忽那汐里

菅田将暉 主演映画~「アレキメデスの大戦」は大ヒット確実?~

【菅田将暉 主演映画~「アレキメデスの大戦」は大ヒット確実?~】

このnoteはお手頃価格で販売しています。
ご購読される方は、お早めにご購読いただく方がお得です。

人気俳優として知られる菅田将暉さん。
第21回ジュノン・スーパーボーイ・コンテストにてファイナリスト12人に選出され、トップコート所属で芸能界デビュー。
2009年9月からテレビ朝日系列で放送された「仮面ライダーW」に主演し、ブレ

もっとみる
スキありがとうございます。
3

佐野勇斗 主演映画~「小さな恋のうた」は代表作確実?~

【佐野勇斗 主演映画~「小さな恋のうた」は代表作確実?~】

このnoteはお手頃価格で販売しています。
ご購読される方は、お早めにご購読いただく方がお得です。

注目の若手俳優の佐野勇斗さん。
EBiDANのEBiDAN39やM!LKメンバーとしても有名ですが、近年は俳優業にも進出しています。

5月24日公開の主演作品「小さな恋のうた」は果たしてスマッシュヒットを記録することができるのでしょう

もっとみる
よろしければ購読お願いします。
1

松坂桃李 主演映画~「居眠り磐音」はスマッシュヒットできるのか?~

【松坂桃李 主演映画~「居眠り磐音」はスマッシュヒットできるのか?~】

このnoteはお手頃価格で販売しています。
ご購読される方は、お早めにご購読いただく方がお得です。

人気俳優の松坂桃李さん。
チャレンジFBモデル2008オーディションでグランプリを受賞。
2009年に放送されたスーパー戦隊シリーズ第33作「侍戦隊シンケンジャー」で主演を演じ、ブレークを果たしました。

5月17日公開の主

もっとみる
よろしければ購読お願いします。
1

デッドプール2

“デッドプール”こと元傭兵のウェイド・ウィルソン(ライアン・レイノルズ)は、自身の素顔を受け入れてくれた恋人 ヴァネッサ(モリーナ・バッカリン)と供に暮らしながらヒーロー気取りな毎日を過ごしていた。
そんな折、半身が機械と化したケーブル(ジョシュ・ブローリン)がミュータントの少年を殺すべく未来からやってくる。
ヴァネッサの願いを汲み取り少年を守ることにしたウェイドは、未来のハイテク武器を携えたケー

もっとみる

サノスがイキってる『デッドプール2』

前夜祭で一足お先にデップー2を見てきました。

ハリウッドお得意の激しすぎるアクションと、
えげつない下ネタをふんだんに盛り込んだ、
心温まるファミリー映画となっております(笑)

いやー、笑った。
笑ったけど、笑いが完全にアメリカノリだから、
日本人からしたら好みは分かれそう。
僕は、そのアメリカンな笑いのツボがわかるわけではなく、
本作は他の映画のネタがポンポン出てくるので、
映画好きとして笑

もっとみる

映画備忘録 2018年5月中旬

観た映画の備忘録を書いている『後悔と反省の狭間で』の2018年5月中旬分のまとめ。

『オー・ルーシー!』

出典:公式サイト

【備忘録】『後悔と反省の狭間で』

#オールーシー #OHLUCY #寺島しのぶ #南果歩 #忽那汐里 #役所広司 #平柳敦子 #邦画 #映画

『となりの怪物くん』

出典:公式サイト

【備忘録】『後悔と反省の狭間で』

#となりの怪物くん #月川翔 #土屋太鳳 #

もっとみる
6

『アウトサイダー』海外の俊英は北野武が大好きなのだ。 Netflix配信中

映画鑑賞メモ

Netflixオリジナル映画『アウトサイダー』(The Outsider)を観ました。★★★☆☆3.5(キャスト陣がよかったので)

『ラスト サムライ』でトム・クルーズ演じる将校が「武士道」に魅せられたように、ジャレッド・レトが「極道」に魅せられてしまった行くあてのない兵士に。オール日本ロケ敢行。

『スリー・ビルボード』のマーティン・マクドナー監督しかり、

本作でメガホンをと

もっとみる
スキをありがとうございます!
3

ペタル ダンス【おそらく聞いたことがない話】

いまはもう取り上げられることもあまりない、でもときどき思い出して人に薦めたくなる映画がある。
『ペタル ダンス』、監督の石川寛の本職はCMのディレクター。2013年に上映されたのだが、当時としても大きな話題になった映画ではない。
はっきりいって地味な話だ。『ペタル ダンス』は、会えなくなっていた人に会いに行くという、とても簡明なロードムービーである。

頭上にたちこめた雪雲のなかで、冬の太陽光が乱

もっとみる
あなたのスキ!届きました!ほかの記事もぜひ!
4

【第385回】『女が眠る時』(ウェイン・ワン/2015)

リゾート・ホテルの真ん前に絶好のロケーションを誇る海辺を、ホテルの上階からハイ・アングルで据えた印象的なショットが映るが、数十人の人間の楽しそうなロング・ショットの中に今作の主人公を見つけることは出来ない。男はホテルと海とを隔てる仕切りのような林に囲まれたところから、ホテル側のプールサイドにまるで何かから隠れるようにじっと佇んでいる。妻の綾(小山田サユリ)とバカンスのために伊豆を訪れた2人だが、夫

もっとみる