深層学習技術をあらゆる人が使いこなせる統合AIプラットフォーム開発のギリア株式会社が、資金調達を実施

資金調達情報
調達額:-

ラウンド:-

募集方式:第三者割当増資

調達先:株式会社図研

調達年月:2019年9月

企業情報
企業名:ギリア株式会社

住所:東京都台東区台東4-19-9-8F 山口ビル7

事業内容:最先端の深層学習技術をあらゆる人が自在に使いこなせるOSおよびハードウェアを含む統合AIプラットフォーム「Deep Analyzer」の開発

設立年月:2017年6月

S

もっとみる

未就学児向けプログラミング体験 "Hello World!!"(紹介記事はこちら:https://note.mu/helloanemo/n/n0ce7f1a23d14)のランディングページを公開しました!
ぜひご覧くださいー.

https://codeberry.co.jp/helloworld/

アクアプレイス旭湯で最高に幸せな金曜日爆誕

こんばんは56湯(@56yu_)です。

1週間終わった〜〜〜!!!!!!ということで、今日は(も?)銭湯に行きました!!
本当は昨日行きたかったけど、まさかの仕事が終わらず行けなかったので、今日は意気揚々と言ってまいりました!今、サイッコーに気持ちよく電車に揺られています。

本日は「アクアプレイス旭」さん!

今日は入谷駅から徒歩15分の「アクアプレイス旭」さんに行ってまいりました。

アクア

もっとみる

コードベリーの悪いところ.良いところ.

今回は弊社の特徴をお伝えするにあたり,悪いところと良いところを書いてみようと思います.なかなか愉快な制度が多いので皆さんも気に入ったものがあれば会社に提案するのもよいかと思います.

で,良いところばかりでも公平性がないと思うので,悪いところも書こうかなと.ただ,正直あまり思いつかないので悪いところを先に書いてしまおうと思います.

悪いところ

・人数が少ない
・平均年齢が高い
・男性比率が高い

もっとみる

たまたま通りかかった浅草橋の新規OPのラーメン屋に入ってみたら良店だった!(らぁ麺 わら屋/浅草橋/ラーメン)

仕事の都合で日中に浅草橋駅付近をフラフラと歩いていたところ、店先に祝い花が出ているラーメン屋を発見。かつ家・松屋・いきなりステーキなどチェーン店が集中している通りの、微妙な鬼門テナントだ。

私はこの手のラーメン専門店に食傷気味で、もう何年も新規店への突撃などしていなかった。
だが、この日はなんとな~~く入ってみようかなという気になった。こういう ”なんとなぁ~く” って、飲食店開拓する際に意外と

もっとみる

SyuRoのまわり.3 「旅」編

生活道具をそのものがもつ「周辺」とともに紹介していく「もの・の・まわり」。今回の主役はブリキの角缶ですが、1回目の「産業」。2回目の「季節」と「手入れ」に続き、3回目の今回は「旅」。そのものが考えられたり、売られたりする現場を僕、ナガオカとライターの西山薫さんと、なんだか楽しそうだぞ、ということでくっついてきたスタッフとで巡ってきました。

「もの」には人と同じようにふるさとがあります。そして、私

もっとみる

コードベリーという社名.

会社を作った理由は別記事で書いた通りです.で,そこからリンク辿ってもらえると,なとなく弊社の業態も推測できると思います.

いわゆるSES事業を中心とした企業です.で,この事業が中心になると,だいたいの中小企業の社員は,いちプログラマーとして客先に常駐するのみです.

なので,ほげほげコンサルティングみたいな名前はさけたかったんです.実態と乖離した社名にはしたくなかったんですね.

いずれコンサル

もっとみる

揺曳.

福田芳真

00:00 | 00:30

サウンド投稿試したいのと.夏なので.昔作った夏っぽい曲を.

Be an engineer.

以前弊社の行動指針について書いたことがあります.VISION,MISSION,VALUEのVALUEにあたる部分ですね.
今回はVISIONですね.弊社のVISION.

弊社はよくあるベンチャーとかスタートアップとかではなく,小企業のひとつだと思っています.規模的にもそうですし,「世界を驚かせたい」とか「パラダイムシフトを起こしたい」とかそういったビッグな野望は持ってないです.ただちっちゃいだけ

もっとみる

SyuRoのまわり.2  「季節・手入れ」 編

5回にわたり、生活道具を「周辺」とともに紹介していく「もの・の・まわり」。前回は「産業」について取材しました。そして、2回目の今回は「季節」と「手入れ」です。

「もの・の・まわり」では「産業」「季節」「手入れ」「仲間」「旅」の5つを取材し、結果、「ブリキ缶」を購入するきっかけを作り、そして購入した後のこともみんなで楽しく味わっていこうという企画。この連載もそのために書いていきます。

dのweb

もっとみる