父と娘の2日間

こんにちは〜◡̈⃝︎⋆︎*

また、ご無沙汰に😱

今日は毎年恒例になっている父と娘の夏旅行エピソードを…📝

滝と温泉がマストな旅なのですが、今回向かった先は静岡の富士〜山梨の身延です🥰

身延山に前から行きたかったのです。

ただ目的地に向かうだけでは旅は面白くならないので、道中あちこち立ち寄りましたよ🚗

出立当日は富士山が歓迎してくれました🗻

夏は空気中の水分も多く、中々お顔見

もっとみる

【キリマンジャロの次の富士山】

2019年8月18日。富士山登ってきた。

登山は2回目。1回目はアフリカのキリマンジャロ。今からちょうど1ヶ月前に登ってた。
え?挑戦する順番おかしくないって?
うん。そんなん自分でも分かってる。

今回挑戦した理由は単なるノリ。って言うのは半分ウソ。やっぱり登山って面白いなってなったから続けて行こうかなと思っての1発目。
ちなみに富士山は気がついたら山頂まで行ってた。結構呆気なかった。

もっとみる

すずしさのかたまりの富士風の中

すずしさ:三夏
http://kigosai.sub.jp/kigo500a/239.html

俳句は余情をたのしむ文芸です
1句の先の世界をたのしんでいってください

この記事はサポート制になっています
頂いたサポートは今後の俳句活動に役立てます

もっとみる

老画家が真向かってこそ五月富士

さつきふじ:仲夏

俳句は余情をたのしむ文芸です
1句の先の世界をたのしんでいってください

この記事はサポート制になっています
頂いたサポートは今後の俳句活動に役立てます

もっとみる

赤の世界

タイトルそのまんまつけちゃったな。

先日の「林道目指してたわけじゃないけど、すごい林道にハマってしまったドライブ」の途中。
(抜けるに抜けられないという意味の方のハマった)

この時期だから山々は緑がいっぱいで、天気も良かったから青空に緑が映えて「あー気持ちいいー」ってなってた時に車窓からふと見えたカラマツの林。

緑の奥にカラマツ林が広がってて思わず「赤の世界だ!」って叫んだ。

止めやすい場

もっとみる

母というそぼくなひとよ五月富士

さつきふじ:仲夏

俳句は余情をたのしむ文芸です
1句の主人公になってたのしんでみてください

この記事はサポート制になっています
頂いたサポートは今後の俳句活動に役立てます

もっとみる

藤と富士と不二の不死

私は、ただひっそりと、

風に揺られて、垂れるだけ。

私は、ただどっしりと、

風を感じて、構えるだけ。

私は、現れては、また消える。

私は、消えることなく、ただここに。

点滅する私と、

点滅しない私が、


同時に存在しているだけ。

それは、あなたが、

私たちを見つける限り、

永遠に永遠に

永遠に永遠に。

#note #ポエム #藤 #藤の花 #富士山 #富士 #日本 #詩

もっとみる

みんな違ってみんないい。

今の時代って本当に変化が激しいんだろうなぁって思います。

昨日なんて、「地域のことを考える」っていうレクチャーに参加していたおそらく最年少が高校一年生。

しかも、オオトリの質問で「富士市と海外の人材をマッチングさせるには」という、最高にクールで先見性もあってあっぱれな質問。

人類はものすごい速度で進化しているんだなぁと思いました。

じゃあ自分は何ができるんだろう。

何もしなくていいわけな

もっとみる

お年玉ください

「悲しみの海」
が彼の今日のひとことみたいだ
悲しそうな顔文字をつけて
どんな状況でもその一言を付け加えてくる
コメント欄が悲しみの海で満たされる
そして悲しい顔が打ち上げられるのであった

fujiさん
ふじさんは富士山だ

お月に言わせるとfujiさんの配信は
「お話がいつも楽しい」
で、是非お邪魔したいです!というと
「ピカピカに来なよ!」
といった

【驚きの新事実】
\fujiさんは

もっとみる