うわさ話

人間の奥深さ

実は多人数が苦手な事をここに
分かるんだよなぁ
相手が求めてる事が。

場の空気を周りが求めてる
空気に持って行くのも得意

演じれちゃうんだよなぁ。

演じることは苦ではない。

ーーーーーーーーーーーーーーーー

苦ではないんだけど、、

その演じてる部分のみで
個を「確定」させる
人間が多いこと。。

裏を返せば
これは演じてる私が
人を騙してる事に
なるよなぁ。。と

その部分のみで

もっとみる

マニア・プロ・異才――9月22日「映画と事件と村と虫」ロフトプラスワン

前回のnoteに、たくさんのご感想をお寄せいただきありがとうございました。

 これまでnoteをご覧くださった皆さま、『つけびの村』を予約してくださった皆さま、温かく背中を押してくださった皆さまにあらためてお礼を申し上げます。

 ツイッターでは一足先にお知らせしましたが、お問い合わせの多かった電子書籍も10月1日にリリースできることになりました。こちらもどうぞ、よろしくお願いいたします。

 

もっとみる

もうやめろよ。取材続けてどうするの?――『つけびの村』完成のご報告

つけびして 煙り喜ぶ 田舎者

 2019年7月11日、最高裁判所が上告を棄却し、保見光成の死刑が確定しました。

 note版『ルポ つけびの村』読者の皆様はよくご存知と思いますが、保見光成は、2013年夏に山口県周南市の山奥、わずか12人が暮らす金峰[みたけ]地区の郷集落で5人が殺害され、2軒に火がつけられた〈山口連続殺人放火事件〉の犯人でした。

 私が取材を始めたのは事件直後どころか、容疑

もっとみる

書籍『つけびの村』発売日決定&予約開始

こうお知らせして早5ヶ月……。
ようやく、ルポ「つけびの村」書籍化作業も、入稿を終え、再校ゲラのチェックを行う段階となりました。そしてようやく、Amazonで予約ができるようになりました。
8月刊行を目指して…とお伝えしておりましたが、発売日は9月23日となります。

Amazonからの予約はこちらです。カバーラフは予約開始に間に合いませんでしたが、そちらも決まり次第、お知らせいたします。いまは仮

もっとみる

あなたという影響力を広げていく

あなたの人生を、前に前に進めていくためには、

実はコツがあります。

それは、人生が『あなた自身で動かせるもの』

だからです。

そのことを知らずに、

ただ闇雲にあなたの「命の時間」を使っていても、

なかなか人生は変わりません。

あなたが、あなたの人生を、

前に前に進めていくためには、

『あなたが影響をおよぼすことのできる物事』に、
働きかけることです。

人が1日に使えるエネルギー

もっとみる

うわさや批判はあまり気にしないようにしている

うわさや批判。

僕は気にしないようにしています。

だって、僕は僕だもの。

僕が生きたいように生きるし、

僕がやりたいようにやる。

ただそれだけだよ。

うわさ話の対処法

先日ある人からこう言われました。

「なんか先日、イベントすっぽ抜かしてラーメン食べにに行ったんだって?
先輩から聞いたよー」
と。

自分の把握しているものは、

休日である曜日に集まりがあったのに、
それを知らずに私用を済ましに出かけていて、
ついでに近くにあったラーメンを発見し食べに行った

という内容です。

でその人に聞きました。
誰から聞きました?
と。

そうしたらあやふやにしていた

もっとみる

追加取材から戻りました

しばらくぶりの更新になりました。
 先日「つけびの村」追加取材から戻りました。周南市で自分ができることは、たぶん、できる限りやってきましたが、東京に戻っても引き続き取材を続けます。

 その成果は書籍でお読みいただきたいので、もう少しだけお待ちください。いまは、データ原稿を作っています。
 noteでは何をお伝えしたらよいだろうかと悩みましたが、周南市の色々なこぼれ話などを少しだけ綴りたいと思いま

もっとみる

なぜ、芸能人のプリクラは流出するのか。

芸能人のプリクラってよく流出しますよね。

男女のプリクラは特に。

なんで流出するかのひとつに、信じていた友人・知人が流出させるという手段があります。

それともうひとつプリクラが流出する仕組みというものがあるのを皆様ご存知でしょうか?

あくまでウワサなので暇つぶし程度に見ていただきたい。

プリクラというのは印刷するので、プリクラの機械にデータがきちんと残るらしいのです。

なので、プリクラ

もっとみる

03/29 チームつけび 初打ち合わせ

上記記事の通り、書籍化に向け、動き始めました。
 晶文社の江坂さん、編集者で作家の藤野眞功さん、わたしの3人で構成される『チームつけび』は先日、初めての打ち合わせを行い、気になるポイント、追記したほうがよいもの、追加取材するところ、などを洗い出しました。ここから各々、作業に取り掛かっております。

 1週間に一度程度、このマガジンにnoteを追加していきたいと考えてはいますが、自分の方は、データ原

もっとみる