持続可能な社会

【イベントレポート】「TANECHIKAサミット ~知っているようで知らない食のアタリマエ~ 」#1

こんにちは。タネノチカラ広報担当のSakiです。
突然ですが、皆さんにとっての“食”のアタリマエにはどのようなものがありますか?

・朝昼晩3食欠かさずに食べる?
・野菜を食べると健康になる?
・野菜は傷のないキレイな形で、できるだけ大きいサイズのものを選ぶ?

東京でOLをしていた頃の私には上記のようなアタリマエがありました。
とはいえ、アタリマエとなっていることを見つめ直す機会ってなかなかない

もっとみる

ストローって、本当に必要ですか?

廃プラに関する諸問題を受けて、各企業が脱プラスチックストローを進めようとし、紙ストローや木材のストローの導入を進めようとしていますが、そもそもストロー自体が本当に必要なのか?と、ふと思ってしまいました。

確かに、体が不自由な人や小さな子供など、本当に必要な人はいると思いますが、少なくとも私は今の所まったく必要ありません。
アイスコーヒーなどはストローを使わずともそのまま飲めます。
おそらく、多く

もっとみる

持続可能な社会って何?を問うことからより良い社会を目指す学び場を開く 松尾沙織さん

渋谷区でSDGs協会を発足し、持続可能な世界の実現に向けて活動するSDGsライターの松尾沙織さんにお話しを伺ってきました。

松尾沙織さんのプロフィール
出身地:東京都武蔵野市
活動地域:東京都
職業:SDGsライター/ダイベストメントコミュニケーター
経歴:1984年 東京都武蔵野市生まれ。2011年の震災をきっかけに、当時の働き方や社会の持続可能性に疑問を持ち、働いていたアパレル企業を5

もっとみる

持続可能(サスティナブル)な社会のためにできることはなんだろう?

人類のせいで、地球は破滅に向かっている。

最初は、ただそれが怖かった。

でも、もう、怖がってる場合じゃない。

破滅は、もうすぐそこに。

何か行動したい。

でも、どうやって?

私たち一般市民ができることって?

それが、みんなにとって当たり前になるには?

そんな想いと疑問から「知恵の輪プロジェクト」は始まりました。

 「地球と人類が共存する世界」

そこにたどり着く道を見つけることは

もっとみる

32歳女性が子供を持たないことから社会へのかかわり方を考えてみた

私のパートナーは同性です。

同性同士で子供を育てている人はけっこういます。

最近も友人の同性カップルが赤ちゃんを迎えて3人家族になりました。私も生後1カ月のほやほや赤ちゃんを抱っこさせてもらって、とても幸せな気持ちになりました。

でも、現在の私は子供を持つ予定はありません。

普通に暮らしていて当然のように子供がやってくる、たとえば35歳になると全員人間ドッグの出口で子供を1人連れて帰るシス

もっとみる

SDGs達成に向けたアンケート調査に参加しよう!

「MY WORLD」という、国連とそのパートナーが市民を対象に行うアンケート調査があります。
調査結果は世界のリーダーたちと共有され、次なる議題として位置付けされることになります。
「MY WORLD 2030」は、SDGsの達成期限である2030年までに、より多くの市民からの声を集めるためにスタートしました。
この調査結果はリアルタイムのデータとして、SDGsの認知度やゴール達成に向けての進捗を

もっとみる

【岐阜市】『堤未果 講演会 in 岐阜「命を守る政治と私たちのミライ」』(2019年6月22日(土)開催)

2019年6月22日(土)14時30分より、岐阜市の「ワークプラザ岐阜」302会議室にて、『堤未果 講演会 in 岐阜「命を守る政治と私たちのミライ」』が開催されます。

【 日時 】
2019年6月22日(土)14時 開場、14時30分 講演会開始

【 会場 】
「ワークプラザ岐阜」302会議室

【 参加費 】
500円

【 講演 】
堤 未果 「日本が売られてしまうカラクリ」

【 鼎談

もっとみる

詰め替え容器からのFordとGM

お風呂場で詰め替え容器にこびりついたコンディショナーをじゃぶじゃぶと洗っていた。

アルガンオイル配合のノンシリコンシャンプーとセットの少し高めのコンディショナーは容器の内側に固まってこびりつく。

髪、体、顔が全部洗える石けんがないかなぁ、
今度髪の毛か洗える石けんが売られているLUSHに行ってみよう、
と思った。

メキシコに住んでいたころは、Men'sBioreの顔身体兼用の石けんで顔と体を

もっとみる

物を大事に使う日本的な文化にも通じると思う。

“生涯使えるタンブラー”をごみゼロの日(5月30日)に発売!新素材樹脂を使用し、30階から落としても割れない耐久性を実現 https://www.atpress.ne.jp/news/184547

社会を変えるって?

就活のことについて、ついつい考えてしまう。
後輩には、先のことも大事だけど今の時間も大切だよ、なんてこと堂々と言っておきながら、シャワー浴びてる時とか、ベッドに入って目を瞑った時とか、なんでもない時に考えてしまうのだ。特に、人から就活の話を聞いた後とかね。

その友人は、「持続可能な社会に貢献したい」そういう理由を軸に会社の内定を頂いたそうだ。僕はそれを聞いた時にとても驚いた、なぜなら、その友人か

もっとみる