安室ちゃんは私の支え

翌年からは毎年ライブに行った。

自分の結婚式でも二次会でも安室ちゃんの曲を使った。

安室ちゃんのライブに行く事が働く目標。

当初は、夫に遠慮し、お金の事も気にしてツアー中に参加するライブは1回だったが、2回、3回と増えていった。

「生きがい」とはこの事だ。

そして安室ちゃんに何度も救われた。

「今までだって 越えてこれたんだ」

「涙を拭いて これからじゃないか」

不安になったり、自

もっとみる

安室ちゃんとの出会いと再会

はじめまして。ニコルです。

今日は大好きな安室ちゃんの事を綴ります。

私が安室ちゃんと出会ったのは小学校低学年の頃。

ミスティオのCMやThat'sカンニングはとても印象に残っている。

駄菓子屋や祭りの屋台でよく目にする、アイドルのシールやカードで安室ちゃんが出たら凄く嬉しかった。

父にアルバムを買ってもらったこともある。

が、中高生の頃1番好きだったのはDA PUMPだった(笑)安室

もっとみる

「ブス」いじりは、許さない。

昨日は、大好きな安室ちゃんが芸能界を引退して1年の日だった。

Twitterをひらけば、「安室ちゃん」がトレンド入りしていたり、沖縄では安室ちゃんの曲を使ったHANABI SHOWが今年も行われていたり、やっぱり安室ちゃんって多くの人に愛されていて、忘れられない人なんだぁ、と誠に勝手ながらさらに誇らしくなったりした。この人を好きになってよかった、と。(去年は私がnoteを始めていなかったので書く

もっとみる
「スキ」ありがとうございます♪
29

安室奈美恵Finallyツアーに全滅した男が最後にたぐり寄せたラストライブ

「そんなまさか!」

2017年9月20日、日本列島に大きな衝撃が走った。

平成を代表する歌姫 安室奈美恵が2018年で引退することを発表したのだ。

2017年9月16日/17日に故郷の沖縄で25周年凱旋ライブを行って間もないことだった。多くのファンは目の前が 〝すべてBLACK OUT〟 現実を受け止められずにいた。

安室奈美恵のファンといえば、社会現象にもなった「アムラ―」 に代表される

もっとみる

ごきげんになる言葉

自分で自分をご機嫌にする方法。

思い浮かべるとほっこりする言葉をいくつか持っておくといいと聞いた。

私の場合は、

・安室ちゃん

(大好きだから名前を聞いただけで優しい気持ちになる)

・クレヨンしんちゃん

(しんちゃんの無邪気な言動を思い浮かべて肩の力が抜ける)

・ヘレス

(スペイン、アンダルシア地方の街。いつかいきたい場所だから、ヘレスと聞くと胸が躍る)

こんなもんかな。

まだ

もっとみる
嬉しいです!ありがとうございます♡
1
00:00 | 00:30

平成の終わりを迎え、この映画の場面の数々が僕の頭を駆けめぐります。

映画「SUNNY 強い気持ち・強い愛」。

「モテキ」の#大根仁 監督がまたまたやってくれた大傑作!
これは日本の「ラ・ラ・ランド」と言ってもいいんじゃない?

2012年の韓国映画のリメイクなのですが、
サブタイトルに「強い気持ち・強い愛」って付いてる時点で
もうわかると思います。そう、90年代リスペクト作品なんです!

ある

もっとみる

【ご報告】

私タカムラケンタロー。は3月30日のライブを持ってライブ主催を引退し、執筆業に重きを置いて活動をします

ライブ主催引退の理由としては「ライブに対する欲や向上心がなくなっていた、これから戻る見込みもない、伸び代がない」ということです

あと「(売れる以外の)やりたかったことは全部やった、新しい夢をライブ主催では見つけられない」と感じたことです

思えば最初は芸人だけのお笑いライブだけだったのがいつ

もっとみる
スキありがとうございます!!
7

平成も、安室ちゃんも…でも私は「NEVER END」【平成の衝撃】

みなさん、こんにちは。
日刊【書くメシU30's】マガジン木曜担当のなかっちです。

今回のテーマは、【平成の衝撃】です。
生まれてきてから今日に至るまで、平成とか、昭和とか、年号に対して
特に深く考えたこともなく、ただ認識として、天皇陛下が崩御するまで、
当たり前にその年号が続いて行くものだと思ってました。

ただ年号が変わるだけなのですが、昭和が長かったので、
こんなにも早く平成が終わる事に対

もっとみる
わーい!嬉しいです😊
13

失ったものねだり

職場近くにあるよく行くカフェに、気になる女の子の店員がいる。その子がいると、なんか嬉しくて盗み見してしまう感じ。気になりだして半年間くらい経つ気がする。大学生くらいのカフェ定員なんてごまんといるのに、何故あの子が気になるか最近気づいた。

あの子は昔の私に似ている。

上半身に肉がつくタイプで顔も丸いが足は細く、顔から連想する体型と相違がある。一つに束ねた黒い髪の襟足には、少し離れてもわかるような

もっとみる
読んでくださってありがとうございます💞
7

平成の終わり

平成がもうすぐ終わる。
だいぶ前から予告されている時代の変化は、実感もなくぼんやり聞いていた。

元号が変わることと言えば、
あぁわたしも平成時代の人って言われるようになっちゃうんだなぁ、
いつか会えるかもしれない自分の子どもは違う時代の人になるんだなぁ、くらいにしか思わなかった。

未来の子どもたちは歴史の教科書が分厚くなって大変だ。

そんなくらいにしか考えなかった。

2018.9.1

もっとみる