怪獣No.0029:ご当地怪獣ドクガンロン(宮城県)

▼マケット(原作フィギュア)を制作するためのデザインスケッチです。

DATA
ドクガンロン 身長:51m / 重量:30,000t
●ご当地:宮城県
●棲息地:仙台市内
●種類:鎧怪獣
●必殺技:三日月カッター
●弱点:秀吉の御朱印状
●モチーフ:伊達政宗の甲冑

PROFILE
伊達政宗の鎧は、仙台博物館の中で静かに余生を過ごしていた。「俺の一生はなんだったのだろう」。博物館に訪れる人々の幸せ

もっとみる

こたえるひとのいるあたたかさ

最近、わけもわからず進めているプロジェクト。

前から気になっていて、なんとなく飛び込んでみたが、どうやら雲行きがあやしいので、信頼できる友だちたちを巻き込んでみた。

そして、やはり私たちが動かないとなにも動かない状況に。

勝手に巻き込んでおいたのに、友だちたちに任せっぱなしな私。
よく働く友だちたち。
本当に申し訳なさすぎる。

でも、遅くまでみんなで集まって、あーだこーだ言ってる時間は、す

もっとみる

きゅん。

きゅんとした話。

最近、よく児童館に来るようになった中2男子。
よく一緒に来る下ネタ大好きやんちゃ少年とは裏腹に、礼儀も正しく下ネタがあまり好きではない。

その子が、事務室に少し慌てた様子で入ってきた。

「さっき、すれ違った高校生が紙を落としたから、渡したんですよ!それで、びっくりしちゃって!どうしよう!」

????どういうこと?

よくわからないので、何回か聞いてみたが、同じことしか言わ

もっとみる

令和の時代にジェンダーはフリーじゃないと。

今日の話。

来週末にある、子どもたちが企画運営するコスプレイベント『まきコミ祭』の準備。

あと1週間というバタバタな中の話。

私は、コスプレ衣装の着替えスペースとコスプレ衣装レンタルを企画してるチームと話し合い。

会場レイアウトや受け付け方法、スタッフの配置など、すべて決まって、あとは看板とかを作るだけ!となったところで、ちょっと気になっていたことを投げかけてみた。

「これさ、女性更衣室

もっとみる

伊達ルネッサンス塾 第6期/第3回セミナーレポート「自分の『軸』をしっかり持てれば、ジグザグでも前に進む」

■2019/8/24(土)@青葉温泉 旅館青雲閣(丸森町)

今回の会場である「青葉温泉 旅館青雲閣」は丸森町唯一の温泉宿。古くから地元住民に愛されてきましたが、近年では、地元の若者が企画している「青葉温泉カフェ」も開かれ、賑わいを増しています。
そんな伊達ルネッサンス塾初の温泉を舞台に行う、第3回のテーマは「プランを具体化しよう」。6期もいよいよ折り返し地点です。
尾野塾長のほか、2名のゲストを

もっとみる

なんでもない日のよるごはん

一人暮らしをはじめて
一ヶ月が経っても、
一人で食べるごはんに
感動することはなかった。

でも、
今日はなんとも言えない
満たされた感情になって
不思議な気持ちになった。

夜19時、
お手伝いに行った牧場から帰ってきて
シャワーを浴びて食卓を見たら
小さいタッパーに入ったポテトサラダが
置いてあった。

状況を把握できず、「魔法かな?」
と一瞬本気で思った。

最近、夢をよく見るからか
なおさ

もっとみる

【活動報告】リボーンアート・フェスティバル2019ほか

【活動報告】カテゴリでは、アートプロジェクトラボで主催したイベントのレポートや、本の制作活動に関連する活動をご報告していきます。

ーー

9月29日(日)まで、音楽プロデューサーの小林武史が実行委員長を務め、宮城県石巻市を中心に開催中の芸術祭「リボーンアート・フェスティバル 2019(RAF)」が開催中です。

アートプロジェクトラボでは、東日本大震災の爪痕が残る中で2回目を迎え、会場に牡鹿半島

もっとみる

笹かまと茜色の夕日。

時々、美味しいものを食べる旅に出る。酒蔵見学や食材探しの意味もあるけど、郷土料理の店、とうたうからには、色んな土地の味を知りたい。知らないものを、ネットで得た知識のみで、

なんちゃって◯◯

で出すのではなく、実際食べてから再現したいのだ。

2回目の女川。

前回は、岩手の実家から南下したが、今回は単純に女川を目指して北上してきた。(余談だが北上(ほくじょう)を岩手の人はきたかみと読みたくなる

もっとみる

米軍医が記録した1951年の〜miyagi〜

おばんです。
仙台で写真を撮っているイタリーさとうです。
今日もローカルな話し失礼します。

今回はあるHPの紹介。

「Miyagi 1951」

1951年3月~12月まで宮城県東松島市のキャンプ地に駐在した米軍医・ジョージバトラーさんが記録した写真。カラー・モノクロフィルムで約2000枚の記録を残し、HPでは震災で被害を受けた沿岸部を中心に数多くの写真が公開されています。

詳しい写真は

もっとみる

宮城青春備忘録。

宮城で青春、最高に楽しかった。

こんにちは。ウイスキーの水割です。
お酒なくても普通に楽しく話ができちゃう質なので最近飲んでないですね。

さて、本題です。先週宮城に行って来ました。
なんと大学1年生の時のゼミの友達たちと。20代後半にもなって。

きっかけは何ヵ月か前にそのメンバーで集まって飲んだとき。
牡蠣食いたい、牛タン食いたい、ずんだシェイク飲みたいって言ってたらそこに宮城出身で実家が広

もっとみる