三流

120%の準備で臨む

負けたくないライバルがいる。

ライバルの存在が自分を高めてくれますね。

そういう切磋琢磨できる存在であっても、負けるのはいやですね。

同じくらいの力を持つ相手と戦う場合、ミスをしない方が勝ちます。

じゃあ。ミスをしないためにはどうすればいいのか。

準備にどこまでこだわれるかです。

準備に力を入れれば、様々なアクシデントに対応できミスが減ります。

シアトル・マリナーズで活躍したイチロー

もっとみる

超一流は、相手に、逃げ道だらけを残す。(Like a area)
一流は、相手に、逃げ道を、残す。(Root)
二流は、相手に、逃げ道を、残さない。(Block)
三流は、相手の思考さえ、奪う。(Mind hack)

三流は無視、二流は賞賛、一流は非難。

みなさん、お疲れ様です!

久しぶりの投稿でございます😎

みなさんはどんな10連休を過ごしましたでしょうか??🤔私は10連休中も実況をさせていただき、充実したゴールデンウィークを過ごさせていただきました😎

これまで野球実況を、計8試合させていただきました。

ここまでの感想はと言うと、、、もちろん課題だらけではありますが、周りの方々のおかげで、最高に楽しい仕事をさせていただいています!!

もっとみる
ありがとうございます😊気軽にコメントやご意見ください😊
3

偉そうな人は二流以下

超一流の、自分の磨き方
という本で読んだフレーズに
共感したのでここで
シェアしていきたいと思います!

自分の年下や立場的に
目下の人に対して、
横柄な態度を取る人は
どんなに仕事が出来ても、
人間としては三流である。

一流の人は、人をみて
考えを学んでいるのではなくて
人がどんなことを言っているのか
という内容を聞いている。
そのためいつどんな時も
学んでいる。
子供からも考えの視点や発想を

もっとみる

【仕事とは】

三流=仕事が嫌い、なので生活のため

二流=仕事が好き、それはいいこと

一流=仕事と遊びは同じ、無意識

こういう考え方は一流を目指すようによき意味で計られている

だが、私は人はどれも全部あり、状況によって変わると思うのですがが皆さんは?

自意識過剰女の広報活動

広報歴2年ちょっと。

現在の職場に転職したタイミングで、「社内初の広報担当」というポジションに就くことになった。「プレスリリースってどう書くの?」からのスタートだった。

セミナーの受講などには会社は寛容で(ありがたい)、そうしたイベントや本を通じて、ハウツー的なものは身に着いた気がする。あくまで「的なもの」だけど。

転職の動機が「趣味に充てる時間が欲しい」だったものだから、「心血注いだ広報活

もっとみる