ウォン

韓国飯。【韓国3日目】

韓国3日目。

3日目はご飯のことについて書きたい。

朝ご飯はホテルのビュッフェ。

まぁこれは普通のビュッフェだった。

韓国っぽい料理もあったが、朝から挑戦はしない。

胃と腸がビックリしないように、安定のパンやヨーグルトで簡単に済ませた。

お昼ご飯は同僚と。

一緒に店を探していたのだが、てきとうに入ろうとするも、どこもお昼時で混んでいた。

30分待ちと言われた店もあった。

結局、比

もっとみる
【御礼】スキを押下いただいた件について
2

ウォンとカードとトークンと。【韓国2日目】

朝起きて、ホテルのビュッフェで朝食をとった。

仕事があるので、支度をして地下鉄に乗った。

財布にしまわれたままのウォンをようやく使った。

券売機が日本語対応だったので、乗車券は難なく買えた。

乗車券を買うと、suicaのようなカードが出てきて、それで乗車するようだ。

そして、乗車券を買うときに、なぜか保証金を取られる(日本円で50円くらい)。

目的の駅に着いたらカードを「保証金返却機」

もっとみる
ありわと!
2

両替したウォンは財布のなかに。【韓国1日目】

仕事で韓国に行った。初韓国。

当たり前なのだが、何から何まで韓国語ばかり。

でも、言葉こそ違えど、見える景色は似ている。

同じアジア人だからか…

そんなことを考えながら空港を出る。

到着が夜遅かったので空港からホテルまではタクシーを使った。

ドライバーは日本に2年間留学していたおっちゃんだった。

日本語で色々話してくれたけど、あまり何を話してくれたか覚えてない。

唯一覚えているのは

もっとみる
ありわと!
1

急速に戻す「ウォン安」其の2 - 韓国総合株式指数=KOSPI指数も不穏な動き

昨日(8月20日)、本日(21日)とどうもKOSPI指数の動きが不自然だ。例えば、日経平均など今日の株価は海外市場の下落の動きに連れる形で売りで始まった。韓国でも朝方からサムスンやSKハイニックスなど主力株が売られる中で、KOSPI指数だけ上昇する動きが見られた。

 24日のGSOMIA延長期限を控え本日の日韓外相会談が注目されており、イベント前に市場が不穏な動きをするのは良くあること。事実、2

もっとみる

急速に戻す「ウォン安」 - 日韓関係は和解へ? アメリカでも「カラータイマー点滅」

随分とメディアやネットでも取り上げられるようになった「ウォン安」。今16日(金)のNY市場を眺めながらこの原稿を書いているが、ここへ来て急速に韓国ウォンが為替市場で買い戻されている。一時1223(ウォン安)まで買われていたドル/ウォンは1205(ウォン高)まで売られている。

 為替介入もあったのかもしれないが、その効果よりも日韓関係に(主に韓国側からの働きかけによる)融和ムードが漂ってきているこ

もっとみる

トランプ Surprise  - @アメリカ 「カラータイマー点滅」で繰り出される「スペシウム光線」

筆者はウルトラマン世代なのでこんなタイトルになって恐縮ですが...(もう一世代前なら「水戸黄門」と「印籠」か)トランプ大統領、さすがにアメリカの商売人なのでマーケットを熟知しており、いつもの事ながら株価に「カラータイマー」が点滅すると絶妙なタイミングで「スペシウム光線」を繰り出してくる。今回は9月実施予定の対中関税のうち、携帯電話、パソコンなどを延期するという。各市場の反応を総括してみよう。

1

もっとみる

韓国「外貨準備高」の怪 - 介入資金に4,000億ドル全部は使えない?

お盆明け、いきなり株安、円高に見舞われ、連休を取っていたトレーダーの中にもバカンスをキャンセルした人もいるかもしれない。仮に休んでいてもこんな相場では気が気ではないだろう。

 「損切丸」、あまり同じネタを追いかけるのはスキではないのだが、韓国ウォンと株式指数(KOSPI、KOSDAQ等)には触れざるを得ない。ウォン安と株価下落は歴史的な出来事になる可能性が高いからだ。

 円高と株安に正しく対処

もっとみる

「盗人猛々しい!!」- 通貨ウォン暴落の引金に。其の2。週明け5日の市況

前稿の続報を兼ねてマーケットの話に戻そう。お盆休みが本格化すると言われている週明け5日の東京、アジア市場の朝の市況。大荒れですね。

USD/KRW  ドル 韓国ウォン 1214.25     +9.74  (+0.81%) 
韓国総合株価指数 KOSPI   1,953.68  −44.45  (-2.22%)

 まずは注目の韓国。ドルウォンについては今朝のオープニングを固唾を飲んで見守ってい

もっとみる

「輸出管理措置の見直し」- 続編。 あれれ? 半導体株が買われてるよ。(コナンか!)

さて、前稿で「株のお勉強やり直し」宣言をした「損切丸」。日韓の市場を見る中で比較的よく見ていた半導体関連の株式の動きがなかなか興味深い。まずは韓国を代表するサムソン電子とSKハイニックスの6か月チャートを添付してみよう。世界の半導体生産の1,2位の企業だそうだ。

 あれれ? 7月に入ってから両方とも株価が上がってる!「輸出管理の見直し」で大変になるはずじゃなかったの? 

 そう、これはサムソン

もっとみる

「G7財務相-リブラに対する重大懸念を共有」→ 仮想通貨市場の地合い再び悪化。「ステルスインフレ」の行方は?

今日のビットコイン(BTC) はスポットで103万円台ですか...筆者自身はBTCを最近見始めたばかりで、このマーケットの習性やポジションの偏りなどに精通しているわけではないのだが、ただこの展開-140万円台まで行って100万円台まで急落の後、1度120万円台に戻した後の100万円目指し-はBTCロング(買い)の人にはちょっときついかなあ。はっきりいってリブラの話はいわゆる売買の為にする理屈で、今

もっとみる