いちょうの木

暖房オン

今朝の札幌 最低気温は6度だそうです。
千歳空港や旭川は0度、
道東ではマイナスのところも。

家の中にいても寒さを感じて
冬の機器、
とうとう灯油ストーブの出番となりました。

オンにした直後、
ウイーンと低いノイズが室内に響き、
そしてノイズが静かになる頃には、
暖房の匂い=冬の匂い、が部屋をうめつくしていく。

この空気、
ああ、とうとう来たな
と感じながらストーブに引っ付いて
両手で温かな

もっとみる

子宝に恵まれました!

一番暑い夏は、通り過ぎたようですね。

我が家の前のイチョウの木も、あの暑さにじっと耐えて、しっかりと乗り越えたようです。その姿をよく見てみると、去年よりもっと大きな銀杏の実を、たくさん生らせていました。

特に真ん中の太い幹を中心に、銀杏の実を付けているところを見ると、このイチョウの木がまるで、妊娠8か月ぐらいの妊婦さんのように見えてきたのです。

まぁ~!!これは重そうねぇ・・・

今年はこん

もっとみる

夏を謳歌する。

「今日も暑いですね」

管理人のおじさんが 玄関を掃いている姿に 

「ありがとう」の意味を込めて この時期のあいさつをした

こんな時 うちの家の前のいちょうの木は 大丈夫だろうか

エアコンの効いた部屋の 窓のフレームに 手を掛ける

陽の光を受けて 窓のフレームは 生暖かい

その窓を開けると 呼吸さえも困難になるような 

もやっとした空気が 体にまとわりつく

「あぁ 暑いですね いかが

もっとみる

撮影こぼれ話。(リバーダイビング 後編)

TERAMAKIです。

このノートは「撮影こぼれ話。(リバーダイビング前編)」の続きです。

●呼吸を止めるな
●ようこそ川底へ
●オオサンショウウオ スルー

呼吸を止めるな

私は無我夢中で泳ぎ、以外と簡単に川の反対側にたどり着いた。
購入したのはオリンパスの水中カメラTG-5。その時はまだ発売されたばかりで、かなりの人気機種。無理を言ってカメラ屋さんになんとか間に合うようにしてもらった。ギ

もっとみる

撮影こぼれ話。(リバーダイビング 前編)

TERAMAKIです。

映像を制作しているといろんな体験が出来ます。これも記憶の整理的にシリーズ化していこうと思います。

●樹齢500年以上
●水の中を撮影したい
●いざ水深5メートルへ

樹齢500年以上

2017年、私はグループ展に出展する作品を制作していた。舞台はお寺。
そのお寺は樹齢が500年以上とも言われるいちょうの木がシンボルとなっている。

太平洋戦争の戦火や、濃尾地震にも耐え

もっとみる

赤い髪飾り

沖縄の慰霊の日でしたね。

今日は一日中、沖縄の人々や、沖縄の美しい自然と・・・

大好きな義父さんのことを、考えてました。

なので、今日は、・・・

空や雲や、遠くの山や、家の前のいちょうの木も・・・

何かを語っているようでした。

空を見る

白い雲がもくもくと 青い空に泳ぐ

いちょうの木には マスカットのような若い実が たくさんぶら下がってる

一番太い幹の周りにぶら下がる 若いマスカ

もっとみる