#11 左手のアルペジオの奏法・練習方法について(シューマンのアラベスクを題材に)

このnoteでは、左手のアルペジオについてお話します。

サロン会員の方よりご質問をいただきました。

「シューマンのアラベスクの67−68小節目の左手、広いアルペジオの練習方法を教えてください」

この部分ですね。

♪動画① シューマン:アラベスクより

・左手の幅広いポジション
・やわらかな表現
・アルペジオをどのように練習するか

などがポイントになりそうです。

では、この部分を元にしな

もっとみる

まん丸満月の お月見

「わー、お月さま、綺麗だねー。」
「まん丸だよ!」

昨日は中秋の名月で、翌日の今日が満月です。

そこで 今夜は お月見をしようと、
こざる達は、窓から空の月が見えるように
夕飯のテーブルセッティングをしました。

「りこちゃん、お月さま、綺麗な満月だね!」
「とっても綺麗ねー。」
「うさぎさんが餅つきしている模様も、くっきり見えるね。」

今日も りこちゃんとこざる達は いつものように
わい

もっとみる
ありがとうございます! コーヒーのおかわり、サービスです(^_^)
7

Schumann Dichterliebe op.48 No.12

「詩人の恋」は一曲目の「五月」がすごくいいし、この12曲目も悪くない。要するにときどき挟まるめちゃめちゃ元気のいい曲がこちらとしては雰囲気ぶち壊しだと思うのだが、ドイツ人のやることだからしょうがない。

ディーター=デ=ラ=モッテが「大作曲家の和声」で指摘している部分。語りと花の囁きを歌い分けるところ。変ロ長調と変ハ長調が微妙に交代する。ピアノの伴奏の配置もあいまって、ジャズ的な「裏コード」という

もっとみる

アイヒェンドルフ「薄明」(ドイツ詩を訳してみる 12)

Joseph von Eichendorff, Zwielicht (1815)

夕闇が翼を広げようとしている、
木々は不気味に揺れ動き
雲は重たい夢のように流れている――
この恐ろしさは何を意味するのだろう?

君に愛する小鹿がいるなら
ひとり野放しにはしないがよい、
狩人たちが森をうろつき 角笛を吹き
あちらこちらで声を上げているから。

君に地上の友がいるなら
この時間には信用しないがよい

もっとみる
わーい! うれしいです!
6

曲の背景、イメージ、質感

最近、Googleのストリートビューであちこちの街を眺めるのが好きです。

あー、この人はここであの曲を書いたのか...と。

もちろん撮影された時の天候にもよりますが、最近は更新された日付だけでなくて、数年前のストリートビューも見られたりします。

実際に訪れた街でもそうでしたが、ヨーロッパは空気がちょっと日本と違いますよね。

オゾンの濃度とか色々関わるらしいのですが、現地でヴァイオリンを眺め

もっとみる
この記事がお役に立てていたら嬉しいです^ - ^

リサイタルまであと20日…!

タイトルの通り…
リサイタルまであと20日となりました。

精神的につらい時期がピークに達する頃です笑

今はあと○日しかない……と追い詰められながら練習してますが
そろそろあと○日でハッピーになる!と自分を励ましながらの練習に変わる予定です。笑

本番までの練習はとにかくツラく、
なぜリサイタルをすることにしてしまったのか考える日々を過ごしたり
どうしてこんなに苦しみながらピアノをやっているのか

もっとみる

トロイメライとわたし

シューマンをdisるつもりは毛頭ないがトロイメライをいい曲だと思ったことが一度もない。有名曲かつ人気曲であるにもかかわらず、必然的にわたしの弾きたい曲リストに書き加えられることは一生ないであろうと思われた。シューマンなら幻想小曲集「飛翔」「夜に」が好きだ。ピアノソナタ第2番もいい。どちらかと言えば圧倒的に暗く、激しい曲調が性に合う。弾くのも聴くのも。

しかしながら学生の頃習っていたカワイピアノ教

もっとみる
やったー*\(^o^)/*ありがとう!
7

7/3赤松美紀ピアノリサイタル

ヤマハ銀座コンサートサロンにて
7/3にリサイタルを開催いたします!

詳細はこちら

今回は長年にわたり強く憧れていた
シューマンのクライスレリアーナをメインプログラムとしております✨

そして畏れ多くもヤマハさんが主催してくださることになり
普段に増して練習に気合いが入ってます☺︎

ご予約はヤマハさんへ直接か
わたしのホームページからご予約ください。

ご予約お待ち申し上げます\( ˆoˆ

もっとみる

4月3日。ヨハネス・ブラームス「私は本当に幸福です。 つまり私は音楽のことだけを考えているのです。私は音楽に恋しているのです」

ヨハネス・ブラームス(Johannes Brahms、1833年5月7日 - 1897年4月3日)は、19世紀ドイツの作曲家、ピアニスト、指揮者。

ドイツロマン派を代表する作曲家。ドイツ古典派音楽の伝統を尊重し、ワグナー・リストらの新ドイツ派に対立して絶対音楽的な立場に立った。主要作品は四曲の交響曲、バイオリン協奏曲・ピアノ協奏曲のほか、「大学祝典序曲」「ドイツ━レクイエム」「ハンガリー舞曲」な

もっとみる