きづめだったから、筋肉がやわらいだ気がする。冬の寒さに冷えた骨もあたたまって、すこししなやかに動くようになったし、不要な気負いがなくなって、心が軽くなり、身体の中の不燃物が全て吐く息とともに出ていって、自分はといえば、バナナの皮のように布団の上に横たわることができ、それを部屋の天井の穴から見ることができている、とい

もっとみる

景色をたべる

昨日の日記(?)です。

 綿雲がまるで建物のようにうずたかく山の稜線の上に積まれて、カーテンの奥に付けるレースのように太陽の光を遮っているから、晴れているような、曇っているような、妙な空でした。でも時折小雨が降っていたからきっと天気予報では曇り時々雨、といっていたはずです。目玉のように濁った白色の、とにかく、妙な空でした。

 ぼくは仕事の前のわずかな時間、散歩をしに外へ出ました。現代人の生活と

もっとみる

ボースの先

六月に二本の企画ライブをする。

 ギリシャラブはいままでの三年半の活動のあいだにメンバーが三人抜けて、六人入ってきている。サポートメンバーの出入りも含めるともっと。はじめっからいるのは、ぼくと取坂だけになってしまった。いまのメンバーになって、まだ半年と過ぎていない。

 ところで、ドラムのトレーニングで、「ボース」というものがある。"both A and B" のボース。
 これは右手、左手、右

もっとみる