会田弘継

『「いいね!」戦争』を読む(10)ロシアの「荒らし工場」体験記

▼ウェブ戦略ではロシアが一歩先を行っている現状が『「いいね!」戦争』に書かれていた。キーワードは「4つのD」。

▼相変わらず、アマゾンのカスタマーレビューは0件のまま。2019年7月4日現在。

▼具体的には「荒らし(トロール)工場」というものをたくさんつくる。

プーチンを絶賛する青年運動組織「ナーシ」や、政府が焚(た)きつけた企業十数社が母体になり、デタラメをネット世界に蔓延させる、圧倒的な

もっとみる

ヘイトとウソと外国と(2)

▼前号では、フェイクニュースを広める人々は、あたかも「市場調査」のように、まずちょっと「ネット上に出す」、次に「自分たちのブログに載せる」、そして「動画配信サイトや地上波のテレビで拡散」という道筋を使うことに触れた。

その続き。

▼前号の内容は、フェイク拡散グループの「タテ」の動きだが、今号はその拡散がどう広がるのか、つまり「ヨコ」の動きに関する分析の一つだ。

▼アメリカの現代思想に造詣が深

もっとみる

日本の国民投票が「ボット」に蹂躙(じゅうりん)される件

▼前回の続きで書こうと思っていたことが、「中央公論」の2019年5月号でモロに書かれていたので、それを紹介したい。

前回のメモはこれ。

▼2014年の衆議院選挙で「ボット」が猛威を振るった件に、日本は鈍すぎるのではないか、と思ったのだが、青山学院大学教授の会田弘継氏がズバリ書いていた。見出しは、

〈サイバー戦争の脅威に無頓着な日本/ピント外れの「国民投票法」改正議論〉

会田氏はフェイクニュ

もっとみる