中国株

三一重工(Sany Heavy Industry)の2019年Q1決算を読み解く~コマツやキャタピラーは価格競争できるか?~

今回は三一重工(Sany Heavy Industry)の決算をみていきます。

三一重工は中国を代表する建機メーカーです。

その規模は世界6位クラス

世界最大手のキャタピラーや日本のコマツなどと比べればまだ小さい規模ですが、近年、非常に勢いよく成長しています。

今回はコマツやキャタピラーのライバルに浮上してきている三一重工についてみていきます。

まずは三一重工の説明から始めます。

三一

もっとみる

テンセントの2019年Q2決算を読み解く~中国人の購買力に翳りあり~

今回はテンセントの決算をみていきます。

テンセントは、いわずと知れた中国ネット業界の巨人です。

同社は日本のLINEにあたるメッセンジャーアプリWechat/Weixinを中国で展開し、その利用者数は中国人の成人人口とほぼ等しい数字となっています。

また、テンセントは中国最大のゲーム配信企業であるとともに、世界最大のゲーム関連企業でもあります。※1

※1・・・Unreal EngineのE

もっとみる

中国貿易統計2019年6月を読む

今回は昨日発表されたばかりの中国の2019年6月貿易統計をみていきます。

中国の統計はとかく嘘が多いと言われますが、貿易統計だけは相手国との辻褄があわないといけませんから、嘘をつけません。

そんなわけで、中国の統計の中では極めて信頼性の高い統計となっています。

また、速報性が高いことも重要なポイントです。

そんな中国の貿易統計を今回は見ていきます。

とりあえず、概況をみていきましょう。

もっとみる

気になる銘柄1

今回は、個人的に気になっている銘柄を紹介していきます。

今回は3銘柄です。

なお、この記事は投資をお勧めするものではありません。

また、いつもの記事に比べると非常に短いです。

あくまでも、ここもとの動きをもとに興味のある銘柄を紹介するというだけの記事ですので、そこの辺りをご理解の上でごらんください。

もっとみる

ライトに返信。もとい変身

タイトルに意味はない。今日は早く寝るのでクイックにお返事しようと思った。細かい不調の内容には触れないwしかし、いろいろと抱えているなーと思ったのでまた近々駄弁りたいものです。

最近のお気に入りの小説やら映画。うーむ、じつはあまり触れられてないのだが、気になっているのは3月のイーストウッド新作映画。主演だが、年齢的におそらくラストになるだろう。麻薬の運び屋(実話)の話らしい。もうすぐ公開。

小説

もっとみる

ほぼギャンブル?中国新興EVメーカーの行方

基本的にはJNJなどの米国高配当株を中心に投資していますが、それだけでは面白みがなく、もしかするとワンチャンある様なギャンブルっぽい銘柄に投資したくなる時があります。これは資産運用と言うよりも単純に趣味の領域で、宝くじを買う様な感覚です。このような感覚で少し面白い銘柄を見つけたので少額ですが投資してみました。

正道集団(ハイブリッド・キネティック・グループ)

それが、中国のEVメーカーである正

もっとみる

レカム株式会社

どうも。

爆益レカマーの私です(^ω^)

面白そうな会社やんけとレカムの株を買い、ストップ高とストップ安の両方を経験。

私が売るとめっちゃ上がり。
買うとめっちゃ下がる。

なんやねん…とほぼ放置。

で!インド進出決まったそうで(^ω^)

1000株だけなんすけどね…持ってるの。

でも株のマジで恐ろしいのは、ぜってー上がるやろの時に

マジクソ下がったりする。

淡々と毎月買い増しでき

もっとみる

新フォーカスリストのご紹介(2018/7/17)

投資カービィです。新フォーカスリストを紹介します。このnoteは850円ですが、マガジン(1,500円)を購読すると50の記事が読めます。

もっとみる

タイ投資とは | 旅で稼ぐ | 視点を変えろ

東南アジアで出遅れ鮮明 タイ株、「日本化」に懸念 : 参考記事

タイの経済は堅調に推移していて、実質国内総生産(GDP)も毎年3%程度成長。現在の日本の実質GDP成長率が0.5%

バンコクやプーケットのチェンマイなど観光地として人気のタイですが、投資の対象としてはどうでしょうか?私は去年今年と、何度もこの地を訪れましたが、実際に見て思うのは、

すっごく都会ということです。

えらいざっく

もっとみる

一つの保有銘柄の保有金額を決める 下回れば購入 上回れば売却 #中国株