アーバニズム

ハーバード大学デザイン大学院(GSD)のアーバニズム教育

はじめに

ハーバード大学デザイン大学院(以下GSD)は1936年の設立以来、理論と実践の有機的結合を目指すアーバニズム教育を行ってきた。なかでも実践が占める比重は大きく、「デザイン」というレンズを通して実社会の問題を発見し、解決策を提示していく原体験を通じ、次世代のアーバ二ストを育てるというのがGSDのDNAとなっている。それ故、アカデミアにあって実社会との関わりが強く、これがGSDが常に新陳代

もっとみる

タイ・サムイ島にいってきた。|都市的考察

ゴールデンウィークはゆっくりと

GW前半は、タイのサムイ島にいってきました。

都市系同業のぼくたちは、新婚旅行でさえ、都市部にいくと、視察みたいになってしまうので、初のリゾート地でゆっくりしようと。

海、風、赤道近くの強い日差し、プール、ビーチ。

それなりにゆっくりできましたが、
ただ、やはり行ってみると、都市的にモノを考えてしまいがちで。

パッケージ型リゾート観光開発

各リゾートホテ

もっとみる
よろしければ、シェアお願いします!
10

なぜ、今、公共空間に取り組むのか?

公共空間の再構築を目指す社会実験「WORK PARK PACK」

公共空間への再着目

Region Worksの仕事は、地域の戦略的な事業のデザインである。

どの仕事も、最初のタスクは、リサーチによって「地域の急所」を見出して適切な課題を設定することなのだが、そこで「公共空間の質の向上」が浮かび上がることが増えて来た。この傾向は、顧客の官民や地域の大小を問わない。数年前は、ビジネス開発や不動

もっとみる