国歌

ラブソングのとらえ方が変わって、好きになってきている

「愛は勝つ」って歌、あるよね。

心配ないからね 君の想いは
誰かに届く 明日がきっとある
どんなに困難で 挫けそうでも
信じることさ 必ず最後に愛は勝つ

世に出たころ僕はまだ小・中学生で、モテない人を応援する歌かしらん? くらいに思っていました。
愛イコール男女の恋話みたいな発想しかなかったんですね。幼いものです。

ところが少し前に、「愛は勝つ」が流れる日本財団のCMがユーチューブで流れまく

もっとみる
2

世界中の国歌を片っ端から聴いた

起床即ソ連国歌を鍵盤ハーモニカで演奏し始める。何故。ド頭のデーンがコードだとただのCであることに驚く。クラシックだと超強力なトライアドが鳴っていることがよくあるのだな、やはり。

以前からどこか一つのオーケストラや音楽隊ではなくそれぞれ自国の音楽隊が演奏した国歌たちをまとめて聴きたいと思っていたのだが、Spotifyであればそれが半分ぐらい叶えられることに気付き、National Anthemなプ

もっとみる

【カナダ国歌】嬉々としてラグビーW杯HPにアクセスしたけど一番ほしい情報がなくて泣いた【あるある】

ラグビーのW杯日本大会ということで、フィギュアスケート界隈を彷彿とさせるエモみのある記事を見かけたんですが(※フィギュアは自国以外の出場国選手の国旗も掲げる的なあれ)。

・カタカタ付き歌詞カードとか全力で釣られる件

 カタカナ付き歌詞カードが出てるんすね。これはアガる。これを機に出場国の国歌ぜんぶ覚えようかなと思うレベルでアガる。

 と申しますのも、趣味のひとつに国歌を覚えるってのがありまし

もっとみる
ヽ(´▽`)/
1

国歌と校歌

今現在の動きがどうなっているのか知らないのだけれど、学校など教育現場での国歌斉唱に関する議論が取り沙汰されていたときに、イチ学生として感じたことがある。ちなみに、別に国歌は好きではないし、嫌いでもない。なんなら、なくてもよい。それはさておき。

学生である私は、校歌も歌いたくはなかったのである。

一緒にするな、一緒に。とお思いだろうが、ジャパン国のあの歌詞について不満があるというのなら、私の場合

もっとみる
ご縁があれば、いつかまた

国歌の「君が代」を解釈。日本人の慌ただしさは世界でNO・1という話【多忙】

国歌から学べるものってなんだろう?

本日は国歌「君が代」から…

君が代から何が学べるんだ???

そもそも国歌の歌詞って引用してnoteに載せていいのか…?
いや、ダメな理由とか思いつかないけど。とりあえずもしマガジンが閉鎖されたらこの記事が原因だと思ってください。

さて、というわけで今回は「日本人の勤勉性」をテーマに書いていきたいと思います。「君が代」とうまく結びつけられるかはわかりません

もっとみる
ありがとう!!!!!!ございます!!!!!
3

【JOCV】派遣前訓練Day22|国旗掲揚と国歌

「朝の集い」というものが朝8時から行われる。スタッフや隊員からの連絡などが行われるのだが、主目的だと思っているのが国旗掲揚である。オリンピックの表彰式のように、訓練生の任国の国旗が1日1つ、国歌に合わせて掲揚されるのである。

日本では国旗掲揚は馴染が薄いが、任国の多くでは国旗に対する敬意が非常に高く、国旗掲揚は非常に厳かに行われるとのこと。

ヨルダンの国旗が掲揚されるのは1~2週間先だが、国旗

もっとみる
!شكرا خزيلا
2

国歌起立斉唱強制(H30/7/19)

【概要】

H23年の訴訟とほぼ同じ内容。
https://note.mu/shizulca/n/n7313542772c1
東京都立高等学校の教職員であった被上告人らは,その在職中,各所属校の卒業式又は入学式において国歌斉唱の際に国旗に向かって起立して斉唱することを命ずる旨の職務命令に従わなかったところ,東京都教育委員会は,このことを理由として,東京都公立学校の再任用職員,再雇用職員又は非常勤教

もっとみる

国歌起立斉唱強制事件(H23/5/30)

【概要】

話は君が代伴奏拒否訴訟 https://note.mu/shizulca/n/n8ef6c94cbdf5 に似ているが、今回は国歌斉唱の際に先生が起立をしなかった、というもの。
正確には、都立高等学校の教諭であった上告人が,卒業式における国歌斉唱の際に国旗に向かって起立し国歌を斉唱することを命ずる旨の校長の職務命令に従わず,上記国歌斉唱の際に起立しなかったところ,その後,定年退職に先立

もっとみる

日野市立君が代伴奏拒否(H19/2/27)

【概要】

日野市立小学校の音楽専科の教諭(上告人)が、入学式の国歌斉唱の際に「君が代」のピアノ伴奏を内容とする校長からの職務命令に従わなかったとして、東京都教育委員会から戒告処分を受けたことから、この職務命令は思想・良心の自由を定めた日本国憲法第19条に違反するとして、上記処分の取消しを求めた事件。最高裁は教諭の請求を認めなかった。(ちなみに当日は校長の判断でピアノ伴奏から録音テープに切り替え、

もっとみる