おかざき真里

ふと考える、女の同族嫌悪

職場でヒステリーを起こす女って嫌いだ。

極端なことを言うとつい最近までわたしは心の奥底でこう思っていた。あと、仕事の段取りが悪くいつも嵐のようにバタバタしてミスを連発するワーママも嫌い。あと、でかい胸がわかるような服でそこそこにしか働かない正社員の若い女も嫌い。だって、わたしは、男より男らしく働いて会社に貢献しているから。

こうやって文字にすると恐ろしく攻撃的で貧しく、悲しい考え方だなあと思う

もっとみる

漫画は読書ではないか?

漫画は娯楽。読書ではない。
そういう大人が多くいますが、私は漫画も読書のひとつだと思っています。
私は雑誌、本、漫画を含めると、年間読んでいる量はおそらく500冊をこえます。

絵と文字を両面から理解する方が、本を読むよりも難解です。
それを自然とできる子どもは、逆にすごいなあと思いますし、もっと推奨すれば、おもしろいことになるのになあとも思います。
私個人的には、すすめております。

特に歴史物

もっとみる

どこまでも転がるインコさんたちの #実弾生活、菊地信義さんを追ったドキュメンタリー映画、おかざき真里さんとの共著で歌人デビュー、などの一日。#kurukeredo

2019年8/23(金)3013

きょうは金曜日。
ということを忘れ、
色々失敗してしまった。
家賃も振り込んでない。
あとひと月で誕生日か。
自分の年齢がぴんとこない。

さっき下北沢で、
インコさんたちの
実弾生活を観てきた。
どこまでも転がるコント。
父の他界もあり、
あまり笑う気分ではなかったのに、
なんというばからしさ。
生身の出演者のキャラクターを
うまく活かしてるから
全員可笑しい

もっとみる

性欲

おかざき真里さんの漫画『&(アンド)』で、恋愛のことを”性欲”というシーンがある。

”それ”は、神聖と欲望が同時に存在している不思議なものだ

きっと「恋愛」とだけ言えば神聖に傾きすぎるし

きっと「性欲」とだけ言えば欲望に傾きすぎる

恋愛は性欲。

恋愛じゃない性欲については、

またいつか…

“手当て”の可能性の話

胃腸風邪、完治しました〜!!

いや〜早かった!良かった!!
もう今日の昼にはカレー食ってたからね、恐る恐るながらも。近代医学の賜物・抗生物質とわが身体の自然治癒力のナイスコラボレーションでした。ありがてぇ、ありがてぇッ…。

そしてそして、もう一つ感謝したいのが今日のテーマ、“手当て”でございます。

触れてもらうことの大切さ

今回の風邪が厄介だった理由に、原因不明の謎の痛みがありました。

もっとみる

バターチキンカレーを授けよう

この間、写真だけ投稿したバターチキンカレー。めちゃくちゃ美味しくてテンション爆上がりしたので、今更ながらnoteにもしたためたいと思う。

きっかけは、おかざり真里さんの「かしましめし」という漫画を読んだこと。男女3人の話で、毎回とても美味しそうに自炊飯を食べるのだ。

ゲイの男の子が、帰ってこない同棲中の彼への気持ちを断ち切るように作るカレー。これがもし、ただのカレーライスだったら、私はぴくりと

もっとみる

『阿・吽』

漫画を好んで早幾年。
そんなわけで面白かった作品のことは
ちょくちょく書いていこうかと。

同じのを懐かしく読み返すことの方が多いけれど
たまには新しいのを手に取ることもある。

そんで最近、良いのがこちら。
おかざき真里『阿・吽』

最澄と空海、の物語。

いずれも天才過ぎて他人には理解されず
孤独に修行を重ねる中で出会い
共に真理の道を進めることに喜び合いながら
遣唐使の船に乗る。

努力が

もっとみる

妄想相談ルームやります!

ひとまず自己紹介♡

私の名前は 日向 夏 といいます。
ひなた なつ と読みます。
在宅リライターとして少しずつ仕事しながら
1人の息子を育てるママでもあります。

作家のLilyさん
漫画家のおかざき真里さん
紗栄子さん
神田沙也加さん
をこよなく愛しています。

ここでやってみたいことがあります。

『妄想相談ルーム』

私は人のことを観察したり
想像、妄想してみたり
なりきってみたりするの

もっとみる

Twitterやってて良かった(たらればさんとおかざき真里先生の話)

先週の土日、体調を崩していた。

頭がクラクラして、吐くほどでもない吐き気が続き、あまりご飯を食べられなかった。なぜか、家にいるのに乗り物酔いのような状態になったのだ(ちなみにお酒も飲んでいない)。

精神的には安定していたけど、とにかく体がしんどくて、仕事がなかなか進まなかった。

明けて月曜。

重だるい体を引きずって起きる。やっぱり食欲がなくて、朝食は食べられない。

コーヒーを飲みながらT

もっとみる
ありがとうございます。今日のラッキーアイテムはサングラス
65

& アンド / おかざき真里

& アンド / おかざき真里

「女ってのは成長の過程で二種類の男性を経るもんだろう
ひとりは父親から子としての承認
もうひとりは第三者の男から女としての承認」

「自分に自信がないから
他人からの承認が必要なんですよね」

「できることより自分のやりたいことを大切だと思っていたり」

「悪口が図星のときは言う方に同じものがあるからですよ」

「心底 ”認められたい” って願う相手に肯定もらえる

もっとみる