サッカー審判

今日もフリエに逢いに行こう  ~審判さんといっしょ~

サッカーの試合で「審判経験者の方の解説付き観戦会」を行うというアイディアが浮かんだので、ツイッターでつぶやいてみたら実現してしまい、とても楽しい学びとなったというお話です。

「FULIE フリエ」は横浜FCの愛称です。かつてJリーグに存在した横浜のクラブ、横浜フリューゲルスに由来しています。サッカーに、Jリーグに、そして横浜FCに少しでも興味を抱いていただけるように。そんな願いを込めて私と家族と

もっとみる

サッカー4級審判日記(2019年度6試合目)

第2試合 主審
練習試合も含め、前期の試合はこれにて終了。
相手には気の毒なくらいのワンサイドゲームになってしまったが、我が軍、練習での学びを実践で試せる良い経験となった。

ゴールキックやフリーキック時のルール改正は少年サッカーにも適用されるのか?
要確認。

サッカー4級審判日記(2019年度5試合目)

第1試合 主審
我が軍、前期公式戦最終試合。
前半終盤に先制。
士気も高まりこのままイケるかと期待したが、後半序盤で同点に。
このまま試合終了かと思った残り1分、中央突破からの逆転打。
残念。

しかしこの蒸し暑さはキツい。
正しいジャッジにはどんなコンディションでも平静を保つ体力が必要。

【本日の学び】
試合前、師匠から三十罰についての話を聞く。
三十罰とは、PK、退場、出場停止。
ペナルティ

もっとみる

サッカー4級審判日記(2019年度3&4試合目)

二日連続登板。
しかも副審&主審の2連チャン。

第1試合、副審。
主審をやってくれた相手チームのコーチの方が本当に人格者。
ジャッジをしながら、フェアプレーを保つための声かけが素晴らしい。
我が軍のコーチ陣もそうだが、子どもたちに接する姿勢、出来るだけ楽しい環境でサッカーを続けさせようと、心の底から思っている方たちばかり。

第2試合、主審。
昨日よりも倍近く広いピッチだったこともあり、体力の不

もっとみる

サッカー4級審判日記(2019年度1試合目)

note更新一ヶ月ぶり。いかんね。
さて、審判日記。
今年度は登場回数が少なく、まだ2試合目の主審。
しかし今回も実践に勝る学びの場は無いなと実感。

特に今日は、審判人生初のレッドカード提示。
練習試合且つワンサイドゲームだったので勝敗に影響はなかったが、
点を取るのが難しいスポーツであるサッカーで、
一つのプレーが勝敗を左右する場面は多々ある。
ワンプレーワンプレーに対して、魂を込めたジャッジ

もっとみる

サッカー4級審判日記(帯同のみ)

グランドコンディション不良のため急遽会場を変え、フットサルに。
意外にルールが複雑だ。
・メンバーはキーパー+フィールドプレイヤー4名
・スローインではなくキックイン(ライン上にボールを静止させて)
・キックインは4秒以内
・パントキック、ゴールキックの代わりにキーパースロー。ただしノーバウンドでセンターラインを超えたらダメ
・キーパーがボールに触れたら4秒以内にリリース

フットサル、奥深い。

もっとみる

サッカー4級審判日記(2019年度1試合目)

U11 第2試合 主審
ひさびさの審判。約2ヶ月ぶり?
キックオフ直後はボールの動きに目が慣れなかったが、ブランクのわりには良いジャッジができたのでは。

・自チーム2点目ゴールはオフサイドだったか? 味方のパスからのワンタッチだったか、キーパーが弾いたのを押し込んだのか、もう少し横に回ってプレーを見るべし
・足上げはもっとファールを取ってもよかった、危険プレー注目
・前半終了、試合終了時の笛を吹

もっとみる

審判評価がサッカー文化を物語る?

皆さんは審判に対して、どのようなイメージを持っていますか?
「あいつなんで今のファールとんねぇのよ!」
「今回、審判のせいで負けたわ笑」

そんな意見が飛び交っているのを、目の当たりにしたあるいは自己発信してませんでしたか?

審判も一人の人間です。
間違えて判断してしまうこともあるでしょう。

しかし、日本人の審判に対しての意見は少し検討ハズレのものが多いような気がします。
あくまで一般論ですし

もっとみる

審判を味方につける

FC今治のホームグラウンド

「ありがとうサービス夢スタジアム」 

観客席とピッチ内がとにかく近い

最短で客席から約8m                                            まさに臨場感溢れるスタジアム

選手の声、ぶつかる音、相手監督の指示 

前例で観戦していると色々な音が聞こえる

観客席に聞こえてるってことは、逆にピッチ内にもこちらの音が聞こえてるんで

もっとみる