ポゼッショントレーニングの工夫

今回紹介するのは3チームに分けてのボールポゼッショントレーニングです。「そんな練習すでにチームでやっているよ!」と言う方もいるかと思いますが、では、どういうルールで取り組んでいるでしょうか?
ロンド(鳥かご)などもそうですが、ルール自体はシンプルなものですが、そのルールに制限を付けることでいま選手に必要なスキルを効果的に引き出させることができるのです。

例えば上の図の場合は3チームに分けて2チー

もっとみる

HADOにおけるシールドプレイヤー(タンク)について

総文字数:約2,000文字 想定閲覧時間:約5分

本noteをご覧の皆様
おはこんにちばんは、思考行結-あひる組-のRuhiaTです。

つい最近、"るひあ隊長"から改名し、"RuhiaT"となりました。
"るひあ隊長"って堅っ苦しくて嫌だなーと思ってたのですが、コネクトの都合上6文字までしか入らなく、"るひあたいちょ"に出来ないんですよね…。
なので、そこは割り切って、普段オンラインゲーム等で

もっとみる

ファー詰めの徹底

ファー詰めはフットサルの基本です。これを知っているかどうかでチームの得点力は大きく変わります。

そもそも、ファーって何???
ボールホルダーから近い方をニアポスト、遠い方をファーポストと呼びます。(右側、左側で覚えないでくださいね)
そのファーポストに走り込んで合わせるのがファー詰めです。ブラジルではセグンドパウとも呼びます。パウというのは木のこと。昔はゴールが木で出来ていたので2番目の木と

もっとみる

明治安田生命J1 第19節             清水vsガンバ #4 敗戦から得る課題

今回も清水エスパルスを中心に振り返っていきたいと思う。ざっと振り返ると前半は、清水が前線からアグレッシブな守備を見せ、ボール循環が思うようにいかないガンバ。ドウグラスを起点としたショートカウンターを見せる清水が優位な状況で互いにスコアレスドローで折り返す。後半からは、途中出場の遠藤が巧みなパス捌きでリズムを作りガンバに勢いをもたらす。押し込む展開が続くガンバは、88分右サイドから福田のクロスを、ヘ

もっとみる
スキありがとうございます!よろしければ、シェアもお願い致します!
2

戦術『カーテン&シンバロン』

『カーテン』とはボールホルダーとマークしている相手選手の間を抜ける動きのことを言います。

ボールホルダーに時間やスペースの余裕を生み出すことができます。相手選手に接触してブロックする訳ではありません。ボールホルダーのドリブル主導のときもあれば、ボールを持っていない選手がサポートするために行うこともあります。カーテンを行うことでボールポゼッションが向上するため、より安全に自陣でボールを回すことがで

もっとみる

「組長、課題は攻撃です」&渡邉監督の作る仙台の組織的な6バック~浦和対仙台 レポート~[2019J1リーグ第18節]

まず最初に、先日この僕の書いているサッカー戦術分析ブログのフォロワーが100人を突破しました。「100人」は、僕の中で一つ目標にしていた数字でしたのでとても嬉しかったです。僕の分析を読んで頂いている方、さらにはフォローやTwitter,Facebookで紹介してくれた方に感謝いたします。ありがとうございます。これから、一日にいくつもツイート、というわけにはいきませんが更新の告知など長友ドリーム(実

もっとみる

山本尚希のフットサルノート

指導者が指揮を執るチーム、選手で意見を出し合いコンセプトを考えて戦うチーム、地域リーグ、県リーグ、ファンリーグ、ワンデイ大会参加チーム

置かれる状況は様々かと思われます。

フットサルをもっと楽しみたい、もっと知りたい、そんな皆様へ基礎的な内容から実践的な内容まで発信していきたいと考えています。

デジタルピヴォではコラムの執筆も担当させていただいていますので、そちらも同時に参考にしていただけた

もっとみる

ブログの勉強をする前に大事な事

はいどーもこんにちは!ズラタン(@NoNoroi8)です!

前回はなぜブログの運営に失敗するのか?という理由を説明してきました。

以下前回までの記事。

では今回はブログの勉強をする前の準備編になります。

勉強をする前に大事な事とは?

では説明していきます。

それは「ブログを書く時間を作る」と「ブログを書く環境を整える」です。

では順番に解説します。

ブログを書く時間を作る

時間は

もっとみる

『ペップ「どんなシステムでも守るのが難しいスペースが存在する」』の考察

まず最初に。
「ペップ」とは現マンチェスターシティ監督のグアルディオラのことです。
ペップは現在、世界最高峰の監督と言っても過言ではない存在です。
この記事は、そんなペップがとあるインタビューで明かさなかった謎を考察する記事です。

この記事の内容を考えたきっかけはフォローしている方のこんなツイート。

そしてまた同じ方によってその時のペップのインタビューを翻訳された記事を目にしたので、さらに深く

もっとみる

FW投入=ゴール?森保監督の勝つための采配を徹底検証~エクアドル対日本 分析~[コパ・アメリカグループC第3節]

前回のウルグアイ戦の分析が、多くの方からの反響をいただきまして、とても嬉しかったです。今回は、第3節のエクアドル戦を分析していきます。エクアドルも日本も、勝利すれば3位突破でブラジルと対決できる、という状況で迎えたこの試合。日本は、中島のゴールで先制しますが、前半のうちに追いつかれてしまい、後半はエクアドルの攻撃に少し押され気味になり、終盤に後で触れますが、森保監督の「謎采配」も飛び出し、チャンス

もっとみる