💗「優しさ」についての考え方 【BOOK 愛という名の孤独/フランソワーズ・サガン】

愛という名の孤独
フランソワーズ・サガン
新潮文庫

◇どんな人でも「優しい心」を持っていると思います。
どんな人に対しても、その存在を信じていたいと思っています。

心にもないことをしている人を見ても、
何かが「優しい心」に暗い影を落としてしまっているのだろう、
いつか日差しが差し込むきっかけに出会えるといいな、とそう思うのです。

でも、幼い頃からの癖のようなこの考え方は時に私の心を苦しめま

もっとみる

嬉しい再会♪

保育園の送り迎え、
いつも、ニコニコしてて、
素敵なお母さんがいるなー、
と思っていたら、
ふと寄ったコンビニに、
店員として、そのお母さんがいる!

「こんにちは!」
「いつも、保育園で、会いますよね?
 今朝も会いましたよね?」
今日も、ニコニコして、話してくれる。
「送り迎え大変ですよねー」
「出身どこですか?
 実は、同級生ですよ」
え?!
名札をまじまじと読んでみる。
「(旧姓)です。*

もっとみる

落ち込んだ人に優しくするノート

落ち込んだ人に優しくするノートです。優しくしてほしい人は連絡ください。コメントでもTwitter(DMも可)でもメール(deji.shin[at]gmail.com)<[at]=@>でもOKです。

Twitterで質問箱からやろうともしましたが、ノイズ(無関係な質問)が多くなりそうなのでこちらで募集します。

【注意事項】
「自殺します助けてください」みたいな重すぎるのは勘弁してください。私の手

もっとみる

グローバルみんな仲良し化

グローバル化がどんどん進む世の中

当然、海外旅行や留学に行く人口は
増えて増えまくると思います

そこで私は
グローバルみんな仲良し化が
進んで欲しいと考えます。

私は留学に行った際に
様々な国と地域の人達に
たくさん助けられました

だからこそ

日本に来た外国人に優しくしたい

この気持ちが
心から芽生えるようになりました

世界中の人達が
海外を行き来する経験が増えることで

私が得たよ

もっとみる

「その言葉」と「帰りたい場所」noteを日記のようにかいてみる。

お盆休み真っ只中。といっても今日だけしかない。私は実家に帰ってきている。実家と言っても母子家庭の私は実の父の顔を見たことがない。

母方の祖父母に育てられた。そして7年前母は再婚して今は祖父母の元を離れて義理の父と母と姉と暮らしている。

祖父母の家にはバイクで一時間ほど。厳密に言うと「実家」ではないが、なんだか実家という表現がしっくりくる。

祖父母に育てられた私としては場所どうこうより、祖父母

もっとみる

保育園の送り迎え 優しい言葉にほっとする

保育園の送り迎え

駐車場から、保育室まで、
いつも、抱っこの3歳お兄ちゃん。
頑張って歩く2歳妹ちゃん。

他のお母さんも、
いつも、お兄ちゃん抱っこで、
大変ですよね~
と言ってくれる。

前は、お孫さんを送りにきていた、
おばあちゃんが、
抱っこする私が、
あまりにも重そうに見えたのか、
みるにみかねて、
「荷物、持ちますよ」
と、保育園のかばんを持ってくれた。

あー、もう、その気持ちだけ

もっとみる

「休んでいいんだよ」。「一人じゃないよ」。最近よく目にする優しい言葉たち。でも、知っての通り誰もが自分しか解決できない問題を抱え、たいてい孤独とむきあっている。「優しい言葉」を見るたびに心のどの辺りで受け止めたらいいのかわからない私。深く考える問題ではないのかもしれない。

ひとつのことばがせかいをかえた

三歳になった息子。覚えたての言葉はぎこちなくてどことなく暖かい。

窓の向こう。消えていったサイレン。
消防車のミニカーに夢中だった彼は本物のそれが近くにいたことに気づけなくて一生懸命教えてくれた。
「僕も聞こえたかった」
聞きたくても聞けない音があることを知っているみたいだ。
能動と受動。積極だけど受身。自発と他発。望むけど偶然待ち。
そんな言葉があってもいい。
国語のテストでどうかマルをつけて

もっとみる

私を心配してくださるコメント

ご心配をおかけしております。
優しいお言葉、とっても嬉しいです。
ありがとうございます。

質問者さんも、お食事摂れていますか?
暑くなってきましたので、お互いに水分はしっかりと飲むようにしましょうね。

今夜は野菜たっぷりのキーマカレーを作って食べました。
栄養もカロリーもばっちり摂取です!
走るのは無理でも、トレッドミルで歩くくらいはしようかなと思います。
女性らしい柔らかさ、大切ですもんね。

もっとみる

Facebookを大解剖!!(311)

はじめに

みなさんはFacebookを使用していますか?いまや何億人ものユーザーを持つ数々のSNS企業。その中で、群を抜くユーザー数を誇り、SNSのパイオニアともいえる存在がFacebookです。はたしてFacebookとはどのような会社なのでしょう。その真の姿を探るべくこの記事を書くことにしました。

Facebookという企業

Facebookは2004年、かつてまだハーバード大学の学生だ

もっとみる