丹波篠山

イベント行って、イベントしたくなる

昨日の続きでお泊りした時の話

台風がきて予定がキャンセルなって書いてます

どうもゴエです

一日目の夜に温泉に行ってまったりしつつ米田さんって主催者と1時間ほど湯船につかりながら

「自分でイベントしたいんですけどどうしたらいいですか?」

と相談してみた時の話

というのも、最近いろいろな講演とかイベントに参加してきたけど

最近読んだ中原淳さんの「大人の学びの教科書」でも書かれていた

もっとみる

新たな出会い、新たな学び

夏休みだ~前期が終わりほっとしております

どうもゴエです

盆に入る前に帰ってきました丹波です。

大学生になり出会いが増えたと感じていたが、帰省した丹波篠山で多くの出会いに恵まれるとは。

一泊二日の夏休み企画。初めて会う人たちと古民家にて。僕の周りには社会人のバリバリ働いている人たちが。

ひとりポツンと学生が。周りの4人は大人も大人である。

採用担当、経理に総務まで。色々な僕の知らない仕

もっとみる

米田のことをざっくり知りたいあなたに!vol.42

こんにちは!

ほぼ毎日ZEROZIBAハウスや

オンラインで人の人生の振り返りをしています。

先日は、丹波篠山市の地域おこし協力隊の

岩崎君が遊びに来てくれました。

人生の振り返りをしていると、

みんな色々な過去を持って生きていることを知ります。

周りの目や同世代に対する焦りの中で生きています。

僕たちは生きていたらやらなければならないことが迫って来ます。

<中学・高校なら>

もっとみる

『誰かに遠慮してしまう優しい人』が自分らしく生きるための情報発信。vol.41

イベントに参加して気づいたことを

実践に活かそう!ってなことで

米田くんの自己理解シリーズを進めていきまーす!

SNSマスターになりたーい!!

ゆうこすさんのアドバイスを実践。

お題はこちらです。

自分がどんな人間なのかを発信して共感をしてもらう。

私ぶりっ子なんです。小中高までぶりっ子として生きてきたんです。
ぶりっ子って【人にモテること=人に喜んでもらう。】ことなんですよ。
アイ

もっとみる

ゆうこすさんの『SNSの数だけ夢がある。』に参加して来た@神戸学校vol.40

ゆうこすさんの『SNSの数だけ夢がある。』に参加して来た@神戸学校

右下に目をつぶっているおこめこと米田麻人です。

ゆうこすさんが登壇するイベントに参加して来たので、

学びをまとめておきます。☺️

神戸学校とは?

神戸学校は1995年の阪神淡路大震災をきっかけにスタート。 「崩壊した建造物の修復はできない我々にも、人々の心の復興につながるようなことならできるかもしれない。」そう考え、神戸

もっとみる

どうせ生きるなら自分を幸せに。わがままに。vol.39

こんにちは。丹波篠山のおこめこと米田麻人です。

これからもイベント、セミナー、交流会を開催していきますので、

興味がある方はご連絡ください。

優先的にご案内を送らせていただきます。

mail: yoneda@zeroziba.com

上記の写真は、

管理・運営させて頂いている古民家ゲストハウスやなぎです。

1名から最大15名まで対応が可能です。☺️

ぜひゼミや集団での旅行など、利用

もっとみる

ありがとうからはじめてみる。vol.38

こんにちは!

丹波篠山のおこめこと米田麻人です。

本日は早くも3回目の『生き方』講座

最近もたくさんの若者がZEROZIBAハウスに集まってくれています。

そんなZEROZIBAハウスで実施している

ワークショップの中身を少し公開しちゃいます。

時間がない人にはこの3つ!

・『すみません』を『ありがとう』に変換する。
・手伝うことは経験をすること。
・認められたい人から認める人に。

もっとみる

人生初体験!!田植えをやってみた。vol.37

書きたいことが現実世界に起こりすぎて。

パンクしているおこめです。

最近は、自己理解が進み、自分自身の体調管理やスケジュール管理が

少しずつですが、うまくなってきてご機嫌です。

気づいたら、夢に見ていたZEROZIBAのコンセプトである

『未知のエネルギーの集積場』という名の通りに、

若者たちのモヤモヤや熱意が集まりつつあります。

田植えイベントに参加

今回は丹波市市島町ではじめ米

もっとみる

ZEROZIBAハウスでお話ししている『生き方』の話vol.36

昨日はいいねをいただき、
承認欲求が満たされているおこめこと米田です。

明日は雨の予報ですが、田植え体験と我が家で
社会教育についてディスカッションをしようと企んでおります。

楽しみです。(● ˃̶͈̀ロ˂̶͈́)੭ꠥ⁾⁾

今日も頭の中で最近気になっていることを少し共有します。

小学生の時に悲しい気持ちや苛立ちを感じた時に、

感情があるから僕は苦しんでいると思っていました。

その当時の

もっとみる