アジア選手権

アジア選手権

こんばんは。今日からメモリースポーツについてのnoteを書くことにします。

これはメモリースポーツをもっと多くの人にやってもらうために、新しく始めようと思っている人や、もっとメモリースポーツについて情報が知りたいと思っているひとに向けての情報提供が主な理由です。

今回はいきなりですが、そんな新しく始めようと思っている人からはハードルが高いかもしれないアジア選手権についての感想とこれからの課題に

もっとみる

日本の準決勝の相手は中国「IBSA ブラインドサッカーアジア選手権 2019」4日目

4日目10月3日の試合結果

第1試合:グループB 日本 0-1 イラン
日本の先発メンバー:佐藤 大介、佐々木 ロベルト泉、田中 章仁、川村 怜、黒田 智成
得点者:Behzad Zadaliasghari Yengejeh(後半10分・イラン)

第2試合:グループA インド 0-0 韓国

第3試合:グループA タイ 0-2 中国
得点者:Wei Jiansen(前半9分・中国)
    Z

もっとみる
ありがとうございます。

日本はグループリーグ2位通過「IBSA ブラインドサッカーアジア選手権 2019」4日目

強敵イランを相手にグループリーグB首位突破をかけた直接対決。日本はバランスのいい守備でイランの攻撃を防いだが、後半10分Behzad Zadaliasghari Yengejehが決勝点を決めた。

イランは3戦全勝で首位、日本は2勝1敗の2位で準決勝に進出した。マレーシアは1勝2敗で5位決定戦。オマーンは7位決定戦に進む。

10月3日(木)第1試合結果
グループB 日本 0-1 イラン
日本の

もっとみる
ありがとうございます。
1

ブラサカ日本代表合宿を終えて

9月30日~10月6日にタイのパタヤで行われる「IBSA ブラインドサッカーアジア選手権 2019」に出場するブラインドサッカー日本代表の直前合宿が9月21日~23日までZOZOPARK(千葉県千葉市)で行われた。

久しぶりに投稿します。あっちこっち行ってきたんですが書くことができずに溜まっています。

取材に訪れた23日は合宿最終日。ボランティアスタッフも選手たちと一緒に円陣を組み練習開始。か

もっとみる
ありがとうございます。
3
西山!おそーい!(全日本大学駅伝にて)
100

2019年5月17日 今朝の一枚

「涼しいといっても22度ですからね」
と、言ってたのはアジア選手権ドーハから帰る
空港待合室であった鎧坂哲哉選手。
鬼空調システムのおかげで観ている側は
すごしやすかったハリーファ国際スタジアムですが、
10000mを走るには、やはり過酷な環境であったようです。
日曜日に行われる日本選手権10000m。
天気予報をみると、
この日、大阪の最高気温は26度。最低気温は19度。
夜8時すぎのレースです

もっとみる
西山!おそーい!(全日本大学駅伝にて)
201

2019年5月3日 今朝の一枚

明日は延岡なのですが、
今日の午後からアメリカではPayton Jordanがあるのです。
Flotrackでライブ配信があります。
ライブ配信は有料だと思いますが、
アメリカまで見に行くことを考えたら
格安で高解像度のおライブ配信が見れるわけですから
これは午前中のうちに契約しておいたほうがいいに決まってるわけです。

ちょっと強めにオススメするにはわけがあります。
日本時間の朝に投稿された遠藤

もっとみる
西山!おそーい!(全日本大学駅伝にて)
168

2019年5月1日 今朝の一枚

世界学生クロカンで國學院浦野、東洋西山らと競り合ったことがきっかけで日本の駅伝ランナーに興味をもったオーストラリアの学生ランナーEDくん。

5月に来日することになり、
横田真人コーチと3人のメッセンジャーグループで
いろいろやりとりをしていたのですが

ついに日体大記録会10000mにエントリー!
どの組で走るのか?
エントリーリストが出るのが楽しみですね。

今朝の一枚はアジア選手権3000m

もっとみる
馬並み!
209

2019年4月28日 今日の一枚

6月9日にオトナのタイムトライアルを織田フィールドで開催します。
エントリーは金曜日からはじまり、5000mは即日完売。
1500mのエントリーはまだ余裕があります。
現役陸上選手たちには信じられないかもしれませんが、
一般的におっさんの市民ランナーたちは
エントリーフィーを走行距離で割ってコスパ計算する傾向にあり(笑)
5000mから先に埋まっていく傾向があるのです。

走っている側は長く楽しめ

もっとみる
馬並み!
198

2019年4月27日 今日の一枚

昨日オンエアした渋谷のラジオ「Track Town SHIBUYA」。
エンディング間近に横田真人コーチがぽろりといった

「新谷がレース前にやっていた心をつくる作業
 あれ、練習でもやっているんですよ。
 だから、そろそろ行くよー。なんて言えない。
 自分のタイミングがあるんです」

はあーっ!と思いました。あれをいつもやってるのか?!と。
アジア選手権。さまざまな選手がスタートラインに立ちまし

もっとみる
三上水飲む?
232