『真実』

『真実』
公開中🎥🎥🎥
そしてオススメです!
.
.
.

.
【ネタバレあり】 .
.
.
. 【目次】
●役者という仕事
●現実を虚構で埋める
●嘘と誠
.
.
. 【役者という仕事】
娘は家族を連れ、母が居座る城へと向かう
母は国民的な大女優だ。彼女が自伝をだした。
タイトルは『真実』。
だがそこに綴られた内容に真実など書かれておらず、
娘は激怒する。役者という仕事は演技を行う。
それ

もっとみる

正直微妙すぎてコメントしづらい『真実』

2019年公開映画167本中133位。

これなー、個人的にはすんごく微妙だった。
つまらなくはないんだよ、決して。
でも、面白くもない。
正確には、面白さがわからないって感じかな。

フランスの映画スターであるファビエンヌ(カトリーヌ・ドヌーヴ)
が自伝本を出版したってことで、
家族がお祝いに駆けつけるも、ほんの中身は事実とは程遠い内容。
しかし、そこに書かれていることをきっかけに、
母娘の真実

もっとみる

映画『he』始動。いったいそれは、誰にとっての天使で、 誰にとっての悪魔なのか。

LAに来て一年強、やっと次作が始動。

実は日本にいた2年前に監督(オット)が書き上げていたのだが、当時はあまりに難解でアート性が強いことに加え、低予算では実現できない内容だったため、お蔵入りにしていた。LAで1年試行錯誤した結果、今こそ『HE』を撮るべきだとやっと確信が持てた。ただの感覚ではなく、確実に作品の市場があることをアメリカで体験できたことがとても大きい。

さて、『ハイヒール』をご覧い

もっとみる
スキありがとうございます。素敵な一日になりますように
10

#2019年上半期映画ベスト 6-10位

どうも、3度の飯より映画が大好きなあげちゃんです(嘘です)。普段Twitterで映画好き好き言ってるわりにはあまり内容に触れてないなと思い、noteに書いてみることにしました。

 幼い頃から #映画 は定期的に観ていましたが、5年前くらいから急に映画熱をぶり返し、年間80-100本くらい観るのが習慣になっています。映画館へは元々行っても月1位なのですが、宅配の #TsutayaDiscas の新

もっとみる
Thank you ♡
33

魂のゆくえ

「タクシードライバー」や「レイジング・ブル」、「最後の誘惑」などマーティン・スコセッシ監督作品の脚本で有名なポール・シュナイダー監督作。僕はポール・シュナイダー監督の作品は、脚本を書いた上の3つしか観てないので、今回の映画がどういうものかよく分からないまま行ったんですが、超簡単に言うと、「タクシードライバー」のトラヴィスがもしも牧師になったら(めちゃくちゃ乱暴な言い方してます。)みたいな映画でした

もっとみる
何分かの暇つぶしになったのであれば幸いです!
3

いまを生きる

原題は『Dead Poets Society』、主演ロビン・ウィリアムズ、監督ピーター・ウィアー。第62回アカデミー賞脚本賞を受賞。

「死せる詩人の会」
自殺した学生、
辞めさせられる先生、
そして、イーサン・ホークも出てた。
ぜったい観るべき映画だと思う。何歳になっても心に響く。大人になっても、思春期の頃にも。

2014年8月11日の訃報。様々な役を見事に演じ、僕に感動を与えた。

「本を読

もっとみる

6才のボクが、大人になるまで。

2014年のアメリカ、ハリウッド映画です。
監督、製作、脚本は、リチャード・リンクレイター。
撮影は、リー・ダニエル、シェーン・ケリー。
主演は、エラー・コルトレーン、ローレライ・リンクレイター。
共演は、パトリシア・アークエット、イーサン・ホーク。

僕はメイソン(エラー・コルトレーン)。
ママのオリヴィア(パトリシア・アークエット)と姉さんのサマンサ
(ローレライ・リンクレイター)と一緒にテキ

もっとみる
(。・_・)♪
14

デイブレイカー

2010年のオーストラリア、アメリカ映画です。
監督、脚本は、オーストラリア出身、
マイケル・スピエリッグ、ピーター・スピエリッグ。
主演は、イーサン・ホーク。共演は、ウィレム・デフォー、
ニュージーランド俳優、マイケル・ドーマン、オーストラリア女優、
クローディア・カーヴァンとイザベル・ルーカス、
そして、ニュージーランド・オーストラリア映画の大俳優、サム・ニール。

“ ダーク・ストーリー ”

もっとみる
ありがとうございます。
13

「ギブギブギブだから。」

ギブ・アンド・テイクって言葉があるけど、

これは損得勘定で生きるつまらない人間を創る言葉だ。

言われたことだけをやる奴隷的な人間を創るだけ。(言われたことすらやれない奴も多くいるが。)

テイク前提のギブなんて所詮そのテイク以上はできないし、

そもそも最初からテイクしてもらおうと考えている時点で人間として終わってると思うよね。

これしてあげたんだから、これはやってよね。って発想はホントにク

もっとみる

いまを生きる

1989年、アカデミー賞、作品賞、監督賞、主演男優賞ほか、
4部門にノミネートされ、脚本賞1部門受賞の作品です。
監督は、ピーター・ウィアー。
主演は、ロビン・ウィリアムズ。
共演は、イーサン・ホーク、ロバート・ショーン・レナード、
ララ・フリン・ボイル。

全寮制の進学校、ウェルトン・アカデミー、
卒業後は、有望な就職が約束される名門校です。

学校は有望な就職を与え、生徒には厳格な校則を強いり

もっとみる
ありがとうございます。
4