天国言葉を言い続ける理由【斎藤一人】

斎藤一人さんの天国言葉は8つあります。

「愛してます・ツイてる・うれしい・楽しい・感謝してます・幸せ・ありがとう・許します」

このような、人の心に灯をともすような明るい言葉のことを天国言葉といいます。

この天国言葉の反対が「地獄言葉」といって、これは、愚痴・泣き言・不平不満・悪口など、人の心が暗くなるような言葉のこと。

天国言葉と地獄言葉、どちらを使って生きていくかによって、人生の明暗がは

もっとみる
00:00 | 00:30

◇公式LINE@ →https://line.me/R/ti/p/%40kwp2442k

◇無料メールマガジン「クジラオカ・シークレット通信」→http://medicaresolution.info/neo/usrctrl.php?mag_id=2

◇株式会社メディケアソリューション公式HP→http://www.medicaresolution.jp/

◇有料note「コーチ鯨岡の思考法

もっとみる

ツイてる人がやってる2つの言葉の使い方!ワンポイントレッスン★

ツイてる人は必ずと言っていいほど、ツイてる言霊の使い方をします!

逆に言うとツイてない人は無意識でツイてない言霊の使い方をしているみたいです。

それは人間が持つ無意識の習性に引っ張られている可能性大。

その「無意識の習性」を認識し、そこを意識的にツイてる言霊の使い方をするからツイてる人生になっていくと私はそう思っています!

●知らないと損する人間の無意識の習性とは?
●ツイてる人が必ずやっ

もっとみる

10/13 俺はツイてる

俺はツイている。今この時点で、自分の悪い点に気付けたからだ。
俺はツイている。まだまだ人生は20年近くあるからだ。
俺はとことんツイている。今から変えていけば、未来は明るいからだ。

俺は今、自分に対してまっすぐに挑もうとしている。なぜなら、これがきっと最後の機会だからだ。今までは、小賢しいことばっかり言ってまともな計画も練らず、テンション任せに愚痴を言いながら蠢くヒルでしかなかった。

だが気付

もっとみる

la la la 58. じぶんの"ラッキー”を再確認する(Byラム子)

こんにちは。なんとなく深いテーマが続いている気がするので、
今日はさっぱりいきたいと思っています。笑。
じぶんの”ラッキー”を再確認する。

このマガジンでは繰り返し、スピ言葉で言うと”引き寄せ”と”アファーメーション”のことをお伝えしています。
それで以前 ”引き寄せ” に関しても、いきなり大きいものをドンと引き寄せるのは難しいと伝えました。想念にも訓練が必要だという風に。
なお、世に出版されて

もっとみる

ツイてる人がずっとツイてて、ツイてない人がずっとツイてない真の理由

ツイてる人はずっとツイてるのに、なぜかツイてない人はずっとツイてない。

勉強して、神社に行って、掃除して、「ツイてるツイてる」ってつぶやいて…

いくら努力しても、なかなかツイてる人とツイてない人の差が埋まらないのは、「ある理由があるから」なんです。

この視点を一つ抑えておくだけで相当「ツイてる人」に一歩前進しますよ!

ぜひ、このワンポイントを押させておいてください!

今回ご紹介する「ある

もっとみる

運を掴む方法 決断力篇

人は日々、朝起きてから眠るまでの間に、

「今日は何を着ようか?」
「傘を持って家を出ようか?」
「何時に家を出ようか?」
「ごはんは何を食べようか?」

など、何かしらの意思決定を行っています。

特に、仕事上の決断は重要なものが多く、どちらにするべきなのか迷ってしまい決断に凄く時間がかかってしまったり、一人では決断できないという人もいるでしょう。

しかし決断をする際に大切なこと

もっとみる

NO,1960「長期的にツイてる人の共通点【負け癖】」

今日の早朝5:00ぐらい…

モシャモシャして

某コンビニへ
アイスとコーヒーを
買いに行ったんですよね。

その時
ホットコーヒーのボタンを
押し間違えて

アイスのコーヒーのボタンを押した結果…

異様に少ないw

自分が悪いってわかってるけど…

念のために店員さんに相談してみた。

立花「すいません、間違ってボタン押しちゃって…もうダメですよね?汗」

店員さん「あっ!大丈夫です。取り替

もっとみる

ツイてる人の一日

今回も、いつもと違う切り口で記事を書いてみたのでここだけでしか見れない限定バージョンのnoteをお楽しみください。

さて、以前こんなコンテンツを出しましたが、もうチェックはしていただけましたでしょうか?

え?

ちょっと、奥さんまだ買ってないの?
まだなら急いで買うように!!

月刊フリーライフでは、最新月の全ての記事(特集マガジンを除く)が月額1500円で読めます。毎月500円以上の記事

もっとみる