情報法

堀部 政男 先生 著作一覧

作成 鈴木 正朝
初版2000/09/15・改訂版:2008/08/25

趣 旨

「この文献一覧は、堀部政男先生が、東京大学社会科学研究所に助手として採用された1962年から、一橋大学に着任され、中央大学を定年退官されるまでの著作をとりまとめたものです。
 堀部先生の著作を時系列的に一覧することで「情報法学」の歴史の一端を伺い知ることができるように思い、勝手ながら、ここに掲載しています。
 こ

もっとみる

Alan Westin先生に頂いたサイン:謹賀新年

新年あけましておめでとうございます。
2019年は「自分の好きな原稿を書く年」と決めましたので、ブログ(情報法 note)を本格的にはじめていきたいと思っております。よろしくお願いいたします。

ということで新年の情報法の話題を何からはじめようかと思いましたが、とりあえず(私が)めでたいものにしようということで、ちょっと最近某所で話題にあがったウェスティン先生のサイン本の話でも書こうということでこ

もっとみる

コンピュータ西暦2000年問題の概要

昨今、東京五輪を前にサマータイム導入の議論がわき上がり、その経済効果をうたう論考が一部メディアにも載ったりしたが、今日の情報ネットワーク社会においてはその拙速な導入は大きな混乱をもたらすだけではなく、現実問題として不可能ですらあるという大きな批判を浴びた。

 各種コンピュータ、TVやAV機器など家電等に組み込まれたチップや電波時計、地震計などの測定機器など時計機能をもつあらゆるものがこれに対応し

もっとみる

夏井先生との15年前の対談「個人情報保護法(平成15年法)の意義と限界」

本稿(ビジネス法務2003年9月号収載)は、「個人情報の保護に関する法律」(平成15年法)が2003(平成15)年5月に成立した直後の6月に明治大学の研究室にお伺いして夏井高人先生と対談させていただいたときのものです。

 2015(平成27)年に「個人情報の保護に関する法律」の大改正があった今日、民間部門を対象としたはじめての立法をどう受け止めたのか平成15年法成立当時のことを振り返ってみるのも

もっとみる

情報法ノート

鈴木正朝です。2018年の年末から突然「#情報法」に関するブログ(note)をはじめました。2000年から続けてきたホームページをここ1年ほど閉鎖していたのですが、2019年1月から再開するので、それに先行するかたちではじめたものです。ホームページのコンテンツのコーナーにも目次をつくってnoteとリンクしていく予定です。よろしくお願い致します。

新潟大学で、大学院現代社会文化研究科と法学部の教授

もっとみる