#3  INTRODUCTION-1

今回は著者からのまえがきです。(P.13)

ご両親が地中海・サルデーニャ、南フランス系のレストランを経営。
彼は、ニンニクのニオイとともに、お母さんが担当だった甘いスイーツが強烈な印象として残り、特に母のスイーツの味には、影響を受けているのだそう。

1990年代半ばまでは、

Fine chocolatiers who were established on the market were m

もっとみる

匿名有志によるチョコレート関連の情報集約リストってどう思う?

こんにちは、うさこです。

先日、TwitterのDMにて、あるチョコレート関係の方からご相談を頂きました。DMでは文字数の関係もあるので、許可を頂きこちらで回答させて頂くことになりました。

ご相談の概要

・ショコラトリーやチョコに詳しい人のリストを個人で作っている
・チョコを深く知りたい人のために一般公開を検討中
・有志(匿名を想定)で更新する
・無料公開されている情報のみ記載する
・同リス

もっとみる

#2 THE AUTHOR

今回は、著者について(P.12)

Georg Bernardiniさんはイタリアの家系で、1967年9月9日生まれ。
彼のキャリアは1984年、ドイツのボンにあるパティスリー「Müller-Langhardt」でした。http://www.mueller-langhardt.de

それから彼は、1987年の10月フランスへ渡り、

he worked as confectioner assis

もっとみる

JPHのアイス

ジャンプコミックスよりも高い、ジャン・ポール・エヴァンのチョコレートアイス。それでもお店の中ではだいぶ安い方の価格帯。後味がチョコレートなのに爽やかで、珈琲にも合って、値段には理由があることに納得した次第。

チョコを使った料理はいかが?銀座本店限定「マルコリーニ カレー」が絶品だった!

こんにちは、うさこです。

先週の金曜日、カレー曜日だからカレーの話にしよう!…て思っていたのに書く時間が取れず、こんな半端な曜日にカレーの話をする無作法をお許しください。

だが、これだけは言っておきます。カレーはいつ食べても美味しい!

ということで本題に入りましょうね。「ピエール・マルコリーニ」と言えばベルギーのショコラトリー。日本では銀座にカフェ併設のショップがあります。

ボンボンショコ

もっとみる

#1 THIS BOOK IS DEDICATED

本日は、著者の感謝の言葉より。(P.11)

冒頭に、著者が愛する我が子など家族や友人にあてて、この本が完成できたことへの感謝を述べています。洋書あるある。

今回のキーフレーズはこちら。

This book is also dedicated to all Chocolatiers Confectioners as well as all chocolate lovers.
(この本は、すべて

もっとみる

リニューアル!進化し続けるケンズカフェ東京の「特撰ガトーショコラ」

こんにちは、うさこです。

皆さん、ガトーショコラお好きですか?私は大好物の1つです。ガトーショコラは直訳するとチョコケーキ。好きなだけにガトーショコラに対しては、わーい、わーいうまー!とか言っていられない。

ガトーショコラ、と名前は同じでも、粉を使って焼き上げたふんわりタイプもあれば、みっしり生チョコのようなテリーヌタイプもあります。特に愛してやまないのはこのテリーヌタイプ。

「ケンズカフェ

もっとみる

チョコングリッシュ #1000日チャレンジ

チョコレート狂として活動している、ちえころこと荒木千衣と申します。

普段は都内で働く、ごくフツーの会社員ですが、とあるきっかけでチョコレートにハマり「毎日チョコ生活」というブログを運営しています。

「TokyoWalker2019年2月号」のチョコ特集では、案内人として全体の監修に携わらせていただきました。他にもチョコに関するコラムや執筆などをしています。

さて、そんなチョコ沼にいる私はこの

もっとみる