喫茶 黒☆兎☆星  開幕しました!

「表参道人形展」の余韻に浸る暇もないまま、宝塚に遠征してました。
ルマンのサンドイッチをほおばったり、お芝居で毎回号泣したり、
そのうちの1回は関西在住の友人と一緒に観劇して、
そのあとご飯を食べて、某店で珍しいお酒をいただいたり。
東京に戻ってきたら案の定時間がなくて、相変わらずヒーヒー言いながら
無事 少女塾企画展「喫茶 黒☆兎☆星」 初日を迎えました!

今回のテーマは「黒」です。
それで

もっとみる

わけありSUSHI寿司すし☆がま口ポーチ

素材はコットン布生地。
SUSHIの説明や英語表記がありオシャレながま口です。

内布は生成りのコットン生地です。

サイズ
11cm x 10cm (金具を含む)
マチ 5cm

                 裏側

もっとみる

👛がま口リフォーム

コメントをいただいて調子にのってしまいました
https://note.mu/sa226/n/n0311d6c80ba7

そこで、いまいち納得できていないがま口をリフォームしたくなった

口金の縫ったところを切って、編み目をほどいて、縫い付けて完成

ぷっくりと可愛くなりました👛

…失敗作と決めつけていてごめんよ

もっとみる

和美一品®︎の教室だから出来ること

着付け教室
世間にはごまんとあります。
石を投げれば着付けの先生に当たる
といっても言い過ぎでもない(笑)
言うなれば、それだけ「競合の同業他社」がひしめく業界であります。もちろん、私の周りにもたくさん着付けの先生がいます。
しかし教えている事は皆、同じ
「着物の着付け」
なのです。生徒さんにしてみれば、どこの教室へ行ってもいいわけです。
そんな中で「生徒さんが私を選ぶポイント」は何だ?となるので

もっとみる

大物と小物

人としての器の話ではないですよ。

作っている物の大小のこと。

小さいものは手のひらサイズから、大きい物で最近は自分のだけですが、お洋服まで…

元々は自分でがま口とか小さなポーチなど、「持ち歩ける」「普段の生活で使える」「それによって自分の気分が上がる」という物を作りたかったのが、きっかけだったりします。服飾や縫製の専門的な勉強をしたわけじゃないし、ミシンはずっと持っていたけど、クローゼットの

もっとみる

技術に関する幾つかの書付 - がま口の基点の見つけ方

がま口の口金の『基点』の見つけ方について、自己流の方法を記してみます。

左の四角い口金には、角 (かど) があります。本などを見ると、この角を基点にして型紙の修正を指示しています。
しかし、右の丸い形の口金には角がありません。これでは基点がわかりません。この丸型の基点の探し方を記します。

まず、なぜ、角を基点にするのかというと、ここから「開くために必要なマチ」が始まるからです。

上画像は、角

もっとみる

おさいふ

おさいふは 相棒のようなもの
大した額を入れる訳でもないが 何だか欠かせぬ存在なのは
ポケットにそのまま入れると 取り出すのに時間を要しもたつくため
国によっては ひとの手から手へと渡っていくうち 様々なにおいを蓄え
市場に並んだ食材と共に行き来しては 水気を帯びて湿る 
入れ物があると あるべき場所に落ち着くようで ほっと

以前は 長く使える革が好きで 
ブーツやジャケット ブレスに小さな鞄

もっとみる

「和美一品」の「和」を語る

うちのレッスンは座学つき。
生徒さんの質問には、どんどんお答えします。
昨日もそうでしたが、やはり分からない事の定番としては「TPOにおける着物」というのがあります。
基本的にうちの生徒さんのほとんど(いや、ほぼほぼ全員が)普段の気軽な着物を目指しているのですが、ご自身の年齢やライフステージによっては、いわゆる正装や礼装というシーンもあるわけです。

私が考える「TPO」とは

その行事の趣旨目的

もっとみる

「和美一品」の「品」を語る

卒入学シーズン。
我が家も中学卒業→高校入学の子供がおりますゆえ、着物で参列してまいりました。
着物でお越しになる保護者もめっきり減りましたね。着付け師としては商売上がったりですよ(笑)

ブログでは好き勝手言ってる私ですが、自分自身の着姿としては、割と正統派?が好きなんですね。
何をもって正統派?とするかは価値観に左右されるところですが。
私の中の定義としては

・TPOをわきまえる
・くだけて

もっとみる

がま口のお財布がほしい

平成31年4月3日(水)はれ

水曜のお昼はデパ地下のお弁当。
きょうは(も)「大人の海苔弁」。

先にお勘定をしていたおばあさんが、がま口のお財布をあけるときに小指をたてていてかわいかった。お財布の中のお札がきれいに折りたたまれていてきちんとして気持ちよかった。お財布からゆっくりとお札を取り出す仕草が女性らしくて素敵だった。

あら、やだ、お財布のなかを覗き込んでいたの?
ではなくて、あまりにゆ

もっとみる