私、ヲタク先生。【17】

最近猛暑日が続きますが、皆様は暑さ対策は十分でしょうか?

 私は、そこそこ元気です。と、言いつつも、私のつぶやきをご覧の方々は異変に気づかれたかなと思います。

 私の決断にNOを突きつけたのは父親でした。

 私が相談しなかったのも仕方ありませんが、父親は

「夢を追いかけるなら、俺が与えたものを返せ」

 といいました。

 物としては3つ、そして追加の1つがありました。

 ・パソコン

もっとみる

第9巻

この巻は全体の中では幕間的なニュアンスをもつ。一年生のお終いから二年生へと移り変わる時期。ライバルである橘英雄の凄さとヒール・広田の存在感を前半で強調。途中から主舞台の千川と比呂に話を戻している。あだち充は目先を変えて力を抜くのが上手い。
前のめりの展開にしたい時は主人公一辺倒にするといい。同じ高校野球漫画のちばあきお『プレイボール』と比較すると分かりやすい。

第6話 おそい!
比呂と春華のデー

もっとみる

第8巻

栄京学園+広田が千川+比呂と明和第一+英雄の間に影を落とす。二つの学校がふれあおうとすると邪魔し立ちはだかっていく。恋敵のようである。
実際ライバルの話を描くときは恋の話を作るつもりで描くといい。くっついたり離れたり、振り向いたりよそを向いたり邪魔が入ったり…そして最後に結ばれる。ライバルと恋人は行為としてはほぼ同じだ。

第3話 三球100円でどうだ?
英雄の知り合いの中学生・佐川が比呂に「アン

もっとみる

第7巻

栄京学園・広田がヒールの本性を現して、野球漫画としての『H2』の前半の骨格があらわになる。栄京学園は巻の前半は明和第一、後半は千川を相手に大活躍。
また比呂も英京戦で本格デヴュー。
比呂の投球フォームは例えば上杉達也と変えている。上体の筋肉の柔らかさがハッキリ描かれている。素晴らしい筆力である。

第1話 悪いのはどっちだ?
漫画の舞台というのは、現代日本の話なら曖昧にすることが多い。特定の地域に

もっとみる

第17巻

第一話 四球でもいいか?(全18ページ)

この回は前半の白眉。栄京学園のエースで強打者・広田と主人公・比呂の真っ向勝負の場面だからである。あだちさんは非常にテクニカルなネーム構成をしている。
まず一ページ目(P5)は例によってタイトルページ。こういうオーソドックススタイルは好感持てる。作家としてのゆとりも感じる。全体は三幕構成として完璧。だがそれだけでなく起承転結としてみてもよくできている。また

もっとみる

なんでもアナリシス ネタバレあり  第二回『グリーンブック』

アカデミー賞作品賞、脚本賞、助演男優賞を受賞した映画をダメってのもあれだが…どうもこうもピンとこない作品だった。悪くないけど…。スパイクー・リーが激怒したように「白人が黒人を助けなきゃいけないのか」という怒り方をするわけではないけど…。
まぁアカデミーは「はぁ?」って作品もよく選ぶので作品賞ならこれでいいかも知れない。脚本にはいろいろひっかかる。その「?」をアナリシスした。

「?」の1 ドクは何

もっとみる

なんでもアナリシス ネタバレあり  第一回『スパイダーマン:スパイダーバース 』

アナリシスってのは分析という意味です。
ボクは専門学校でもアナリシスという講座を持っていて、そこでは学生が互いの作品を分析し合ます。忌憚ない意見を言い合うことで批評されることに耐性をつけ、批評眼を持つことで自分の作品のレベルを上げるのです。
ここでは少し違うことをします。ボクがいろんなものを分析して意見をいいます。当然「その読みは甘いな」みたいな批判の目を向けられたりするでしょうが、まぁそれも込み

もっとみる

フランスからマンガの専門学校について考える3

そういうわけで帰国しましたが、この講座を受け持ったのはボクにとっても勉強になりました。それも大変に。
ボクは日本の漫画の専門学校では通常ないような授業をやっている自信があります。

例えば「アナリシス」。チームに分かれて担当した作品を褒め、相手の作品の悪いところをあげていくという授業。本心とは関係なく議論のために作品を見ていく必要があります。そう、アメリカなんかのディベートの手法を取り入れた講座で

もっとみる

フランスからマンガの専門学校について考える2

EIMAは三年制の学校ですが、遠くない先に四年制に移行したいらしいです。何故か。
漫画の修行期間として三年は短すぎるから、という理由だそうです。
この学校では二年まではペンの遣い方、漫画の歴史知識、それも含めて日本美術史などを勉強して、本格的に作品をこしらえて売り込むのは三年生になってから…という方針だそうです。
ボクはこれを聞いて何度も思い返して、そのたびに胸が詰まるような思いを感じるのです。大

もっとみる

フランスからマンガの専門学校について考える1

前回の更新から間が空いてしまいました。
前回触れていたEIMAに、実は講師として来ています。
全8日間の日程。
EIMA…… Ecole Internationale du Manga et de l'Animationはフランス南西部トゥールーズという都市のほぼ真ん中にあります。
トゥールーズは国内4番目か5番目の街。スペインへの巡礼路サンチャゴデコンポステーラのフランス側最後の大きな街です。こ

もっとみる