タビイク

#12 ざわ旅 Day.4

ーー8月12日 最終日

早朝から参加者メンバーは島内の桟橋を目指して向かっていきました。

ぼくは前夜のバケツ酒2杯が体内に潜伏しており、
朝ランを決意するものの桟橋探索メンバーが鍵を持っているので部屋に入れず。

中学生の秋、川遊びから深夜に帰宅するものの家の鍵を忘れて寒空に晒されました。
寒さの解決方法を3秒模索した結果、動けば寒くないという答えに。
そのままママチャリにまたがり、街を離れ山

もっとみる

タビイク参加してきた話

初noteを書きます。

日記とかも過去に続いた事もないし、そもそも文才が皆無なので、取るに足らない投稿になると思うが、タビイクに心を動かされたので書かせてくれ。

タビイク参加までの話

今回参加したのが、タビイクのタイプランなのだが、今一度タビイクってなんぞやって思ったから調べてみた。

「約1週間の旅の練習から始まるバックパッカー初心者向け旅企画」引用:タビイクホームページ

うんなんとも怪

もっとみる

#11 ざわ旅 Day.3

タビイクトライアルプランも後半戦へと突入。

3日目は全員旅で島へと向かいます。

バンコクから一泊二日で行ける島はいくつかあるので、行き先の島は前日に全員で候補を出し、行き方や所要時間、交通費予算、島の魅力などをプレゼンして行き先を決めます。

朝7時に宿を発ち、眠気まなこでローカルバスへと乗車。

長距離移動は多様な交通機関を利用できる楽しみがあります。

ローカルバスから電車に乗換え。

もっとみる

#10 ざわ旅 Day.2

くつざわと初対面を果たすと同時にタビイクが始動した翌日。
2日目のログはあえて起床からではなく日付が変わったあたりから始めようと思います。

1日に257295回ほど「煙たい」と言っているにも関わらず、無傷です。
なんでそこだけ不屈の精神なんだ。

▼1日目の様子はこちら

ーー8月9日

タビイクトライアルプランの2日目は初日より人数を減らし、2人1組で旅をします。

前日のうちにランダムにペ

もっとみる

#9 ざわ旅 Day.1

バンコク在住のリモートマネージャーKOHです。
芸能人ほどでもなければ、マネージャー業務は秘書のようなものであって、実際に一緒にいる必要はないと思います。

そんなわけで、くつざわには会ったことがありませんし、会う予定もなかったのですが、
なんか、くつざわがバンコクに来ました。

ざわ旅の幕開けです。

さて、なぜくつざわがタイに行くことになったのか。経緯は以下の通りです。

ちなみにタビイクCO

もっとみる

7月2週目 #Weeklykazuma

7/8~7/14の記録。

7/8

コパ・アメリカの決勝を見た後、ゲストハウスで1日バイト。

今週はテストとレポート提出がたくさんあって、1週間、次まで空いてしまうので、ごめんなさいした。

7/9

講義後、アロージャパンのインターンの2次選考。

今回は受かってるかはわからないけど、またテーブルで仲良くやれたからいいや。楽しかったし。

あと、先週の #Weeklykazuma を投稿。

もっとみる

「自分探しの旅」は無意味じゃない。

2019年のゴールデンウィークに、バックパッカーとしてタイとカンボジアを旅してきた。これが私にとって初の自力での海外旅だった。

私が旅に出た理由は特に対したものではない。「海外に行きたかった」からである。単純に面白そうだったからである。しかし単純な割には強い意志だった。

この感情は中学生くらいから持っていたが、なかなか1歩を踏み出せずにいた。なぜなら、「1度決めたことを全てしなければいけない」

もっとみる

憧れが僕の中で桜のように咲き誇る。この憧れを僕は散らさない。

初海外(タイ)はバックパッカーとして、一人で日本から飛び立った。
現地で、とても素敵な女性と出会った。


ただ今、ドンムアン空港のGATE15の前にいる。
もう少しで飛行機に乗って日本に帰るのだ。
タイに来てから色々なことを経験した。

その中で、これからの自分を変える出会いがあった。

一人旅大好き、左利き、バイセクシャル、大学中退。
これだけでは良く伝わらないが、いろいろなことを経験

もっとみる

人生を面白くワクワクさせるために

旅仲間と旅人が集まる居酒屋で語った。みんな全員タビイク参加者という共通点。年齢はバラバラ。

 今回気づいた点がある。人見知りはなくなってきたものの、お酒が進まないとまだ語れない。全身にアルコールが回るといい気分になり自ずと口も動く。それはそれでいい。でも少し許せない自分もいる。初めましてで緊張もあったのかもしれない。でも旅仲間はいろんなことを受け入れてくれる。海外でそれぞれが人の暖かさにふれ、リ

もっとみる

タビイクを使ってモロッコにバックパックしてきた!後編

▷前編はこちらから🙋‍♀️

4日目、トドラ渓谷から砂漠の町メルズーガに移動し、
ひとまずのりこさんが取ってくれた(というか昔作ったらしい)砂漠の近くの宿に入り、最低限の荷物だけ持ってサンセットに間に合うよう急いでラクダに乗馬(?)

砂漠ではお風呂に入ったりはできないので、荷物といっても防寒具や砂対策グッズのみ。
あとカメラ持ってる人はカメラ。

iPhoneのメモに残してあった砂漠持ち物リ

もっとみる