サプール

ブランドロゴに込めた想い。

先日ついに「Metal Butterfly」を正式リリースすることができました。リリースに合わせてブランドロゴも完成。今日はこのブランドロゴにまつわるお話です。​

「Metal Butterfly」の開発段階から現在に至るまで、私たちのブランドコンセプトは一貫していました。それは、

「人と人を結び、人生最高の瞬間を彩る。」

という想いです。
私たちは蝶ネクタイを付けるシーンをもっと素晴らしい

もっとみる

《行動力こそ原動力》#1 人生を豊かにする人達【SAPEUR】

サプールに出会い10日。
素晴らしい日が訪れた。

CHANOさんと奇跡的に、お会いすることができました(急な展開すぎて、大パニック)
興奮冷めやらなぬ展開を書き留めておきます。

サプールの応援をしていきたいと
心に決めて10日目。
せっかちな私は「まずは第一人者のCHANOさんに会わずして勝手に何もはじめられない!」
とデカイ独り言。

旦那様が一言。「とにかく連絡してみたら?」
えっ!なん

もっとみる

サプール、「武器を捨て、エレガントに生きる」。そのビジュアルに目が行きがちだが彼らの信条(タグライン)にめちゃくちゃ矢印あるやん最高。今さらだけど。

サプールをめぐる冒険 第5話(コンゴ3日目)

午前4時。
薄いピンク色の朝焼けに染まったブラザヴィルの街並み。
ここでは毎朝、太陽が昇るまでの間に2回ほど、街のどこかに設置されてるスピーカーからアザーンの放送が流れます。
それをぼんやりと聞きながら、昨日のことを振り返っていました。

運よくサプールと会うアポイントが取れた。とてもラッキーだったと自分でも思う。
でも、本当に本物のサプールが来るんだろうか?サプール写真家のCHANOさんからは「

もっとみる

サプールをめぐる冒険 第5話(コンゴ2日目)

梅雨入り前だというのに夏の日差しを感じることも多いここ最近。
ついつい美味しいビールが飲みたくなりますね。

コンゴにも色々なビールがあるみたいですが、僕にとって最初のコンゴビールは、泊っていたホテル「Résidence Hôtelière de Moungali」で飲んだ「33 Export」というラガー。BRALICOというメーカーが出してます。

熱い国のビールはさっぱりしてて何杯でも飲めま

もっとみる

サプールをめぐる冒険 第4話(コンゴ初日)

ボレ国際空港の出国ロビーは多くの人でごった返していました。

昨夜、エチオピア名物のインジェラを食べながらダンスショーを楽しむ予定で少し多めに両替しておいたエチオピアブルが、うたた寝のせいでだいぶ残ってしまい、使い道はないかとスーベニアショップを覗くが欲しいものはナシ。なおかつ値段が恐ろしいほど高い。結局このエチオピアブルはどうすることもできず(ナイロビの空港でも両替を断られた)。

コンゴ行きE

もっとみる

サプールをめぐる冒険 第3話(エチオピア夜の巻)

Belayによるガイドツアーでは、国立博物館の後にもう1ヶ所僕に見せたいところがあったようでしたが、ちょうど昼の休憩時間に入ってしまい1時間以上待たなければならなかったので、街の中心地にあるPiazza(イタリア占領時代の古い建物が残る繁華街)を車で流した後、途中の土産物屋に立ち寄りエチオピアの布などを購入しました。

車の中でBelayと色々な会話を交わしました。
例えばアディスアベバの街中を走

もっとみる

サプールをめぐる冒険 第2話(エチオピア昼の巻)

30分以上遅れて成田を出発したエチオピア航空ET673便は、経由地の仁川空港でも出発がだいぶ遅れ、エチオピア・アディスアベバのボレ国際空港に到着したのは予定よりも2時間近く遅れた9:30過ぎでした。

これはある意味で予測どおり。
最初の予定ではエチオピアには入国せず、すぐに乗り換えてコンゴに向かうつもりでした。しかしアディスアベバでの乗り換え時間はわずか1時間半。
「おそらくディレイして乗り継げ

もっとみる

サプールをめぐる冒険 第1話(出発)

もしかするとご存知の方も多いかも知れませんが、
アフリカのコンゴ共和国には「サプール」と呼ばれる
とてもオシャレな紳士たちがいます。

(サプール2019展@なんばパークス 撮影:SAP CHANO氏)
http://www.nambaparks.com/event_schedule/_24886.html

私がサプールの存在を知ったのは今から5年程前。
高価でカラフルなスーツを自由自在に着こな

もっとみる