寿司味のポテチと思って買ったら海苔味〜北へ〜

12日目。バンコク。
朝ごはんをホステルの1階に併設されたカフェで優雅にいただく。

Fromインドの綺麗なお姉さんとおしゃべりしてフレンチトーストが出来上がるのを待つ。

彼女はなんらかのアーティストのファンで、世界ツアーがあり、タイにまで来ているとのこと。(インドでは開催しないらしい。)そのアーティストは日本にも行くはずって。誰なんだろう。

チェンマイのおすすめスポットから、インドのいい感じ

もっとみる

深夜特急と半熟玉子おむすび(ベトナム編Ⅲ)

【52むすび】香港セブンイレブン (半熟玉子おむすび)⁈

ベトナム中部の都市ダナンから寝台列車に揺られて、早朝5時にドンホイに到着。目的は、世界自然遺産でもあるホンニャ=ケバン国立公園の洞窟へ行くことだ。

駅のホームには、こんな売店が並んでいる。おかずを選んでお弁当を作ってくれる。おむすびはないようだ。

寝台列車の指定ベットを予約したはずなのに、勝手に先に寝ている人がいる。本来用意されている

もっとみる

ヨーロッパ寝台列車の旅 クラクフ→プラハ 【ポーランド→チェコ】

都市間交通手段として主に利用されるのは高速バス、鉄道、飛行機です。

ただ鉄道は鉄道でも、寝台列車を利用されたことがある方は中々いないではないでしょうか。

以下、私が思う寝台列車を使うメリット、デメリットを簡単に挙げておきます。

寝台列車を使うメリット
・寝ている間に移動でき時間が有効活用できる
・夜行バスよりは楽
・日本では味わえないロマンがある
・宿泊代+交通費と考えた場合、こちらの方が安

もっとみる

忘却の螺旋は。砂漠の砂でも消えない 2-4

車内の宴会

「!!」
これは。。。最大のピンチが訪れた。
あるべき所にあるべきものが見当たらない。
端的に言うと。

・・紙がない。

David Guetta ft.Justin Bieber - 2u

お腹がグルグルなってトイレに駆け込む。少し汚かったが、鍵が壊れてないだけいい。
ふぅ~。。何とかなった。即効性の下剤かカレーは。

ふと。吹こうと見たら。紙がない。

落ち着け。解決策はある

もっとみる

忘却の螺旋は。砂漠の砂でも消えない 2-3

それでも西を目指し

「チャイ〜チャイリ〜チャイチャイチャイ〜♪」
何だろう頭に響くこの声は?まあいいか。
Vintage Culture, Bruno Be & Ownboss
- Intro Rework (Ashibah Miracle Vox Edit)

「匠くん!そろそろ起きて〜10時になるよ?」
誰かが呼ぶ声。ん。。
「あと1時間。。。」
「また寝ようと。。寝るな〜匠!」
ボディに

もっとみる

今回は、移動手段の変遷から学ぶこと
ということをお伝えいたします。
2分47秒の音声です。
音声と文章どちらでもお好きな方をどうぞ。

**文章はここからです***

おはようございます。山田ゆりです。
今回は、移動手段の変遷から学ぶこと
ということをお伝えいたします。

世の中の交通手段はどんどん進化しています。

私が独身の頃、2か月に1回
本社がある東京へ出張していた頃は
寝台列車で往復して

もっとみる
嬉しいです!もしかしてどこかでお会いしました?
28

草ブレードちゃんと行く中国人民铁路旅~铁路先行編~

《キーワード 8D(8次元)魔幻都市重慶 秘境地下鉄駅 ビル貫通モノレール 崖にへばりつく公園》

前回はこちら↓

 女士们先生们!

 曇り空の重慶です。10連休から逃げて海外逃亡したはずなのに、ここ中国でも連休に巻き込まれていますww

 重慶軌道交通のモノレールに乗り出発です! ここ重慶は地下鉄も走っているのですが、その地形と岩盤から地下鉄の建設が難しい箇所もあり、モノレールが地下鉄と同じ

もっとみる

いざサンクトペテルブルクへ!

どうも”おもり”です。土日を利用してサンクトペテルブルクに行こうと思います。状況をできるだけ早く記事に仕上げてこうと思いまーす。ロシアの西に位置するモスクワの次に大きな都市、サンクトペテルブルク。サンクトペテルブルクは世界三大美術館のエルミタージュ美術館があったりと、芸術と世界遺産の宝庫です。筆者はロシアに来るって決まるまで正直あんまり知らなかったです(笑)
土日を利用するって言ったって今日は金

もっとみる

南北鉄道でハノイからダナンへ

長い長い一日を綴ります。

12時にゲストハウスをチェックアウトし、おもむろに焼きフォーの有名店へ。

前回紹介したフォー屋の隣の隣くらいにあります。

ここも大人気です。

焼きフォーの上に牛肉あんかけ!!

これも想像の通りの味です。絶対に間違いないうまさ。

そしてとりあえず喫茶店へ行き、2時間かけてコーヒー一杯飲む。

そして再び喫茶店へ行き、ライムフローズンを3時間かけて飲む。

なんで

もっとみる

雲出ずる国への道 その壱

中学時代からの友人と、ひょんなきっかけで雲出ずる国へと
旅することになりました。突然の突撃。これまで一度も行ったことも
なければ旅行先として選択することすら考えたこともなかった場所。
どんな旅になることやら。レッツゴー。

〜まずは事前準備〜

雲出ずる国は、なかなかにハードルが高いらしい。そう気付いたのは
どんな手段で行けるのかを調べ始めてからだ。飛行機・新幹線・そして
寝台列車という3パターン

もっとみる