「最近の温心農場」~7月編~

皆さんこんにちは!
昨年よりも遅い梅雨明けで、やっと夏本番ですね!
明けた途端のこの暑さ。。
喜んでいるのは、カキ氷屋さんと冷やし中華と恭平さん(スタッフ)くらいかもしれませんね!

さて、畑では、待望の収穫祭が行われました。

お天気はあまり良くありませんでしたが、みんなで行う収穫は、最高に楽しい時間でした。
おんしんスープにもお届け!
おいしくな~れ🥄

芳賀

もっとみる

広島の牡蠣の殻(=ゴミ)と海塩と笹の葉エキスで出来た国産エシカル歯磨き粉。サーキュラーエコノミー&脱プラの商品は地産地消的な国産のユニークな素材の物も多くて楽しい!

東京の「ローカル」な文化・伝統を発信するInstagramアカウント「MUSASHI野TOKYO」 を開設します。

東京の「本当」の文化を発信していくプロジェクト「MUSASHI野TOKYO」を始動していきます!!

「MUSASHI野TOKYO」とは

東京にある「ローカル」なモノ・コトを発信していくことを通して、個性・文化を大切にする地域づくりを実現していくプロジェクトです。

「武蔵野東京」のInstagramアカウント

⬆️フォローよろしくお願いします!!!!!⬆️

プロジェクトを始めようと思ったき

もっとみる

日本の「食」が失ったもの。

今、モロッコのメディナ(旧市街)にいる。

各地を歩きながら思うのだけど、食べ物について、「土用の丑の日」とか、「○○の日(例:さんま祭り)」とかを定めない方が良い。

貯蔵がきくもの(穀類、保存食、冷蔵冷凍品)や、年中あるもの(畜産物)ならまだ良いのだけど。
天候や環境によってかなり変動がある海産物や野菜は、向かない。その日に合わせて未熟なものを流通させることになったり、足りないからってコストか

もっとみる

自由

いま....熊本県山鹿市の本当に本当にボロいカプセルホテルの9番のカプセルのなかでこれを書いています.....

大工で泊まり込みの仕事だ。
山鹿。僕は刃に布は着せない。今日も買ってもらったノミでキをベリッベリに削った。
山鹿市の印象は“とっくに終わり終わったあと”という感じだ。とっくに終わり終わったあとの街が、巡り巡ってどういう印象を与えるか想像がつくだろうか....?

➖ 昨日の朝僕は山鹿市

もっとみる

地域の面白いモノ、ここだけの美味しいもの募集中。

今回は紹介したり、学びがある記事では...ありません。アプリ内で記事を寄稿してくださる方を募集してますよ。の記事です。

現在、bitter(ビター)アプリでは、岐阜県関市にある高井刃物、上野にある岐阜ホールや、成田空港を紹介しています。

。。。もっと紹介したい。そう思っているんです。

bitterでは、こだわりのモノづくり、クリエイティブな旅をする旅人を紹介していき、新しい発見や気づきに活か

もっとみる

「プクプクワークショップ」を始めた3つの理由

はじめに

先週末、初めての「プクプクワークショップ」を開催しました。
noteの最初の記事で書いた
「今後やりたいこと」の1つでもあったこと。

発酵食品作りの中でも、
自宅でも簡単に作れて且つ毎日取り入れやすい
『塩麹』と『醤油麹』にフォーカスし、
その作り方・
それらを使用したレシピを紹介すると共に、
「健康」「美容」「食育」「家族の幸せ」「自信を育む」 などを叶えるためのサポートを目的とし

もっとみる

景観と地域について思うこと

景観は変わりゆくもの

 景観とは、政策として管理することが難しいテーマです。似たような風景でも同じものはありませんし、同じ風景が続くこともありません。考えてみれば当たり前ですが、政策として考える段には非常に難しい課題となります。しかし、景観維持のためにエネルギー供給の仕組みを変えないことが気候変動に繋がり、結果的に不可逆的に景観が破壊される驚異が現実のものとなる中、これまでとは異なる解決策が必要

もっとみる

シュタットベルケの役割と再エネについて

シュタットベルケの役割は地域生活圏の維持

 昨今、都市公社(シュタットベルケ、SW)という言葉を聞くことが増えました。ドイツの自治体やSWを理想とするような議論も見られます。私自身はなんでも理想化は良くないと思いますし、日本でドイツ式SWを導入するためのハードルはとても高いので、拙速に導入することは避け、まずはきちんと学んだほうが良いと考えています。

 とはいうものの、私も一応ドイツの情報をお

もっとみる

CSA(地域支援型農業)とクラウドファンディング①

こんにちは。からまつです。
いきなりですが、今回はCSA(地域支援型農業:以下CSA)と農業者のクラウドファンディングについて考えます。インターネットが発達する前からあった農村支援のかたちがどう変化したのかを示したいと思います。

CSAとクラウドファンディング
農村コミュニティ形成や農家支援のかたちとしてしばしば注目されるCSAですが、すでに多数の農家が立ち上げているクラウドファンディングのプロ

もっとみる