アスンシオンの夏のような春。

予定よりも早くパラグアイへやって来た。ティルカラの天気が向こう1週間は崩れるというので、行き先を入れ替えたのだ。どこからも遠いこの国へは夜行バスを乗り継いで来ようかどうか最後まで迷ったが、距離のことを考えてみればこれほど近くに来ることもなかなかない。

フフイでの宿のオーナーはなかなかのキャラクターで、スクレからの仲間たちが去っていった翌日、空になったホステルで夜気に打たれているとちょいちょい顔を

もっとみる

出発前日の事故

アスンシオン市街から少し外れたところにあるバスターミナル。
パラグアイから1週間のアルゼンチン旅行に行こうと思いたちチケットを買いに来たのである。ブエノスアイレスまで行き、戻ってくる道中にロサリオでチェ・ゲバラの生家を訪ねようと思ったのだ。

チケットは約1万2千円。
学生バックパッカーとしては大きな出費だなぁと思いながらバスに乗り込む。パラグアイのバスは完全停車しない。スピードを徐々に緩めるが常

もっとみる
モチベーションが10アップしました!
1

パラグアイの日本人学校

ナタリア先生と待ち合わせし、学校に向かう。
20分ほどバスに揺られ学校に着く。

この学校は当初パラグアイにいる日本人を対象に開かれた学校だが、今は日系人の家庭だけでなく現地人の子どもたちも入学できるようにしているらしい。僕は今日ここで体育の授業と日本のことについての授業をすることになった。ナタリア先生は小学3年生のクラスを受け持っているようなので、僕は彼らと授業をすることになった。

ナタリア先

もっとみる
励みになります!
1

カウチサーフィング

カウチサーフィン=気の向くままソファを転々とする

このサービスは家の空き部屋に泊まってもいいよという登録者とローカルな家に泊まりたいというユーザーをマッチングさせるサイトである。
ボリビアで出会った日本人カップルに教えてもらい早速アカウントを作成してみた。

思っていた以上に泊めたい人も泊まりたい人も登録している!
受け入れるホスト側は世界中におり、各国を旅している旅行者が希望するホストにサイト

もっとみる
励みになります!

灼熱のパラグアイ

天気予報によると今日の外気温は40度。
暑い、暑すぎる、、、

2009年2月、僕はパラグアイの首都アスンシオンにいた。
日差しは今まで体験したことがないような強さで、肌がチクチクする。
夜でも気温は下がらない。30度を超えている。
安宿にはクーラーがついていないので窓を開け、扇風機をまわしてみるが体感温度はまったく下がらない、、、
一糸まとわず全裸で寝たのは後にも先にもパラグアイだけである。

もっとみる
これからも頑張ります!
1

9/10  もし日本が強くなったのだとすれば

サッカー日本代表、パラグアイ戦。

堂安、久保、冨安はじめ、若い世代の台頭がここまで目覚ましいのは頼もしい限りで勝利を喜んだが、心に澱のように残っていた気持ちのモヤモヤがあった。

そのモヤモヤを文章にして下さった方がいたのでご紹介したい。

事件は前半46分に起きた

前半アディショナルタイムに突入した46分。中島は左サイドにポッカリ空いたスペースでリフティングドリブルを披露した(披露したと言っ

もっとみる
ありがとうございます!今日の更新も頑張ります!
5

Airbnbで不運にもモンスターハウスを引き当ててしまったようで。

【閲覧注意】このお話には、害虫の話や写真が含まれています。苦手な方は注意してください。

Airbnb。今や世界中でスタンダードになりつつあるサンフランシスコ発の民泊サービスを、海外に旅行するときに使っている人も多いのではないだろうか。
旅行中の宿泊先はホステルのドミトリールームばっかりのわたしも、マラソン前はAirbnbを高頻度で利用したりしている。しっかりとした晩ごはんを食べて21時前には就寝

もっとみる
わざわざ目を通していただいてありがとうございます!
9

カタールvs.パラグアイ

フォーメーション

0〜15分

前半開始早々にキーパーのミスからのコーナーキックの流れでPKを与えてしまい、失点してしまったカタール。ですがこの15分間は決して悪くないです。
カタールは相手の4-2-3-1に対して4-3-3でビルドアップ。DFラインが数的優位になります。

一方パラグアイは相手CBのサルマンにボールが渡るとカルドソが左サイドに誘導。アルラウィへのパスを促します。パスの移動時間に

もっとみる

3年前の夏を思い出しながら

今、大学の後輩たちがパラグアイに行っています。

3年前のちょうど今日、僕も初めてパラグアイに行きました。
それから毎年夏はパラグアイに行き、大学のプログラムで後輩たちをお手伝いしていました。

それが今年は初めて日本で留守番。
彼らのパラグアイからの投稿を日本でただ眺めているだけという初めての状況にソワソワしています。笑
何より後輩たちの楽しそうな写真を見ながら、俺も最初にパラグアイに行った時は

もっとみる
めちゃめちゃ嬉しいです!ありがとうございます^^
1

【南米での3ヶ月】僕が海外にこだわる理由

僕は海外にいることにこだわります。

ただ行くというのではなくて、現地の人の家に住んでなるべく多くの時間を一緒に過ごしたい。同じ時間があれば多くの国を回ることよりも、一つ国で暮らすことに使いたい。

日常生活という点では、日本にいるのが一番居心地が良いです。わざわざそこから離れて生活するのは不便だし嫌なこともたくさんあります。実際、アメリカの大学で過ごした最初の一年は、僕が生きてきた中でもっともモ

もっとみる