連敗脱出? いいえっ15連勝が始まるのです!妄想ついでに妄想してみる。来季の監督は誰かなあ😀

111試合目 2019 8/ 17 F×E  6対0  112試合目 8/18 F×E  4対4 札幌ドーム

お盆が明けても、栗山英樹監督の来季における進退は、発表されていない。さあてどうなるのか? わたしは去年でも続投に驚いたくらいなんで、なんとも言えないですが。成績云々ではなくて、もう体力的に無理なんじゃないのかなと。

プロ野球の監督は、激務だ。肉体的にもそうだし、頭をずっと使い続けるから

もっとみる

終戦の日ー敗戦の日、九連敗の日に考えた。それでもやっぱり野球は素晴らしいのだと。

110試合目 2019 8/ 15 F×M 0対6 東京ドーム

2019 8月15日 なす術もなく、千葉ロッテマリーンズに0対6で敗れる。3カード連続負けの9連敗。

7月、大きく勝ち越したファイターズは、首位ホークスに0.5ゲーム差に迫り、優勝を目指し戦っていた。8月に入ってツキが変わったら嫌だなあと案じていたら…1日に負けてから、15日になるまで、ファイターズは、わずかに1勝しかしていない。

もっとみる

マロンのロマン野球粉砕される。マリンの荻野くんもすごいけど、自ら夢を手放した栗山英樹監督。既に、ぶっ壊れても、行くしかない。

109試合目 2019 8/ 14  F×M 4対8 東京ドーム

きゅんちゃんは粘り腰 タイムリー出た!

先発吉田輝星18歳、ライトプロ初出場、万波中正19歳。4番ファースト清宮幸太郎20歳。七連敗中優勝争いから見事に落下のファイターズ。本日のオーダーである。

前日に、家でテレビ見ながら、決め手を欠き、一向に点を取れないファイターズに「もう鎌ヶ谷からまんちゅう呼んだら?まんちゅう、ホームラン

もっとみる

このままズルズル後退していくのか、もう一度、やり直せるのか。勝率五割に戻ったファイターズ

108試合目 2019 8/ 13 F×M  1対6  東京ドーム

今期、最多の七連敗。指の負傷を我慢し続けていた中田翔、ついに抹消。4番清宮幸太郎。チームは、チームの体をなしていない状態。

7月の終わり。たったの二週間前とまるで別のチームみたい。

なんでこうなっちゃったのかなあ。エース有原で2試合落としてしまったこと、中田翔の負傷を押しての出場が、結果的にはマイナスに働いてしまったこと。せ

もっとみる

ナミダの訳ーファイターズを愛して13年目の夏。

107試合目 2019 8/ 12  H×F  6対3  ヤフオクドーム

先発吉川光夫ー前日、川島慶三だけは押さえてくださいよ、とお願いしたのに、あっさりヒット打たれよって…。どうしてそうなのよ、光夫…と涙にくれそうになった午後。朝っぱらからめちゃ忙しかったレジの仕事を終えるともう2時。

家に帰るとすでに0対3で負けている。ピッチャーは、金子弌大に変わっていた。ちーちゃんは、気迫に満ち、ストレ

もっとみる

note初投稿を機に考える、私がファイターズを好きな理由

ファイターズファンになって、
気付いたら今年で13年目。

もっと長い間応援している方々からすれば、
まだまだ短いほうだけど…

どうして今日まで応援し続けられているのか。
どうしてこんなに好きなのか。

note始めたのを機に、改めて考えてみた。

ファイターズを応援するようになった
きっかけ

ファイターズが北海道に移転してきたのが、
2004年。
今となっては申し訳ない気もするけど…

「新

もっとみる

Deep Trial -21-(979)

おさないたかお

00:00 | 00:30

今回からは九州傷心旅行(車のリア大破編)を中洲懸橋の上からお届けしていきます。

まずは奇襲での到着となった8/11の福岡ヤフオク!ドーム、福岡ソフトバンクホークスと北海道日本ハムファイターズの試合で見た色々。奇襲をかけたのは今回遠征班として頑張っていたポリーさん。12日から福岡という情報を出している中で、実は10日からの前乗り、朝のステージでポリーさんと歓声を上げたときのあのげんなりした顔は忘れ

もっとみる

負けた負けた〜堪えきれずに〜負けたあっけ。前日のリベンジに燃えた西川遥輝、しかし後が続かない・・噛み合わないまま、完敗。もがき苦しむファイターズよ。

106試合目 2019 8/ 11  H×F 2対0

8月に入って大失速のファイターズ。月が変わるとツキも変わるのかなあ。6月はダメで7月は絶好調だったのに、最後のメットライフで打ちまくった消耗戦の後遺症なのか。故障者は続々、バッターは、揃って不調。打ってるのはなべりょちゃんだけ。ピッチャーはそこそこ抑えるも、疲れも隠せない。

負けてばっかりで良いことといったら、宮西、秋吉が休めることくらいか

もっとみる

「俺たちは強い!」それはホークス&千賀様 土壇場勝負にコテンパンに叩きのめされる。でもまだテンカウントは、されてない。立て、立て、立つんだぞー!わたしたちのファイターズ!

105試合目 2019 8/ 10 H×F  8対4

0対0で迎えた5回表、1アウト満塁、4番近藤健介と千賀滉大。手に汗を握る緊迫の攻防。心臓がドキドキしてドキドキした。

結果は、ショートゴロのゲッツー崩れで1得点。突破口がひらけた。でも1点ではどうにもならない。千賀様の集中力が途切れた今しかない。打て、5番渡邊諒!

追込まれながら粘りぬいて、最後に振り切ったバットから、わたしたちの夢を届け

もっとみる