Retention nowhere & N-1 ahead count

コイン複数枚を消したり移動したりする手順に使える技法2つと、その応用手順についての解説です。
Retention no whereは指先に持ったコインがダイレクトにノーウェアパームに入ります。Penguin magicなどで販売されているダウンロードコンテンツの” NOWHERE by Tri Ryuzaki”もかなり近い動きですが、今回ここで解説している内容や手順で使っているものはその先を行くも

もっとみる

つののリプレイ小説「ラン・アモク・ラン#3」にサポート&オススメを頂きました。大変ありがとうございます!noteのヘルプを見たところ、銀行口座を登録して振り込み申請し、合計1000円以上でないと受け取れないようです。つのが頂いているのは合計300円ですのでまだまだですね。

おはようございます。
最近、noteでコラボった作品を振り返っているのですが、やはりこちらの作品、大好きです。私はギターでBGMをつけさせて頂きました。気持ち良い朝のお供に!くるりとね。

「コイン」Tome館長さま作|yaya☆
https://note.mu/yaya312/n/n3866b344f215

電子地域通貨セッションの振り返り始め

神戸市の一大クロスメディアイベント「078」で、「電子地域通貨による地域社会のおカネの循環の未来」というセッションのモデレーターを務めさせていただきました。お陰でちょっと燃え尽き症候群気味なのですが、未来のために振り返りをnoteに残しておきたいと思います。

「What is MONEY?」という正解のない問い

これまで、「お金とは何なのか?」と考えることが多くありました。ネットで調べても、本

もっとみる
スキありがとうございます!よろしければ是非コメント付でシェアを!
5

対抗戦メダル・コイン・引換券・プレジャータウン、交換所でのおススメのアイテムは?

グリモアで月初めに更新される『対抗戦メダル交換所』『コイン交換所』『引換券交換所』『プレジャータウンの景品交換所』で交換しておくべきアイテムを紹介します。

1.対抗戦メダル交換所

(1) 対抗戦メダルの貯め方は?
 対抗戦メダルはシーズン制対抗戦で勝利をすることによって貰えます。対抗戦メダルの交換アイテムは特に初心者~中級者には役立つものが多いので日頃から対抗戦をこなしてメダルを集めるようにし

もっとみる

株と仮想通貨で勝つ億万長者王子の話💰

魔女「今までショップを作る話、モノを輸入する話、ブログの話等をしてきたけれど、乙女は何か始めたかい?」

乙女「何も。。。だって、全部時間がかかりそうなんだもん。。もっと片手間でできるものがいいわ。株とかはどうかしら。。」

魔女「じゃあ今日は海外で億を稼いでいる億万長者の友人に話を聞きに行こう!」

*実際に株や仮想通貨で億を稼ぐ友人に聞いたお話しです。

(月額だと1記事300円程で読めるので

もっとみる

コインランド という世界で

昔、両親の買い物時間の合間によく兄弟や友達とコインランドで遊んだ。

当時は100円で10枚ほどと交換で時間を忘れて没頭した。

新作のゲーム機が出ればよく挑んでいたし、コインの回収率がわかってくるとどこでキャピタルを回す源を集めるのかよく考えたモノだ。あれって一種の資本主義だったな。今思えば。

全くの刹那な時間であったけど、あそこで作った思い出は数知れず。

悔しい思いもよくした。

でも今で

もっとみる

孤独と繋がりについて

桜が書き誇る新学期の季節。みなさんはどんなことを感じますか?
私は哀しい気持ちになります。桜はあざやかなピンクを放ち始めるけど、人は一色にまとめられていく。大勢の人混みの中に入っていくと具合が悪くなって殻に閉じこもりたくなる。そんな感情がおそってくるんです。
本日は、「孤独と繋がり」について考えてみます。

まずはそれぞれの意味をGoogleに聞いてみましょう。

【孤独】“他の人々との接触・関係

もっとみる

WEENZEE!仮想通貨業界を統合する革新的ブロックチェーンプロジェクト

ブロックチェーン、人工知能(AI)、ニューラルネットワーク、トレーディングボットを基盤とした新しいビジネスプラットフォーム「WEENZEE(ウィーンジー/WNZ)」が2018年末に発表されました。世界15カ国以上の仮想通貨愛好家がしている同社のリーダーたちは主要なイベントにも積極的に参加しており、2019年1月に中国で開催されたサミット「GBLS」では賞も受賞しています。

暗号資産投資家の人々に

もっとみる

おまけ72【コイン積み】

V型アームをご存じだろうか。

 ロボット工学の粋を集め、生み出されたヒト型自律式義手である。

 箸を用いて、米粒を縦に積みあげる。

 人間ならばできて二個が限界だが、V型アームは米粒を十個積むことができる。

 当初の計画では、遠隔で手術を行うための補助機構として開発されたが、人体を遥かに凌ぐ性能の高さから、2020年現在では外科手術の軒並みがV型アームを使用している。

 極小の世界では、

もっとみる