あなたにとってユーザーとは?#001 阿部愛さん(600株式会社 執行役員)

インタビューを始めたきっかけ

2019年4月。Misocaのエンジニアが仕事中に説明するためにちょっと書いた「ユーザー」というイラストがあまりにもかわいいので、MisocaのデザイナーがTシャツにしました。そしてそれを着て「この服を着ていると会社で一番えらい人になれる」というキャプションと共にツイートしたら、ちょっとだけバズりました。

「やっぱりみんな、ユーザーのために仕事をしているんだなあ…

もっとみる

ユーザーインタビューの際に参考にすると良いかもしれないもの達

実際に事業を立ち上げる時にユーザーインタビューなどすると思うのですが

意外とむずかしいな〜と思ったので、参考にしているサイト、本をまとめておきます。 

参考になるサイトたち

(↓個人的に一番参考になるスライド。FRIL立ち上げ時のインタビューの様子など)

参考になる本たち

UXリサーチの道具箱

https://amzn.to/2ESDnZv

ユーザーインタビューを始めよう

http

もっとみる

「今、○○について世の中でどう思われてるか」を簡単に知る方法

なにか企画を考える時に、いま、世の中では○○をどう思っているのか、という現状を知ることは有用です。
単なる思いつきではなくて、「いま、世の中では○○はこのように受け止められているので、これを提案します」という企画の背景があると、説得力が増します。

アンケート調査や事例の視察、ヒアリングなど、情報を得る手段は色々ありますが、サクッと企画のヒントが手にいれたい時にはこんな方法もあります。

①検索ボ

もっとみる

「優しい沈黙」と「厳しい沈黙」のデザイン考

ユーザーリサーチの本を読んでいたら、インタビューの「沈黙」について触れられていた。

沈黙は大事だ。沈黙が沈黙じゃない時間をつれてくる。沈黙は対人心理的にもいろいろな色があり、人との関わりに影響する(といろいろな機会で習ったつもりだ)。

これもデザインと呼ぶべきか知らないが、何かしらその成果を作っていく機会があるなら、意識したい。

沈黙はメッセージ

沈黙はメッセージになる。”沈黙は会話“と書

もっとみる

知っておきたい「認知的バイアス講座」 【フレーミング効果】*007*

デザインやマーケティングに役立つ認知的バイアスを紹介していきます。

フレーミング効果

質問や問題の提示の仕方によって、意思決定が変わってしまうこと。選択肢が複数ある時、人は絶対的な評価ではなく相対的な評価を元に判断をする。

モノゴトの「どこを切り取るか」(どう表現するか)によって人の判断や印象は操作されてしまう。

例えば、栄養ドリンクの成分表示が

A:タウリン2g配合
B:タウリン200

もっとみる

知っておきたい「認知的バイアス講座」 【透明性の錯覚】*006*

デザインやマーケティングに役立つ認知的バイアスを紹介していきます。

透明性の錯覚

自分の考えや感情が、実際以上に他者に伝わっていると思ってしまうこと

スピーチや自己紹介で緊張していても、「緊張していないように見えた」など声をかけられたことがある人も多いはず。

つまり、想像以上に緊張する必要も「(自分の状態が伝わって相手に)こう思われているんじゃないか」と気を使う必要はないのだ。

もっとみる

知っておきたい「認知的バイアス講座」 【ネガティビティ・バイアス】*005*

デザインやマーケティングに役立つ認知的バイアスを紹介していきます。

ネガティビティ・バイアス

ネガティブな体験や記憶は過剰に反応しやすく、より残りやすい。

例えば、子供の頃の嫌な記憶(怪我をしたなど)にくらべ、楽しかった体験や嬉しかった記憶は残りづらい。

ポジティブな情報よりネガティブな情報の方が評価される傾向がある。これは人間の生存本能に基づいている(リスクの回避)と言われている。

もっとみる
ありがとーーーーーーーーーーーーーーーーございます!
18

知っておきたい「認知的バイアス講座」 【確証バイアス】*004*

デザインやマーケティングに役立つ認知的バイアスを紹介していきます。

確証バイアス

自分にとって都合の良い情報や意見を取り入れ、それ以外は排除してしまう働き。

いくつかの認知的バイアスの総称として使われ、ゼンメルワイス効果にも似ている。

例えば、ある子供と親が交通事故で怪我をした。病院に運ばれ医師が手術しようとしたが、医師はこう言った。
「私は手術できない、これは私の息子だからだ」

もっとみる

知っておきたい「認知的バイアス講座」 【注意バイアス】*003*

デザインやマーケティングに役立つ認知的バイアスを紹介していきます。

注意バイアス

何かについて繰り返し考えている状態が続くと知覚に影響がでること。ポジティブなことにもネガティブなことにも働き、代替手段を考えなくなる可能性が高まる。

カラーバス効果(赤色を意識していると赤色ばかりが目に入る)にも似ているが、注意バイアスの特徴の1つは「代替手段」を考えなくなること。

例えば年に数回しか着ないス

もっとみる

知っておきたい「認知的バイアス講座」 【行為者ー観察者バイアス】*002*

デザインやマーケティングに役立つ認知的バイアスを紹介していきます。

行為者ー観察者バイアス

自分の行動原因は「状況」や「出来事」のせいにしてしまう。反対に他者の行動原因は「性格」や「能力」が原因だと考えてしまうこと。

例えば、営業マンの自分が仕事を受注できないのは「世の中が不景気だからだ」と状況が原因だと思う。反対に同僚が受注できない場合、「あいつは仕事ができないから」「気が弱いから」と性格

もっとみる