ギブミー、シュガー

女の子は砂糖でできてるって、
あの偉い人が言ってた

雨の季節は水に打たれて
砂糖水になっちゃう

溶けてドロドロ乙女心

心の砂糖がなくなっちゃうから
貴方の甘い言葉をください

なんならコショウ付きの刺激があるやつでもいいよ

女性を理解したら、月平均の指名客が200人になった元美容師の話。

私「ななこころ」はこんな美容師です。

・創るヘアスタイル→普通
・容姿→普通
・トーク→苦手
・カット技術→普通
・月平均の指名客→約200人

こんな感じで特に目立った特徴もない美容師ですが、ありがたいことに指名客が月平均で約200人ほどいました。

上記説明の通り、私にはカリスマ性があったわけでもなく、どちらかというと美容師に向いてないんじゃない?という感じの美容師です。

私がデビュー(お

もっとみる

【EN-D.CONSTRUCTION(3)】

(四)

 まあ、そうなるだろうな、と察してはいた。

 昨夜に拾った落し物だ。

 シルバーピンクのハート型。

 ルフィンはそれを「ストマック」と呼んだ。直訳すれば、「胃」だ。

 ハート型なのに、へんなの。

 椅子のうえに置いてあった〝それ〟を手に取る。

 覆ってある「呪符」をひっぺがし、ルフィンへ差しだす。

 が、受け取ろうと腕を伸ばす彼女から、寸前で遠ざける。

「ほしかったら約束

もっとみる

男がホットギミック ガールミーツボーイを観て感じた「女の子」のこと

ホットギミック ガールミーツボーイは女の子のためにつくられた映画だと思う。だけど僕はこの映画を観て男の子としてたくさんの気づきや、新たに感じることができたことがあったから、あえて男の子にもこの映画を観てほしいと思う。

そこには男として過ごしていると気づけなかったことや、知らなかったこと、女の子が生きる世界が広がっているから。

※下記一部ネタバレありです。

ダメ男に惹かれてしまう気持ち

この

もっとみる

月刊『ピン留めの惑星R』03|2019年7月号

いつのまにか失くしてしまった “たいせつなもの” たちが辿り着く
どこかの星のだれかの物語 ───。

✑ 『予感』 つきはなこ

✑ 『発光』 大島智衣

✑ あとがき

蒸し蒸しした一日の終わりには、シャワーを浴びてさっぱりしたあとに、過ごしやすい部屋のなかで“お籠り”しながら、読書や鑑賞なんかするひとときが落ち着きますね。

これからようやく夏本番?
盛夏8月にまたお会いしましょう🍉

もっとみる

note酒場までの軌跡を霧の中で言い聞かす。死なない人間が咲き競う

萎れちゃうな。
わたしずっと部屋から出られない。
暗闇で落ち着いている場合ではなかった。
でも辞められないの。
命の水滴を集めている。
散らばる塵を粗雑に払い。
台所の棚。
一番好きなカップ麺を手に取り。
わたしは何かと葛藤する。
光を付けるのは勿体無い気がして。
髪に指を通すと、何だか少し湿っていたよ。

「 note酒場 」

鈍く浮かび上がるそれに。
抑え付けるの、必死だった。
わたしはno

もっとみる