ルパン三世 謎の女・峰不二子

「謎の女・峰不二子」というキャラ設定は、男女の距離が今よりずっと遠かった時代、はっきりとした壁があった時代、その壁や距離のために男性から見た女性が不可解であった時代のイメージを象徴しているなと思う。

不二子が謎の女なのは、女性の地位が今よりもずっと低く社会の一員として組み込まれていなかった時代の名残りであって、実際には女性に謎などはない。男性から見たら謎なだけであって、同じ女からしたら謎でもなん

もっとみる

ルパン三世 PART5 少女アミ

「男ってのはな、敵が必要なのさ。超えるべき敵、許せない敵。ライバル。友人。親、女。」

現代版ハードボイルドは、いわゆるハードボイルドと違って、戦う相手、敵の存在が不透明な現代において、心の問題に置き換えて語られている

明確な敵、圧倒的な悪や悪役を描き切れない、戦争や冷戦時代と違って悪が見えにくい、リアリティを持って対立しにくい時代。

民主主義という名の下に家畜のように飼い慣らされてしまった時

もっとみる

ルパン三世 PART5 メタの構造

パート5は全編を通して、ルパンが闇から光に向かって解放されていくのがよく描かれています

初回で海底のツインタワーに潜る所から始まる
思いっきり沈んで
最終回は塔の上でハッピーエンディング&ウェディング
思いっきり上昇している

初回の海底の塔の最地下から、最終回の地上の塔の最上階へ
最も低い所から最も高い所へ、マイナスからプラスヘ

ルパンの感情のふり幅そのもの
それぞれのシーンにちゃんと意味が

もっとみる

ルパン三世という男と峰不二子という女

ルパンと不二子。

かれらは恋以前に、お互いに一流の悪党としての存在を認め合っていた。
尊敬、尊重し合っていた。
だからこそつながりあっていたし、愛し合ってもいたのだと思う。

恋、愛の本性は、私にとっては尊敬と尊重だ。
私はグルーピーだったが、その原点にはもちろん常に尊敬があり、魂をもっていかれるほどの恋、あるいは友情に関しては、かならず相手へのそれがあった。魂へのそれが。
そしてそ

もっとみる

ルパン三世 PART5 ルパンの声とルパンの孤独

「その名前、誰から聞いた?」

短い沈黙の後クリカンの声が一瞬裏返る
声のトーンが変わる

不二子の名前を出されて言葉に詰まったルパン
動揺したのがわかる

ミスのような声の裏返りは
声優出身の人ならしないはず

パート5のクリカンは名シーンてんこ盛り
プロの声優じゃないから物凄く時間かかったけども
その不安定さから何が出て来るかわからない新鮮な演技が生まれてる

それは即興性や意外性をポリシーと

もっとみる

プロットなくてもキャラが動くか

少し前に亡くなられたモンキー・パンチ先生が、だいぶ前にテレビ出演されたときのこと。「ルパン三世」はこれからどうなっていくんですかという質問に、大胆にも「わかりません」と答えていました。
「ぼくにもわからないんです。というのは、ルパンたちが勝手に動き出すんですよ」
当時まだろくに小説も書けていなかったわたしは、「ああ、こういう人こそ漫画家なんだなあ」と思ったものでした。

だまされちゃいけないぜ!

もっとみる

オバハンの着ぐるみを着た小学生男子と言われた私の笑かす日常エピソード17「ルパン三世」

昭和50年代の子供のころから
「ルパン三世」大好きです。

 ルパン三世のオープニングを聴くと
ドキドキして自分もルパン一味の様な
錯覚に陥ります。

 え?!
 ええ歳こいて、こんなの私だけっ?

 子供の頃、

大きくなったら、
次元や五右衛門みたいな
スゴい仲間を見つけて
私もルパン三世みたいになるんや!

と決意したアホは私です。

もっとみる

ルパン三世 「カリオストロの城」Ⅲ 君たちはどう生きるか

結局ルパンが伯爵に勝てなかったからクラリスを人質に奪われたし、指輪も奪われ、クラリスも落下した。

負けるというのはそういうことで、すべてを相手に奪われ、大事なものが危険に晒される。時には命も奪われる。

日本は戦争に負けて一度経験している。戦前生まれのパンチ先生はそれを知っている。だから何としてでも勝たなきゃいけない。大事なものを守るために。ルパンはそういう世界に生きている。

でもその伯爵の強

もっとみる

ルパン三世 「カリオストロの城」Ⅱ 恋したルパン

カリオストロ伯爵に勝てなかったのにこの映画が最後爽快感に溢れているのは、元々ルパンはクラリスのことしか考えておらず、勝負することが目的じゃないから。

クラリスを救えれば、伯爵に負けようが、城が湖に沈もうが、カリオストロの宝が持ち運べない遺跡だろうが、後はどうでもいいわけで、最初から最後までお姫様奪還作戦で貫かれている。

10年前に撤退してそのリベンジで城に向かったのに、結局また負けたのに、頭の

もっとみる