コインオタク

テンセントが香港での仮想銀行(バーチャルバンク)のライセンスを取得し開設準備へ

中国の大手インターネットサービスを展開するテンセントは、香港での仮想銀行(バーチャルバンク)の開設準備をしていることがわかりました。

テンセントのブロックチェーンビジネス責任者であるWeige Cai氏が、中国で行われた世界ブロックチェーン会議で発表したもので、この銀行はブロックチェーンを活用し、すでに開設に向けた動きを取っています。

テンセントは今年5月に香港SFC(証券先物取引委員会)から

もっとみる

ロシア政府は2021年から暗号資産を没収する法律を計画しています

ロシアは、政府による暗号資産の没収することを可能にする法律を計画していることがわかりました。

ロシア内務省は、国家関係機関と協力して計画を策定しており、早くて2021年にこの法律が成立するよう動き始めています。

この法律では、ビットコインやイーサリアムなど特定の通貨の名前では示されず「デジタル通貨」という一般的な括りとし、主な狙いは暗号資産全般の押収が目的で、ロシア議会の委員長であるニキータ・

もっとみる

初心者に贈るトレードの極意vol.6 RSI/ストキャスティクス

仮想通貨の総合情報サイト「CoinOtaku」のトレード部です。

前回はMACDとボリンジャーバンドについて学びました。

MACDはMACDとシグナルと呼ばれる2つの移動平均線を使って買い売りのタイミングを計り、ボリンジャーバンドは売られすぎ、買われすぎを表す指標であることを学びましたね。

今回は加えて以下の二つ、

・RSI
・ストキャスティクス

をレクチャーしていきます。

・RSI

もっとみる

初心者に贈るトレードの極意vol.5  ボリンジャーバンド/MACD

仮想通貨の総合情報サイト「CoinOtaku」のトレード部です。

前回はフィボナッチ・リトレースメント/移動平均線について学びました。

フィボナッチ・リトレースメントは黄金比と集団心理に基づいた分析手法で、移動平均線のイメージは曲線のトレンドラインだということを学びましたね。

今回は加えて以下の二つ、

・ボリンジャーバンド

・MACD

をレクチャーしていきます。

・ボリンジャーバンド

もっとみる

イギリスの大手銀行であるスタンダード・チャータードがイーサリアム企業連合(EEA)に加盟

ロンドンに本拠を置き、世界70ヵ国に事業ネットワークを展開する世界的な銀行金融グループであるスタンダード・チャータードがイーサリアム企業連合(EEA)に加盟しました。

EEAとは、世界中の大手企業がイーサリアムの技術を用いて、研究や新たなビジネスを生むことを目的とし、企業がイーサリアムを活用する際にサポートし開発を促進していく団体です。

現在、100社以上の企業が参加しており、グローバル企業で

もっとみる

三菱UFJフィナンシャル・グループは大手21社と共同でSTOのコンソーシアムを立ち上げ

三菱UFJフィナンシャル・グループは、NTT、KDDI、三菱商事など大手21社と共同でセキュリティートークンを使った資金調達(STO)の研究やルール作成を行うコンソーシアムを立ち上げました。

アメリカでSECから承認を受けているSTOプラットフォームと展開するセキュリタイズと日本のブロックチェーン開発企業LayerXが技術面のサポートを行い、三菱UFJは不動産や社債、知的財産などをデジタル証券と

もっとみる

コインチェックが定期積立サービスを開始します

国内暗号資産取引所コインチェックは、11月6日より暗号資産の定期積立サービス「Coincheckつみたて」のサービスを開始しました。

「Coincheckつみたて」は銀行など金融機関が行なっている積立と同じサービスで法定通貨の代わりに暗号資産の積立を行います。

コインチェックに口座を持っているユーザーが対象となり、積立金額は1ヶ月あたり1万円〜10万円の範囲で、1,000円単位から始めることが

もっとみる

中国政府は禁止にしたマイニング産業を復活させる方針を示す

中国政府は一度禁止にしたマイニング産業を復活させる方針を示しました。

中国は今年4月にビットコインのマイニングを禁止し、中国国内のマイニング企業は国外へ転居せざるを得ない状況に陥り、国家発展改革委員会(NDRC)が公表した450を超える淘汰産業の一覧に、マイニングが含まれていました。

しかし、11月6日に中国の国家発展改革委員会(NDRC)が公表した産業改革の最終計画書によると、中国国内禁止事

もっとみる

金融庁は暗号資産を投資対象とする投資信託を禁止する方針を固めました

金融庁は暗号資産を投資対象とする投資信託の組成と販売を禁止する方針を固め、今年中にも策定する方針です。指針改定により日本では暗号資産を対象とする投信の商品化は事実上なくなります。

現在、日本では暗号資産の投資信託を扱っている会社はありませんが、暗号資産は投資面でボラティリティが激しいため過度に投資家からの資金が流入しないよう商品化の前に規制をかけるのが目的です。

金融庁は9月30日に「金融商品

もっとみる

コカ・コーラ社が製品の追跡を行うためにブロックチェーン技術導入

世界で有名な飲料メーカであるコカ・コーラ社が製品の追跡を行うためにブロックチェーン技術導入の実証実験を行なっています。

コカ・コーラ社は現在、ボトラーと呼ばれる容器(ボトル)に入れて、消費者の手に渡る状態の最終製品にして出荷する企業70社と契約しており、商品のトランザクションを追跡するため、ドイツのソフトウェア開発企業であるSAPが開発したブロックチェーンソリューションを使用しています。

コカ

もっとみる