セルティックス

ほしい

Jordan Brandと契約していた
NBA史を代表する名シューター

2005-06シーズンに樹立した、1シーズンでの3P成功数(269本)は
今後誰も塗り替えることができない大記録といわれていた

その10年後、2015-16シーズンに
「ステフィン・カリー」が402本成功



現役時代はAir Jordanシリーズの
PE(Player's Exclusive)モデルを好み

2008

もっとみる

NBA ケンバウォーカー ボストン Let's do this.

今回は僕が一番好きって言っても過言ではないプレイヤー、ケンバウォーカーです!

僕がケンバを知ったのはNCAAトーナメントの決勝です。ケンバがMVPを取って、僕は中学生を卒業したぐらいでしたがめちゃくちゃカッケェと思いました。コネチカット大のシャツを買っちゃうぐらいハマりました。来日したことが話題なりましたね。

ホーネッツのフランチャイズプレイヤーとして活躍していましたが来シーズンからセルティッ

もっとみる

ジェイレンブラウンは復調したのか成長したのか?

トレードデットラインが近づいてきて、アンソニーデイビス(以後AD)がトレード要求したお陰で1月頃はセルツはオフが主戦場だし今年は寝れるかなーとか思っていたのに今年も寝れそうにありません。。
どうもツイッター見てるとセルツは、というかエインジは随分前からADを欲しがっていたようでそのために指名権を大量に集めていたとかでそこに若手をつけてオフにトレードで獲得を考えていたそうですね。何年前から計画してた

もっとみる

Boston Celtics 昨季と比べて強いのか比べてみた

普段からNBAが好きでよくアプリ使って応援しているボストン セルティックス(以後セルツ)の試合を見るんですが「去年だったらこういう時ぼろ負けして試合にならなかったよなー、、、もしかして実は去年より強いんじゃない!?」と思い、今シーズン開幕からずっとオフェンスが噛み合わずたまにいい時もあるけどいまいちパッとしないセルツが実は去年より強いんじゃないか検証していこうと思います。

強いわけがない

そも

もっとみる

10年目の邂逅‐その2‐:10年前のレブロンの凄さから予想する2018-19シーズン

前回の記事では2007‐08シーズンオフに起きたセルティックスBig3形成までの話を書いた。今回の記事ではその2007‐08シーズンのプレイオフでのレブロンの凄さに改めて触れつつ、そこから2018‐19シーズンにおけるロサンジェルス・レイカーズを大胆にも予想してみたい。
結論ファーストでいくと、2018‐19シーズンのロサンジェルス・レイカーズは“最低でも西カンファレンス・ファイナルまで勝ち上がり

もっとみる

10年目の邂逅‐その1‐

2018年ももう少しで3分の2が過ぎた。ふと思うのが2018年は1998年から20年。1998年は日本のスポーツ界でいろんなことがあった年のように思う。
・日本サッカー代表が初めてワールドカップに出場(開催地はフランスで、結果は予選リーグ3連敗)。
・松坂擁する横浜高校が甲子園春夏連覇(当時史上5校目、夏の準々決勝・準決勝・決勝はすべて伝説的な試合)。
・田臥を中心として能城工業が高校3年間9冠を

もっとみる