使い捨て

ビーズ編みのボトルポーチ レシピ【その③】

こんにちは。

試作で満足し、できるだけ値付けのジレンマを避けて通りたいウチダです。



といいますのも‥

数少ない作品でも、販売にあたっては原価計算というものをするのですが、

これがいつも、材料費以外の数字を出すと、胃の辺りがキュ~ッと締め付けられるんです。



ちなみに材料費以外の項目を羅列すると以下のようになります。

・材料を買うのにかかった交通費(ネット購入も良いが、実物を確認し
もっとみる

ある日

ズレた言葉は後になって身体を握ってくる
ムカつく上に腹立たしい
手先が落ち着かないで震えた自分は
奥へ奥へと決してどっかは行ってくれない
恥ずかしいって知っててネットや本やら
友人から色々といただく言葉で
自分をくすぐってあげては気色の悪い笑顔で
鏡を見直してってそんなことを
どうやら毎日繰り返してるらしい
自分が特別だと思うんだね
そりゃ特別だってね
手がビリビリしてきたよ
特別は特別良い意味じ

もっとみる

漫才の仕事依頼 ❶台本作成 ❷台本添削 ❸小噺作成 ❹小噺添削 ❺漫才相談 ❻漫才スタイルお悩み相談 ❼M-1グランプリ1回戦用台本作成企画 ❽漫才コラム執筆 ❾カバー漫才台本作成

●一生使える漫才台本を書きます。ストーリーとオチがしっかりとしている台本は,本当に一生使えます。「夢路いとし・喜味こいしさんのような漫才」「落語のような漫才」です。使い捨てのネタは作りません。

●漫才台本に完成はありません。わたしにとっても大切なネタですので,ご購入いただいた後も,何度でも手直しのご依頼をお受けいたします(永久無料のアフターケア)

●完成した台本は基本フリー台本として公開し,み

もっとみる
オチは落としたいタイプですが,落し物は拾いたいタイプです
4

M-1グランプリ1回戦を突破できるネタを3万円で書きます。1回戦を突破できなかった場合 ,1万円返金いたします。同じ条件で,昨年よりも一つ上に進出できるネタも書きます。一生使える漫才台本 。永久無料のアフターケア付。無事に突破できましたら,それ以降のネタは1本1万円。漫才をこよなく愛する方や「ボケとツッコミを固定する」という考え方を捨てられる方におすすめ

普段のお二人の会話をベースにして,2分でもストーリーがありオチが綺麗な一生使える漫才台本を書きます。

「今は,持ち時間が短いので奇抜なネタやキャラクター漫才やっているが,本当は,2分でも正統派しゃべくり漫才がしたい」と思っている方におすすめです。奇抜なネタをするコンビが増えれば増えるほど,2分でも「正統派で本当にいいネタ」で勝負するほうがむしろ目立ちます。この2分のネタにアドリブを入れれば,2回

もっとみる
「落ちましたよ」と声をかけてください。財布を落としたときは特に
5

イメージしたデザインの服を出力する3Dプリンタができたら

ファストファッションは、人件費の安い国の、劣悪な環境下での搾取的労働に支えられて成立していることを告発するドキュメンタリーを数年前に見たことがある。
この問題を解決するには、人間が物を製造する労働自体から去るしかないのではないかという、行き着くところまで行ってしまった感がある。

工場を完全無人化し、人工知能によって制御するほうが、人間が働くよりも健全な世界にいつの間にかなっていたので、人間がもの

もっとみる

ここだけの話○官制ワーキングプアを経験して

私は通算約5年くらい、役所の臨時職員でした。時給制、土日祝日はお休み。有給は一応有。交通費は出ませんでした。福利厚生(社保と厚生年金)は加入させてもらいました。ボーナスはありません。産休もありませんでした。次の年度の予算によって継続等が決まるので、いつ契約が切れて継続出来ないかが毎年心配でした。

非正規公務員に公務災害を認める動き広がる | NHKニュース https://www3.nhk.or

もっとみる

single-use(使い捨て)が選ばれる

CNNの記事「'Single-use' is Collins' word of the year for 2018(2018年のコリンズ辞書の今年の単語は「使い捨て」)」を読みました。

プラスチックゴミに対する意識が世界で高まっていて、使い捨て容器を使わない人が増えています。そんな中、「single-use」の使用が2013年に比べて4倍にもなっているようです。

過去に選ばれた単語は、geek

もっとみる

「しっかりとしたオチのある漫才を書き,フリー台本として公開する者が勝者になる時代が来る」という予想

もしも漫才が今のように,「同じネタを他の漫才師がやることはほぼない」という状態が続くとすれば,将来的に漫才はどうなるのでしょうか?いつまでも「新ネタを作り続ける」ことは可能なのでしょうか?

限られた人しか「新ネタ」を作れなくなる時代が来る?

漫才は「生活に密着した笑い」ですから,時代と共に「生活」も変化するため,ネタが完全に尽きてしまうことはないと思います。ですから,「新ネタを作り続ける」こと

もっとみる