トイレのピエタ

野田洋次郎さん主演。

100万円の女たちですっかり好きになった野田さんの映画。
星野源で検索したんですよ。そしたらなぜか野田さんのこの映画がヒットして(笑)。あ、野田さんだって観ることにしました。

絵を描くことが好き、どまりで、画家として成功はしなかった男が、ガンになるお話。
早い段階で、「生きられるか」というところを描きたい映画じゃないだろうなと思ってたので、主人公が殻を破って、満足できる作

もっとみる

しゃぼん玉

おっさんずラブの牧君こと林遣都さん主演。

この人は役によって雰囲気変わるんだなあ。
別の映画のとき、すごく、生理的に苦手だったんだけどこれは可愛かった。
多分市原悦子さんの功績。
彼女が「坊(ぼう)」と呼ぶたびに、なんでか可愛く思えちゃって。
坊~。

ひったくりを繰り返していた男が手っ取り早いだろうとナイフで脅してみたら、刺しちゃって、逃亡、田舎に居ついてじじばばに囲まれながら人らしい感情を取

もっとみる

『シェフのテーブル』フランス編

2019年7月18日
Netflixで、〝フランス編〟
全4回を鑑賞。
詳しくはググってね。

シリーズ1が、フランス編で
シリーズ6まで配信されているので、
今後も楽しみにしている。

①Twitterのマイツイートより

#Netflix で『#シェフのテーブル』
シーズン1の1回.アランバッサール、
フランスのアルページュ。農園から届く大量の野菜、レシピもノートもない、アランが触れた途端

もっとみる

自殺者を急増させた 『13の理由』、シーン差し替えへ

2019年7月、Netflixの人気ティーンドラマ『13の理由』がシーズン1の自死シーンのカット差し替えを発表した。筆者が確認したところ、ほぼカットに近い。浴槽で手首を切った少女が苦しみながら死んでいく様を丹念に描いた該当シーンとその物議については『ネットフリックス大解剖 Beyond Netflix』で触れたが、該当エピソードが配信されたのは2017年春。つまり、2年前に批判されていた表現を今に

もっとみる

ゾンビ・サファリパーク

だめだ、B級だ。見るからに、あかんやつ。
ロゴがもう何かのパクリみたいでやばい!と言いながら二人で鑑賞。

あの、面白かった(笑)。

新鮮なうちはゾンビも動きが速いとか(笑)、わりと設定がちゃんとしてたと思う。

ゾンビが蔓延した世界から復活して何年か忘れたけど、ゾンビの生き残りがある島で発見される。リゾート感覚でゾンビ狩りするんだけど、そんなにゾンビ殺してたら、ゾンビ絶滅するよねって最初から引

もっとみる

箱入り息子の恋

わかる、こういう不器用な高齢童貞いる~。
34歳で彼女いない歴=年齢。役所勤めで病的なきっちりさん。
星野源がこういう役するのすごく似合う!

自分には異性と付き合うなんて無理、と決めつけて意固地になってた人が、いざ付き合うとニコニコ笑っちゃって幸せそうなの見るの好き。

視覚障害のある女性とお見合いで知り合って、徐々に変わっていく星野源が可愛かったです。人間らしくなっていくのが良い。
女性のお父

もっとみる

AIと、人の動機と感性と

Ciao a tutti! みなさんこんにちは!
Naonardo です。

今日は、NETFLIX から届いたアンケートの内容をもとに、
AI や 人の感性について感じたことを綴ります。

みなさんは、動画配信サービスは何か契約されているでしょうか?
ここ最近ほとんど見ていないのですが、私は NETFLIX を契約しています。

狭まるNETFLIX包囲網

全世界で1億4800万件以上、世界一

もっとみる

netflixの日本オリジナル作品を眺めてて、「食」と「性」を取り扱った作品が多いことに気づく。わたしは社会制度・政治を絡めたドラマが大好きなので、netflix日本オリジナルに興味を持てなかった理由がわかった気がした。

netflixで日本の選挙を題材にしたドラマをやってくれないかな。土建屋の利権争い、新興宗教やヤクザのしのぎ、中小企業や公務員(役所・警察)の公選挙法違反など、ドラマのネタには事欠かないし、わたしは面白い。