木曜日はサルサダンス

#01 サルサダンスに出会った日~その1~ 

「よかったらサルサの体験に来ない?」

そんなLINEの連絡が入ったのが、春の陽気にお花見には丁度良い土曜だった。

昔からの友人の女性Mから「良かったらサルサの体験に来ない?」とのお誘いだった。

「はて?サルサ?」

珍しいお誘いに興味が湧いていた。正直ここのところ プライベートで退屈をしていたのは確かだった。

今までダンスには興味はあったが接

もっとみる

「ダンサーならこっちもできるよね!」←いやいや

先日、とある方のお誘いでサルサバーに行ってみました。社交ダンサーとしては変なプライドがあり、ビミョーに踊れないと悔しいのですぐには飛び込まず、色んな人をラーニングしまくっておりました。

そこで思ったのですが、「社交ダンス出来るんだからサルサも簡単だよ!」と言われてはいたのですが、確かに共通項は多いから飲み込みやすそうだけど、大は小を兼ねないので、無理なものは無理!ということです。

これはダンス

もっとみる

いつの?

月曜日に筋肉痛…
前日別段変わった動きをしていないし、いつの?

前々日のサルサ(ラテンのダンス)でした。
久しぶりにサルサ5曲踊ったら、筋肉痛が2日後に来た…

これが老いなのかしら!?

17年間で述べ1万5千人以上の男女のパートナーシップ、恋愛のお悩みに乗ってきた実績

17年間のサルサダンスのレッスンにて

述べ1万5千人以上の男女のパートナーシップ、恋愛の
お悩みに乗って来た結果

人生を変化させる人が
多く出てきました

サルサはペアダンスなので素敵な男女でないと
成立しないのです

ペアダンスの技術はもちろん
男女として美しいペアになるよう

マインドにタッチしたレッスンを
ずっとこだわって続けてきました

お陰で大きく人生を変化させる
生徒さんを沢山見て

もっとみる

パブ=クラブ=カラオケ #カナダ あるある

カナダにある程度の期間住んでいる人は日本で行ったことなくても大概クラブに遊びに行く機会があると思います。ガッコの先生だって「今週末はパブ?クラブ?」というくらい日常的。日本のカラオケみたいなノリ。

日本で数回行ったことあったけど、友達から一時も離れたくないって感じでした、怖くて。若かったからかな?

渡加初期住んでいた家から歩いて30秒くらいのところにハウスメイトとよく行っていたクラブがあり

もっとみる

ヒッピーエリアのカジュアルタコス

Seven Lives
Toronto

古着屋など多くヒッピーな感じで、ウィードの匂い多めの夜絶対危ないケンジントン マーケットエリアです。

一時ケンジントンエリアにはまってました。チャイナタウン横でTTCの便もよく、ユニークなカフェやレストランも多くてこれからもいろいろ食べ歩いていきたい、日中は。

こちらのタコスのお店、開店中はっきっと常に混んでいます。

タコス屋さんなのにたくさん

もっとみる

No.11 クラーベを反転させる

クラーベの向きは曲が一度スタートしたら途中で変わることはありません。
でも、ラテン音楽を聴いていると「途中でクラーベの向きが逆になる!」というのを耳にすることがあると思います。
これは
奇数小節のフレーズを入れてクラーべを反転させています。

具体的には…
全てが偶数小節でできている曲を2-3クラーベではじめたら、
最後まで2-3クラーベのままです。
でも、曲の途中に奇数小節でのフレーズがあったら

もっとみる

No.9 サルサの曲構成

少しベースの話から離れてサルサの楽曲構成について書いていきたいと思います。
僕自身、ジャズなどのフォームに慣れて演奏していたので始めた当初はラテンの楽曲の構成に戸惑うことばかりでした。
ラテン・ジャズなどを演奏する上でもこれを知っておくと展開が理解しやすいと思います。

テーマ

普通のポピュラー音楽の構成は、イントロ、Aメロ、Bメロ、サビなどの組み合わせでできていますね。
ジャズなどでいうところ

もっとみる

No.8 クラーベに基づいたフレージング

クラーベの機能

ラテン音楽を演奏する上で大切なのは、
イン・クラーベであり続ける
ということです。
アレンジを構成するリズム/メロディ/ハーモニー全てがクラーベに沿うように展開していきます。

この記事ではハーモニー、メロディについてはおいておいて。
ひとまずリズムについて書いていきたいと思います。

クラーベにリズムを対応させよう

ラテン音楽の各楽器のパターンはクラーベによって形成されていま

もっとみる

No.7 トゥンバオとクラーベ

基本的なトゥンバオのパターンを紹介しました。

次はラテンの要であるクラーベとベースのトゥンバオの関係性を解説していきたいと思います

クラーベについて

以前の記事で書いたようにした通りクラーベとはラテン音楽の要となるものです。

クラーベは繰り返し続けられるパターンで、通常曲のスタートから終わりまで変化しないでずっと同じリズムを刻み続けます。

(2-3と3-2が途中急に逆になったりとかはしま

もっとみる