愛の在処 あなたの在処

「私が幸せになっていいのかなぁ」

電話越しに不安気な声。泣き出してしまいそうな、でもまだ我慢出来ると強がるような。まるで祈るような、赦しを乞うような声。その言葉に私は無言で返す。私の言葉を欲している訳ではないから。きっと解っているのだ。赦しなど必要ないことくらい。

わたしも、同じことを考える。 

愛を受けたとき、真っ直ぐな愛の言葉を貰えた時。 ああ、いや、別に、暗い話や悲しい話をしたい訳じゃ

もっとみる

自分って何?

自分とは何か?
とりあえず人というのは確かだろう。

では、なぜ自分は産まれたのか?
親がたまたまの一瞬の快楽を求めたが故に産まれた

数ある中から産まれた1人

しかし、その1人が違ったら
今の私はいない。

逆に私じゃない私の人生はどんなものだろうか?

もしかしたら、真逆の性格かもしれないし
こんな理屈ぽいことも書いてないかも
素敵な彼氏と過ごしてるかもしれない

きっと、みんなそうなのだろ

もっとみる

つぶやきポエム12

2019/08/18 17:49

ただ生きてるだけで 憎まれて
ただ生きてるだけで 妬まれて
ただ生きてるだけで 比較されて

ワタシも同じように
誰かのことを思ってる

誰も特別なんかじゃない
みんな同じ 似た生き物だから
哀しいくらいに 同じだから

でも 違うから
こうして生きてるのよ

*ホノカ シズク*

#詩
#つぶやき
#言葉
#ポエム
#ひとりごと
#自由詩
#ことば
#比較
#

もっとみる

ふんわりふわふわ。

いつも少し力が入っている。

人と挨拶するとき、人と話すとき、人と笑うとき、どんなときでも少しだけ緊張して心の中で右手の拳をキュッと握っている。

私はそんなふうに生きてきたからそれが普通だと思っていた。ときどきなんだか苦しいな、どこかで無理してるみたいだなって感じたけど、それも普通だと思っていた。きっとみんなそうやって力をキュって入れてるんだと思ってたから。

でも、あなたに出会って私は知ったん

もっとみる

哲学ファンタジー あなたと私のコンメディア 謎その38

謎その38 これを読んでいるあなたは誰?

おひさしぶりです。私です。〈誰でもない私〉です。

そうですね。実はおひさしぶりではありません。なぜなら、あなたは私の声で、ここまで読んできたのですから。

私がいなければ、あなたはここまで読んでくることができませんでした。けれども、私もまた、あなたがいなければ、ここまで語ってくることはできませんでした。読むあなたがいなければ、私は沈黙したままです。私の

もっとみる

海の底

似合わないなって思うと寂しくなるよ。きっと私はあなたにはふさわしくない。

ほかのあの子とかがあなたには合うんじゃないかなって思っちゃうと、申し訳なくなるんだよ。

あの子と笑顔で話すあなたのことを思い浮かべる。楽しそうな2人。お似合いの2人。

別れたほうがいいのかな?

私、あなたの幸せを邪魔してるのかな?

そんなことを今まで何度思ったのか分からない。

私があなたを求めることで、あなたが

もっとみる

自信とは自然と身につくものではない。行動して初めてえるもの。行動して自信を得て、更に行動する。

「自信がない」
「才能がない」
そんな思いから『行動しない』ようにしていませんか?

仕事の場。
恋愛の時。
・自信がないから、言っても無駄。
・どうせうまくいかないから、何もしない。
・才能がないから、自分には向いていない。
そう思い行動に繋げられなっかた経験がありませんか?

あなたは『自信』というものをどう思っていますか?
決まった人だけ。
才能ある人だけ。
優秀な人だけ。
「そんな人が持つ

もっとみる

好きと嫌いが自分を決める

嫌って 思ったところが ワタシ
好きって 思ったものが 私

心に感じた否定的な気持ち
その違いが あなたとわたしだよ

受け入れたい 受け止めたい
あなたを 自分を 喜びと痛みを

傷付け合うためじゃなく
愛し合うために 愛を知りたいの

*洸 雫*

つぶやきポエム11

2019/08/14 18:45

「カラダ」
心は目に見えないから
見えないから自由なの
ナニをしたっていいの

体は見えちゃうから
見えるから不自由なの
ユルサレナイコトもあるの

見つめるのは自由だよね
気持ちは見えないけど
顔はそっちに向いちゃう

嗚呼 やっぱり 体が邪魔する
やっぱり 心が発射する 嗚呼

#詩
#つぶやき
#言葉
#ポエム
#ひとりごと
#心
#自由詩
#自由
#こと

もっとみる

「生きる」

親愛なる谷川俊太郎氏のことばを、ちからを拝借して

この詩が、お隣さんのことを見聞きするたびに頭の中で響いてくる。

過去、現在、未来のつながりを感じて、責任を果たそうとしている香港の人々。

危険を顧みず立ち向かう同世代の若者たちは格好良い

世界報道写真展2020で評価されるべき決定的瞬間が流れ続ける香港をネットニュースで見ているのは、
新卒で入った年功序列甚だしい会社でのお昼休みの私です

もっとみる