ラテラルシンキング

視野が広がる京大式思考法

こんにちは!森井です。

今日は、

視野を広げる思考の仕方について。

タイトルに京大式とありますが、

別に京大で学んだとかいうわけではありません。
(見映え重視です笑)

あなたの周りには、

『この人、アタマかたいな~』

なんて思っちゃうような人はいないでしょうか?

うんうん。

いますよね。

逆らってみても生産性がないし、

あんまり関わりたくないですよね。

でも、

ちょっと待

もっとみる

ラテラルシンキングなお天気話

ここ最近、急に暑さがぶり返し、ちょっと文句が口をつきそう…!な時、思い出すエピソードが。

まだ夏の盛りの、最も暑さの厳しい時期のこと。高層ビルのエレベーターで、営業職の男性二人と乗り合わせました。

二人は先輩後輩の間柄らしく、後輩の方は、まだその仕事には不慣れな様子。
エレベーターに乗り込むなり、毎日大変だとグチをこぼし始めたからです。

特に暑さが苦手らしく、こんな気候じゃ外回りなんてやって

もっとみる

終わりが始まり、っていう話

人生初。やりたいと思っていたイベントを本日開催。自宅に戻り、お礼や感謝を伝えるメッセージを書いていた時です。
「終わりが始まり」というハイヤーセルフからのメッセージ。

イベント開催は私にとって、新たなスタートだったということです。イベント主催がゴールではなくその先がある。そこが何かまだきちんと見えてはいないけれど。「拡張」です。枝葉がどんどん伸びていく。どんどん拡がっていく。人の輪やビジネスの輪

もっとみる

昨日と同じ事をするな!

ラテラルシンキングとは水平方向に考える事で、AIなどが台頭してくるこれからの時代欠かせない思考法だ。

例えば、新しい物事を組み合わせて、新しいビジネスモデルを考える、ビジネスの不利な点を逆手に取って広告キャンペーンを行うなど、ロジカルシンキングの垂直方向に加えてあらたな見地から付加価値を持たせる事が出来るようになる。

どのようにすればラテラルシンキングが出来るのか?

1. 本質や可能性を考え

もっとみる

ロジカルシンキングだけでは金脈を掘り当てられない。

ロジカルシンキングは垂直思考とも呼ばれます。
既成概念を基に筋道を立てて深く掘り下げて考える方法とされています。
つまり、「あ、ここに金脈がありそうだ。」と掘る地点を決め、その点をドリルで深く掘っていくイメージです。

一方、ラテラルシンキングというものがあります。
ラテラルシンキングは、和訳すると水平思考という意味で、1967年にエドワード・デボノが提唱した思考法です。
既成概念や固定観念を取り

もっとみる

枠を外す~スランプと、フィレンツェの大聖堂と

まいったな。

 何も思いつかない。

 今日こそnoteに穴を開けてしまう。そう思った日は、今までにも何回かあった。

 でも、ここまで何もひねり出せない日、というのはあっただろうか。

 底の底で、泥のようにへばっているイメージ。

 空っぽの井戸をひっかいているような。

 電池切れ、とでも言おうか。

 さて、どうやったら回復、あるいは充電できるのでしょうか。

 

 これまでやってきた

もっとみる

新卒がラテラルシンキングについて読んで思ったこと

今回は僕は「ラテラルシンキング」についての本を読んでみました。

図書館を歩いていて、なんとなく気になったというだけの理由で読み始めてます。

※本紹介してますが、特にアフィリエイトとかでもなく、表紙見えた方がイメージがわくかなーくらいの気持ちで載せてますw

ラテラルシンキングとは

新卒研修で「ロジカルシンキング」の話ってされますよね。でも、ラテラルシンキングの話ってそんなにされなくないですか

もっとみる

【#読書記録】ずるい考え方 カタい頭が柔らかくなる発想トレーニング

○たまには読書。

Chan-Cです。最近は仕事、ゲーム、私生活に繋がれば良いなと思い、少し本を読む時間を作っています。

本は漫画も含めてます。ビックコミックスピリッツが良い。アオアシ、リボーンの棋士とか是非読んでもらいたい。

色々な人の考え方を知ろうと思い、今回はこの本を読みました。

読書記録なので、いつものメモに一言加えた備忘録的なものです。

○多長根

対戦や趣味などで色々noteを

もっとみる

ラテラルシンキング編

普通題名には「○○~○○編~」というような書き方をすると思いますが、
実際に○○編!と言うだけだと「本題は何?」と思わせることができますよね。何なのだろうと疑問に持つ人と、この考え方に興味がある人向けのお話をします。

主観的な見方 と 客観的な見方

というのはどの様な見方なのでしょうか?簡単に言えば…
自分から見た物事などが主観的であり
その物ごとを他の視点から見るのが客観的
漢字のままですね

もっとみる
ありがとうございます!あなたの記事も見に行きます!フォローもお気軽に!
4

雨の日の出来事 の答え

『私』は雨の日に理不尽な出来事にであった。

『私』に傘をさしかけてきた男は、言いづらそうにしていたが、理不尽な要求をしてきたのだ。

……突然現れた女は、男と同じことを私に強要してきたのだった。 しかも、男よりも強硬に。

その女はその男の家族ではない。
いったい、どういうことなのだろう?















答え

その男は、『私』の母の再婚相手候補であった。

幼い『

もっとみる